IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スキルシートの書き方|新卒/SE/Webデザイナー/プログラマ

書類選考・ES

スキルシートは転職をする際に非常に重要な物になっているから、なるべく積極的に活用する事が大事です。その理由としてはスキルシートに自分に関する事を書いておけば、相手に自分にはどういうスキルや能力があるかをちゃんと伝えられるからです。

更新日時:

スキルシートの書き方

スキルシートの書き方

スキルシートを活用したい人がいたら、前もってどういう書き方をすれば良いかを理解しておく事が大切です。その理由としては何も意識せずに書いていれば、ただ単に文字を記入しているだけになり、全く自分のためにならないからです。よってスキルシートで自分がしてきた仕事をちゃんと表したい時には、正しい行動をする事が求められています。 特に技術系の仕事をしている人にとってスキルシートはかなり重要で、実際に他の仕事に転職しようと考えている際にはとても大きな力を発揮します。それはやはりスキルシートに仕事の詳細を書いていけば、次に自分がどういう仕事に向いているかがわかってくるからです。したがってスキルシートを使えば、仕事の相性が見えてくる事があります。

スキルシートの書き方 新卒

スキルシートの書き方 新卒

新卒はまだ仕事をしない事のない人がほとんどだから、大学で何を培ってきたかを振り返るためにスキルシートを使えば良いです。実際にスキルシートの使い方は人それぞれだから、新卒が活用したとしても全く問題は無いです。したがって新卒もスキルシートに少しでも興味や関心があれば、試しに手に取ってみるべきです。 特に大学生活では今までに体験した事のないような経験をたくさんした人が多いため、それを上手く表現していくためにはスキルシートがかなり役立ちます。それはやはりスキルシートは頭の中を整理する時にとても大きな力を発揮して、大学で培った物も簡単にわかるようになるためです。だから新卒に対しても、スキルシートがある事は大きいです。

スキルシートの書き方 SE

スキルシートの書き方 SE

SEは特に専門的な知識や技術を必要としていて、それらを身に付けるためには長い時間がいります。もし他の企業に移ろうとしてもSEの知識や技術がどれほど活用できるかが分からないため、そう簡単には動けないでいます。そんな中スキルシートを使えばSEだとしても割と手軽に纏める事が可能なため、積極的に活用するべきです。 スキルシートはSEのような仕事でも対応できて、しっかりと専門的な所を書く場所が設けられているため非常に便利です。実際にスキルシートに頼ればSEの仕事をしている人でさえも自分が普段行っている内容を纏められて、どういう仕事に活かせるかもひと目でわかります。だからSEの仕事をしている人も一人で悩まずに、スキルシートを使うべきです。

スキルシートの書き方 Webデザイナー

スキルシートの書き方 Webデザイナー

Webデザイナーはどういう風にWebサイトが見やすいかをデザインする仕事であり、これもSEと同じように専門的な知識や技術を必要としています。特にWebデザイナーの場合だとパソコンを駆使している物で、もし他の企業に映ろうとする際には仕事の内容がかなり限られてしまう可能性があるから充分に気を付けるべきです。 しかしながら仕事が限られている場合でもスキルシートを使えばWebデザイナーの仕事の内容を細かく書き記す事ができて、次の仕事に対してどういう所を繋げていけるかを簡単に整理する事が可能です。そこから実際にWebデザイナー以外の仕事も探せて、次に何をするかをしっかりと見つけられるため仕事探しをする時には大きな力を発揮します。

スキルシートの書き方 プログラマ

スキルシートの書き方 プログラマ

プログラマは普段からパソコンやパソコンのソフトとプログラムをしている人達で、普段から緻密な計算をしていて、頭をフル回転させなければいけない仕事になっています。こういう仕事に対してもスキルシートを活用すれば良いのだけれど、プログラマに関しては大まかに書く事が大切になっています。だからあまりスキルシートに詰め込み過ぎないようにするべきです。 その理由としてはプログラマは他の仕事よりも細かく、緻密になっているからスキルシートで詳細まで書き過ぎると次の仕事を見つけにくくなってしまうためです。プログラマの場合はそういう事があるから、意識的に大まかに書く事を忘れてはいけないです。それが次の仕事を見つける時にかなり重要な事で、しっかりと守る方が良いです。

スキルシートの書き方 事務職

スキルシートの書き方 事務職

事務職は普段の仕事で、どういう事をこなしているかを細かく書いていくと良いです。その理由としては事務職と言っても具体的に内容を見ていくとさまざまにあり、かなり幅広いとされているためです。スキルシートを活用して、自分がどういう事務職をしているかを見る事がかなり大事になっています。 特に事務職だと他の仕事への転職もしやすくなっているのだけれど、きちんとスキルシートを使用して、今どういう仕事を事務職でしているかを理解するべきです。その方が現在している仕事の理解も充分にできる上に、次の仕事で何をすれば適当かも自然にわかってきます。したがって事務職の人であっても、スキルシートの力を活用すると良いです。

