IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己PRの意味と内容・自己PRを活用する状況|メール/電話

更新日:2020年08月14日

メール

履歴書を書きたいと思ったとき、一番書きづらい項目は自己PRでしょう。自分の能力を把握していないとよい自己PRは書けません。簡単に自己PRとは自己分析です。自分の強みが現れたと思う経験を相手に伝わりやすいようエピソードとして紹介しましょう。

電話の取り方、返事し方によって、話している相手の性格や態度がよくわかるため順調よく話してください。それをわかるためにわざわざ会社から電話が掛かってくる、その会社の仕事だいたいお客さんとのやり取り電話で大事にしています。

メール

面接日程を会社がメールで伝えてきた場合は、電話と同様大事な自己PRチャンスになる。簡単に言うと、自分の文章力、丁寧に相手に自分の考えなどを伝えることをアピールできる。

メールでアピール!

メールのテキスト、返事し方、テキストの構成などなどちゃんとできている人、とそうでもない人かなり差がある。メールだから油断しちゃだめ、相手と直接にコミュニケーションじゃないから、メールのやり取り電話よりかなり難しい、感情をテキスト通じて伝えることなんだから、ちゃんとした、丁寧な、しめきり守りながら返事した方がいいよ。

メモ

面接の日だけじゃなく、入社後もミーティングなどのときになるびくメモを取るようにすることを頭に置いておいたほうかいいよ。しかしメモを取りすぎにご注意。メモに夢中になりすぎて、ほかの話聴き流すこと気をつけた方がいい、今何の話だったと聞かれたら困るよ。

メモの取り方

キーワードだけメモすることを心準備して、話を聞きましょう。メモの役割というと、大事なポイント抑える、問題点把握する、解決しないといかない点解決策考える、自分がミーティングの内容をおもいだすためものである、それを面接官や上司これをみたら、あの人ちゃんと仕事できる、真面目、やる気あるな、と思わせること大事なアピールになる。

報告

面接の日や仕事したあとでも、何かあったら、遅刻することとか、欠席することとか、良いことも、悪いこともちゃんと同僚や上司に報告することを身につけた方がいい。

なんで報告大事なの?!

仕事現場では、隠しこととかあったら、仕事環境を崩し、変な空気になり、仕事し続けるのが嫌になる可能性が高い。快適な仕事環境を守るために、報告が一番大事。そうすると、真面目、真実、信頼できる人アピールできると、自分のためいい仕事場を作れた。

仕事の続き具合と自己PRの関わり

就職活動で多くの人悩ませた項目は自己PR。自己PRのらんになにを書けばいいのか、会社のニーズによって変える必要あるのか?仕事したあとでも、仕事できるアピールし続くのか?みんなが疑問としてもっていた。

自己PR書けない人方法

一番自己PR書く時困る人というと、自分のいい所、自分の能力や知識を把握していない人、だから前の経験や知識から自分のいい所を見つけだす。自己PRを書く時自分自身を分析し、自分の強み良くわかるために大きなチャンスと考えて書いてください。本当にこまったら、自分のことよく知る人と一緒にかくと、書きやすくなるなんじゃない。

経験やスキルからアピールポイント探す

自分の経験や性格を分析し、自分のアピールポイントを見つけて、恥ずかしいことなくどんどん自己PRしてね、それが長く生きてきたこと上で身についたことなんだから。自分を信じて、どんな小さなことでも、どんなくだらないことと勘違いしても、書いてそれで自分にあった仕事絶対に見つかる。

初回公開日:2018年02月14日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング