IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ダブルワークのメリットとデメリット・税金面での注意点

社会人常識

ダブルワークとはどんなものがご存じでしょうか?ダブルワークを行うことにはさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットもあります。それらを正しく理解していなければ失敗する可能性があるので注意が必要です。今回はダブルワークについてご紹介します。

更新日時:

ダブルワークの意味は?

ダブルワークの意味は?

仕事をすると一口に言っても、働き方はさまざまであり、人によって違っています。正社員として企業に勤めている人もいれば、企業に勤めていても準社員、契約社員など正社員とは別の雇用形態で働いている場合もあります。 また実際に働いている企業とは別の企業に登録して、そこから派遣されて働いている派遣社員もいますし、企業ではなく店舗などでパートやアルバイトとして働いている人もいます。誰かに雇われているだけではなく、自ら事業を起こして働く自営業、個人事業主の人もいますし、働き方は人によってさまざまです。 多くの働き方がある中で、ダブルワークという働き方もあります。ダブルワークをしている人は多いですが、その意味を正しく理解している人は意外に少ないです。ダブルワークとはどんな意味を持った働き方なのでしょうか。

仕事の掛け持ち

ダブルワークの意味としては仕事の掛け持ちであることが挙げられます。一つの仕事だけではなく、二つ、あるいは複数の仕事をしている状態を指してダブルワークと呼びます。ダブルワークは単純に仕事を掛け持ちしている状態を指した言葉ですので、雇用形態などは関係ありません。 正社員の場合でも仕事を掛け持ちしてダブルワークをすることはありますし、アルバイトなどで仕事を掛け持ちしている場合もダブルワークと言います。ダブルワークは正社員に対しても使われることがありますが、仕事の掛け持ちという点で言えば契約社員やアルバイト、パートなどに対して使われることが多いです。 仕事の掛け持ちは仕事の比重がどれも同じであることを指しますので、正社員に対して使われることは少ないです。

副業

ダブルワークの意味としては仕事の掛け持ちの他にも副業という意味があります。副業も仕事の掛け持ちと同じで二つ、あるいは複数の仕事をしている状態を指しますが、それぞれの仕事の比重に違いがあります。 仕事の掛け持ちの意味で使用される場合は、基本的にはどの仕事に対しても同じ比重で取り組んでいる状態を指します。単純に給料で表すのであれば、全体の給料が20万円であれば、それぞれの仕事から10万円ずつの給料という考え方になります。 対して副業の場合は本業の方が比重が高くなりますので、全体が20万円であれば1本業15万円、副業5万円程度の割合となることが多いです。それぞれニュアンスの違いではありますが、副業という意味でダブルワークが使われる場合は、正社員を対して使われることが多いです。

ダブルワークはしてもOK?

ダブルワークはしてもOK?

ダブルワークには仕事の掛け持ちであったり、副業を指して使う言葉ですが、そもそもダブルワークをすること自体が許されているのかどうか、疑問に感じている人は多いです。アルバイトやパートなどであれば、基本的にはダブルワークをしていても問題ありませんし、アルバイト先に申告の必要がない場合も多いです。 また仮に申告したとしても問題ないケースが多く、仕事さえきちんとしていれば文句を言われることもありません。アルバイトやパート、派遣、契約社員などであればダブルワークも問題ないように思えますが、問題は正社員です。 正社員の場合は本業でしっかりと給料をもらっていますし、他の企業への就職は二重就職になるので禁止されています。正社員でもダブルワークをしても問題ないのでしょうか。

民間の企業はOK

民間の企業はOK

結論から言えば、民間の企業であれば基本的にはダブルワークはOKとされています。複数の企業に就職することは二重就職となってしまいますので禁止されていますが、副業としてダブルワークをするのであれば問題ないことも多いです。 もちろん本業の仕事に集中しなければなりませんし、OKとされている場合でもダブルワークをしていることを大っぴらに公言してしまうのはよくない場合もあります。ダブルワークを公言したために仕事へのやる気が乏しいと感じられ、評価が悪くなってしまえば出世も遠のきますし、それでは意味がありません。 ダブルワークはあくまで本業がメインであって、副業によって本業が影響されるべきではありません。ダブルワーク自体はOKであっても本業へ支障が出ないように工夫しなければなりません。