スキルシートの書き方 製造業

スキルシートの書き方 製造業

製造業は肉体労働系の仕事ならば転職しやすいから、積極的にその方向で仕事を探してみると良いです。しかしながらただ単に闇雲に探しているだけではそう簡単に見つける事はできないため、そういう時にもスキルシートが充分に役立ってきます。それはやはり肉体労働系にもたくさんの種類があり、スキルシートでしっかりと確認しておく方が無難だからです。 実際に製造業をしている人は毎日同じ作業をしている人が多いため、具体的にどういう事を行っているかをスキルシートに書き込めば良いです。そこから肉体労働系の仕事と照らし合わせてみて、どれが最も自分に適しているかを確認していくべきです。そうすれば肉体労働系のさまざまな仕事を見る事ができて、その中から一つの仕事にちゃんと絞れます。

スキルシートの書き方 サービス業

スキルシートの書き方 サービス業

サービス業をしている人達は、まず自分がサービス業の中でどういう仕事をしているかをスキルシートに記入する所から始まります。それはやはり自分がしている仕事を書かなければ、スキルシートを使った事にはならず、全く自分のためにならないためです。したがって大まかにサービス業と書くのではなく、できる限り詳細を記入する事が大事です。 特にサービス業のような仕事は他の仕事に比べると幅広く、記入する時にはかなり大変になってくるのだけれど、自分に合っている仕事が何かを判別するためだからなるべく真剣に描かなければいけないです。それが転職先をどこにするかにかなり関わってくるため、やり方を充分に守る方が賢明な判断です。

スキルシートの書き方 教師

スキルシートの書き方 教師

教師の場合は教師の経験を活かして、他の仕事に移る事は中々難しいため、スキルシートを他の用途で使用するべきです。その使い方としてはどういう風にすれば生徒にもっと分かりやすく教えられるかです。現在の授業の仕方を見返してみると少なからず悪い部分が見えてくるから、それをどうやって改善するかがポイントになってきます。 特に教師は年数を重ねるごとに教え方を改良していく必要があるから自分だけの力に頼るのではなく、スキルシートを上手く活用するべきでしょう。スキルシートの活用次第では教え方がかなり良くなる可能性も充分にあるため、大きな効果を期待できます。したがってまだ使った事が無い教師がいれば、試しにスキルシートを使ってみると良いです。

スキルシートの書き方 秘書

スキルシートの書き方 秘書

秘書の仕事をしている人の場合は、秘書で培った経験を他の仕事に活かせる場合が多いです。そうは言ってもただ単に頭の中で考えていても中々上手く表現できないから、スキルシートの活用が大事になってきます。その理由としてはスキルシートによって頭の中で考えている事を整理できて、次の仕事を何するかに対しても考えを纏められるからです。 もし秘書の仕事をしていて、少しでも転職に興味を持っている場合にはスキルシートを使ってみると良いです。特にスキルシートは現在している仕事の内容を細かく記す事ができて、そこから自分にどういった仕事が合っているかもわかってくるため転職をしようと考えている際にも全く困らず、適切な行動を取れるようになっています。

スキルシートの自己PRの例文

スキルシートには自己PRを書く場所があるので、そこもしっかりと記入しておく事が大事になってくるでしょう。その理由としては実際に転職をする際の面接では、ほとんどの場合で自己PRを言わなければいけないからです。よって今の内にスキルシートに自己PRを書いておき、実際に面接で言う事を決めている事が大事になっていまし。 そこでスキルシートの自己PRの例文としては、「自分のアピールポイントは~」から始めると良いです。それはやはり面接の際に相手に印象づけるためには自分のいいたい事や結論を先に言う方が適切なためです。だから書き出しは「自分のアピールポイントは~」からにして、自己PRの書き方をしっかりと工夫しておくと賢明です。

未経験

新卒などのまだ仕事をした事が無い未経験者は、これまでの学生生活で学んだ事を通した自己PRで良いです。なぜなら学生生活でもかなりたくさんの経験をする事ができて、実際に自己PRの良い素材に成り得るためです。したがって仕事の未経験者は普段の学校でのでき事を振り返って、どういう所を自己PRで使えるかを考察すると良いです。 未経験者は一度でも働いた事がある人に比べると経験の差が出てくるのだけれど、その分学生生活で学んだ事も多いため決して心配しなくても良いです。学生生活で学んだ事を全面的に出しても適当なため、可能な限り自分だけの個性を出していくべきです。それが面接官にも大きな印象を植え付ける事ができて、面接をより良く進められます。

経験者

仕事を一度でも経験している人は、その仕事で培ってきた経験を取り入れた自己PRにすると良いです。その理由としては折角仕事を経験しているため、それを自己PRに入れないと勿体無いからです。よって今までしてきた仕事を振り返ってみて、そこから何を得る事ができたかを参考にしながら自己PRを考えると非常に良い物ができあがります。 しかしながら仕事で経験した事をたくさん詰め込み過ぎると返って自己PRで本当に言いたい事がわからなくなるため、そこだけは充分に気を付けるべきです。良い自己PRができたとしても内容があり過ぎると上手く伝わらない可能性があり、内容を省く必要が出てきます。したがって仕事での経験を自己PRに入れる事は良いのだけれど、取捨選択する事が大事です。