公務員はNG

民間の企業に勤めている場合であれば、基本的にはダブルワークはOKとされていますが、公務員として働いている場合はダブルワークは禁止です。公務員の場合は二重就職だけではなく、副業についても法律で禁止されており、ダブルワークをしていることがわかれば懲罰、最悪の場合は懲戒免職となってしまう可能性もあります。 気をつけなければならないのが看護師であり、看護師はダブルワークをしている人が多いです。民間の病院で働く場合にはダブルワークをしても問題ありませんが、国立や公立などの病院で働く場合はダブルワークは禁止となります。 これらの病院で働く場合は看護師も公務員としての扱いになりますので、ダブルワークがバレれば処罰の対象となります。

民間企業でも禁止されている場合も

民間企業でも禁止されている場合も

ダブルワークは基本的には公務員以外であれば誰でも行うことができますが、民間企業であってもダブルワークがNGとされている場合もありますので注意しましょう。民間企業であれば、基本的にはダブルワークをしても問題はありませんが、企業によっては就業規則などで独自にダブルワークを禁じている場合もあります。 就業規則は守らなければなりませんし、これが守れていないと処罰や減給などの対象になりますので注意しましょう。ダブルワークがバレたからといって、一発で解雇となることはありませんが、それでも何度も注意をされていればいずれは解雇の処罰を下される場合もあります。 民間企業であっても就業規則でダブルワークが禁じられている場合は、それに従わなければなりません。

ダブルワークのメリットは?

ダブルワークのメリットは?

ダブルワークは簡単に言えば二つ以上の仕事を持つことであり、単純に考えるだけでも労働時間は増加します。仕事を二つ持っているからといって、労働時間が倍になるわけではありませんが、それでも仕事が一つの人と比べれば長時間働くことになりますし、仕事の拘束時間も長く、仕事から受けるストレスや負担なども人より大きくなります。 一つの仕事であっても続けるのは大変なことですし、きちんとこなすのは苦労のかかることです。一つでも大変なものを二つ以上抱え込むとなると、かなり大変であることが予想されますが、ダブルワークにはさまざまなメリットがあります。 仕事が増える以上、人より多く働くことにはなりますが、メリットはさまざまですので、それらを知っていきましょう。

収入の増加

ダブルワークを行うメリットとしては、収入の増加が挙げられます。ダブルワークをすることによって仕事量は増えるものの、仕事をすればその分給料が発生しますので、収入の額は増加します。 ダブルワークといっても仕事を掛け持ちする場合と、副業として働く場合がありますので、どのように働くかによって収入の額は異なりますが、一つだけの仕事をしている場合よりも増えるのは確かです。 仮に副業としてダブルワークをし、月に1万円だけの収入だったとしても、年間で考えれば12万円になりますし、人よりも12万円分多く給料を獲得することができます。本業の仕事だけでは生活が厳しかったり、貯金に回せない人も多いですが、ダブルワークをすることによって収入は増え、生活の水準を上げることができます。

経験

ダブルワークのメリットとしては、収入が増加するだけではなく、本業だけでは得られないさまざまな経験ができることも挙げられます。仕事によって得られる経験はさまざまであり、その経験は仕事をすることでしか得ることはできません。 経験はお金に代えられないほど貴重なものですし、人によってはお金よりも経験によってやりがいや充実度を感じる場合もあります。経験によって得らるものは大きく、それが自身の成長などにつながる場合もあります。 ダブルワークの経験によってスキルアップにつながり、それが本業で役に立つ場合もあります。ダブルワークをすると本業が疎かになるとイメージする人も多いですが、場合によっては本業に役立てられる場合もあります。

ダブルワークのデメリットは?

ダブルワークのデメリットは?