スキルシートの書き方での注意点

スキルシートに書く時にはいくつかの注意点があるから、できる限り間違わないように気を付ける方が良いです。それはやはり一つでも間違えてしまうと書き直さなければいけなくなるからです。だからこれからスキルシートを書こうと考えている人は注意点を参考にして、充分に意識しておく必要があります。 スキルシートは普通の履歴書は違っている部分がたくさんあるから、それらを前もって分かっておく必要性があります。初めてスキルシートを書く人にとっては慣れない事が多いため、なるべく早い段階で慣れるようにしないといけないです。したがって練習でも良いので、普段から少しでもスキルシートを書くようにしておけば非常に無難です。

最終学歴

スキルシートの書き方での注意点の一つ目には、最終学歴をどういう風に書けば良いかです。この事を迷う人は多いのだけれど、履歴書に書く時と同じで全く問題は無いです。もし高校を卒業してから仕事に就いた人は高卒で、大学に行ってから就職をした人は大卒で良いです。よってスキルシートに書くからと言って、いつもと違う事をする必要は無いです。 本当に最終学歴を書く際に、学校の名前は学科や学部はできる限り書いておく方が良いです。その理由としては面接をする時に話しのネタになる可能性もあり、より話を弾ませるきっかけにも成り得るからです。したがって最終学歴を書く時にはただ単に高卒や大卒だと言うわけでは無く、できる限り詳細まで記す事が大事になっています。

自己PR

スキルシートの書き方での注意点の2つ目は自己PRを書く際に、できる限り枠いっぱいを活用するようにするべきです。それはやはり実際にスキルシートに自己PRを書く際に枠の中を余らせている人が意外にも多く、かなり勿体無い事をしているためです。枠がしっかりと設けられているならば、なるべく全体を使うように工夫する方が賢明な判断です。 実際にスキルシートを面接官が見た際にちゃんと自己PRの枠が埋まっていないとやる気が無いように感じ、内定をそう簡単に出さないです。よってスキルシートからやる気を出していかなければ、内定を勝ち取る事ができないため、充分過ぎるほどに自己PRの枠を埋めるべきです。そうすれば少しでも面接官の印象を良くする事が可能になっています。

スキルシートと職務経歴書の違い

スキルシートと職務経歴書の違い

スキルシートと職務経歴書を同じと言う人が中にはいるのだけれど、実際には違っている所が多いからできる限り間違わないようにする事が大事です。なぜならどこが違っているかを事前に知っていなければ、スキルシートと職務経歴書を書く時があった場合にかなり困るからです。よってちゃんと前もって違いを理解して、実践も間違わないように気を付けるべきです。 スキルシートと職務経歴書の違いはちゃんと正しい書き方を見なければわからない部分もあるため、意識的に確認しておくべきです。間違えてからでは遅いから早めに取り掛かっておき、少しでも実際に間違う確率を下げておくべきです。そうすればスキルシートと職務経歴書のどちらを書く際にも全く困らず、ほとんどの場合で大丈夫です。

スキルシート

スキルシートはとにかく書く所が多くあり、履歴書と同じ部分も多いから可能な限り履歴書の書き方を参考にすると良いです。履歴書の書き方はスキルシートの書き方に通じる所があるから、とてもわかりやすいです。したがってもしスキルシートの書き方を見たとしても理解できなかった場合には、試しに履歴書の書き方を参考にすると良いです。

職務経歴書

職務経歴書はこれまでに就いてきた仕事先の全部を書かなければいけないため、しっかりと細かい所まで記入する事が重要になっています。特に仕事先の名前だけではなく、いつ就職したかや離職したかも書く必要性があるため充分に気を付けるべきです。特に職務経歴書は書くべき事が多いから、これまでの仕事先の詳しい情報を事前に集めておく方が良いです。 今まででたくさん仕事に就いている人はその全部の仕事先を書く必要が出てくるため、なるべく間違わないようにする事が大事です。ただ間違わないようにするだけではなく、綺麗に書く必要も出てくるため丁寧さも求められます。だから荒っぽく文字では無く、綺麗な文字を書くように意識すると良いです。

自信を持ってスキルシートを書こう!

自信を持ってスキルシートを書こう!

スキルシートは転職をする際に極めて重要な物になってくるから、しっかりと書くようにするべきです。スキルシートの書き方にとって本当に転職できるかが決まってしまう事もあり得るから、あまりスキルシートを軽視しない方が良いです。自分のこれからの人生がかかっている部分もあるため、書く際は真剣に取り組むべきです。 スキルシートをちゃんと書きたい人がいれば、書き方について書かれた説明書などを参考にする事が大事です。自分自身の感覚だけで書いてしまうとほとんどの場合で間違えてしまうため、それをなるべく避けるためにも説明書などがかなり必要になってきます。よってスキルシートの書き方に関しては充分に注視して、なるべく間違わないようにすると良いです。

関連タグ

アクセスランキング