ダブルワークをすることにはさまざまなメリットがあり、より充実した人生を送ることもできます。ダブルワークは大変ではありますが、その分得られるものは多いですし、積極的に取り組んでいる人も多いです。 しかしダブルワークをすることにはメリットがある一方でデメリットも存在しています。ダブルワークは良いことばかりではなく、悪いこともありますので注意しなければなりません。ダブルワークをすれば仕事量は増えますし、他の人よりも大変になることは容易に想像できますが、デメリットはそれだけではありません。 仕事が忙しくなることによる弊害もありますし、それ以外の理由でもデメリットはありますので、ダブルワークのデメリットを正しく理解しておきましょう。

スケジュール管理

ダブルワークのデメリットとしては、スケジュール管理が難しくなることが挙げられます。仕事を掛け持ちする場合でも副業としてダブルワークをする場合でもこれは同じであり、それぞれで仕事のスケジュールを組み立て、調整しなければなりませんので、スケジュール管理が非常に難しいです。 掛け持ちの場合は仕事がかぶってはいけませんし、副業の場合でも、本業に影響が出ないようにスケジュールを管理しなければなりません。副業であっても仕事によっては納期が設定されているものもありますし、それを守りながら本業にも精を出す必要がありますし、大変なことは多いです。 また仕事のスケジュールだけではなく、プライベートなスケジュールも入れづらくなり、それもデメリットの一つです。

体調管理

ダブルワークのデメリットとしては、体調管理が難しくなることも挙げられます。人によってダブルワークの頻度や時間、仕事量などは異なりますが、仕事としてやっている以上ストレスや疲労などはたまります。 人より多く仕事をすることで、疲労やストレスも人一倍たまりやすくなりますし、それが原因で体調不良を起こしてしまうことも多いです。また仕事の時間が増えることにより、単純に休息のための時間が少なくなることも、体調不良になってしまう原因です。 本業と副業の両方に追われ、休む間もなく仕事をしなければならない場合もありますし、無理がたたって体調を崩してしまう人は多いです。体調を崩すと本業と副業の両方に影響しますので、しっかりと体調管理を行わなければなりません。

ダブルワークの選ぶポイントは?

ダブルワークの選ぶポイントは?

ダブルワークは単純に考えれば仕事を二つ以上行うことですが、複数の仕事をしていればそれでいいというわけではありません。仕事を複数持っていれば働いた分だけ給料をもらうことはできますが、副業の方が本業よりストレスや疲労のたまるものであれば意味がありませんし、何事も続けやすいことが大切です。 ダブルワークをすることによって体調不良になってしまったり、スケジュール管理が難しくなることもありますが、それは仕事の選び方によって軽減させることができます。ダブルワークだからと適当に選ぶのではなく、自身に合った仕事、ダブルワークとして続けやすい仕事を選ぶことが大切です。 ダブルワークの選ぶ方にはポイントがありますので、それらを理解して仕事を決めていきましょう。

好きなこと

ダブルワークを選ぶときのポイントとしては、まずは自身の好きなことであることが大切です。嫌いなことを副業にしてしまうと疲労やストレスも余計にたまりますし、続けるのが嫌になってしまいます。 ダブルワークは本来しなくてもいいものですので、嫌になればやめてしまっても構いませんが、それでは始めようと思った意味がありませんし、やる以上はしっかりと続けることが大切です。 好きなことであればダブルワークとしても始めやすいですし、何より続けやすいです。仕事にするのは諦めたものの、趣味として続けているものがあげれば、それが副業にならないか考えてみるものいいいでしょう。好きなものを副業にすることで仕事をしながらストレスの発散にもなり、お金ももらえますのでおすすめです。

本業と違う業種

ダブルワークを選ぶポイントとしては、本業とは違う業種で行うということが大切です。仕事の効率を考えれば慣れている本業と同じ仕事の方がいいのではないかと考える人も多いですが、本業と同じにしてしまうと、副業としてやる意味がなくなりますし、同じ仕事ばかり続けていると嫌になってしまうことも多いです。 また同じ仕事をしていても新たな経験を得ることができませんし、新鮮味がなく長続きしない場合も多いです。同じ業種の仕事をしていると、場合によっては本業の関係者と出くわしてしまう可能性もありますし、できれば本業は避けて選ぶのが無難です。 ダブルワークは新しい経験を得ることも大切ですので、興味がある業種で本業とは違いものを選びましょう。

過去に経験のある仕事

ダブルワークで副業をする場合であっても、仕事であることには変わりませんので、効率的に進められるに越したことはありません。最も効率的に進められるのは本業と同じ業種ですが、それは避けた方がいいので、効率を考えるのであれば、本業とは別業種で過去に経験のある仕事をするのがおすすめです。 過去に仕事としていた経験があるなら、そのときのノウハウを活かしてすぐに仕事に取り組むことができますし、効率的に進めることができます。当時の関係者と連携して仕事ができる場合もありますし、メリットは大きいです。 副業を効率的に進めることで、より高い収入を目指すことができますし、収入の増加を目指したい人にもおすすめです。

ダブルワークをする理由は?

ダブルワークをする理由は?

ダブルワークをしている人は意外に多く、さまざまな仕事を副業として行っています。ダブルワークをすることにはメリットがありますし、メリットを追求するという意味でもダブルワークに興味を持っている人は多いです。 しかしメリットがある一方でデメリットもありますし、ダブルワークは良いことばかりではありません。良い面もあれば悪い面もあり、大変なことも多いです。仕事は一つだけでも大変ですし、それを複数持つとなると大変になるのは目に見えています。 しかしそれでもダブルワークをする人は多いですし、長く続けている人も多いです。ダブルワークにはメリットとデメリットが両方ありますが、どのような理由でダブルワークを始める人が多いのでしょうか。

金銭的な事情が多い

ダブルワークを始める理由は人によって違いますが、基本的には金銭的な事情で行っている人が多いです。金銭的な理由といっても人によって理由はさまざまであり、本業だけでは生活が苦しいから行っている人もいますが、本業の給料で生活はできるものの、遊ぶお金や貯金に回せるお金が少ないからダブルワークをしている人もいます。 ダブルワークをしている理由は必ずしもネガティブな理由だけではなく、ポジティブな理由でダブルワークをしている人も多いです。経験が得られるなどのメリットはありますが、それはあくまでプラスアルファのメリットであり、本質は金銭的な部分にあることが多いです。 ダブルワークを始める理由は金銭的な事情であることが多く、高給な仕事を探してダブルワークを行っている人も多いです。

ダブルワークの税金面の注意点は?

ダブルワークの税金面の注意点は?

ダブルワークをすれば給料としてお金をもらうことができますが、給料が発生している以上税金を納めなければなりません。本業では税金については企業がやってくれますので、基本的には従業員は特別な手続きを取る必要はありません。 しかしダブルワークの場合は自身で税金面での手続きをしなければならない場合もあります。またダブルワークをしているからといって、必ずしも手続きが必要はわけでもありません。税金面での手続きが必要な場合、不要な場合がありますので、それぞれの場合にすべきことを知っておきましょう。

年収20万以下は確定申告不要

ダブルワークをすれば確定申告が必要になりますが、それは年収で20万円以上を越えた場合のみです。副業をしていても年間で20万円以上の給料が発生していなければ確定申告を行う必要はありません。 20万円を超えた場合は確定申告が必要になりますし、確定申告を行わなければ脱税になってしまう可能性もありますので注意しましょう。確定申告の時期は決まっていますし、時期が近付けば20万円を超えているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

年末調整

ダブルワークをしている場合は年末調整にも注意が必要ですが、年末調整が必要なのは基本的には本業のみです。副業に関しては年末調整の必要はなく、行ってしまうと税額などが変わってしまう可能性もありますので注意しましょう。 年末調整を行った本業については、企業が税金の申告や計算などを行ってくれますので、基本的にはすべて任せておいて問題はありません。一方で年末調整をしていない副業については確定申告が必要です。確定申告が必要なのは本業ではなく、副業だけですのでこれも覚えておきましょう。

ダブルワークで充実した人生を目指そう

ダブルワークで充実した人生を目指そう

ダブルワークの意味やメリット・デメリット、仕事の選び方などを紹介しましたが、ダブルワークをするときに気をつけなければならないのが、ダブルワークはOKか、本業に支障が出ないかということです。 公務員はダブルワークは禁止ですし、民間の企業でも禁止している場合もあります。規則を破れば処罰の対象になりますので注意が必要です。また副業はあくまで副業ですのでメインになるのは本業です。 副業によって本業に支障をきたすものよくありませんので、本業に影響しない範囲で行うことが大切です。ダブルワークによって得られるメリットは多いので、注意点をしっかりと守って、取り組みましょう。

関連タグ

アクセスランキング