IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己PRの意味と内容・自己PRを活用する状況|メール/電話

更新日:2020年08月14日

メール

履歴書を書きたいと思ったとき、一番書きづらい項目は自己PRでしょう。自分の能力を把握していないとよい自己PRは書けません。簡単に自己PRとは自己分析です。自分の強みが現れたと思う経験を相手に伝わりやすいようエピソードとして紹介しましょう。

三つ目

得意分野の成功例見つかること。自己PRの所でなに書けばいい分からない人のため、自分のスキルや経験を振り替えて、書き始めた方がいい。

自分を信じる

自分がそんなに成果上げていないと勘違いしても、再現性ある内容あると、伝わりやすい例えば、「コミュニケーション能力に自信があります」といっても、読んでいる方が本当かどうかわからないため、コミュニケーションに関するエピソードを示す。

例えば

学生位の場合、「学生時代やった部活と仲間のコミュニケーションによって、あることができました」など、自分がそんなにたいしたものじゃないと勘違いしても、再現性ある自己PRの方が伝わりやすくなり、それで担当者が判断できる。

四つ目

自己PRできるポイント複数用意した方がいい。一つに絞る必要なく、4つでも5つでも用意して、企業側どれに魅力を感じるのかわからないから。その企業が欲しい人物どんな人物なのか?わからないので、多様な自己PRポイント、社会性あるポイントと知識性あるものを用意した方がいい。

なんで複数なアピールポイントを用意する?!

一つだけもってアピールポイント長く語るより、何個を見つけて読んでいる方も会うのは楽しみさせる。それで面接の時に面接官からその他にできることある?と聞かれたら、緊張せずちゃんとリラックスしながら答える。

自己PR書く時注意することある?

自己PR作成者の中一番悪い例としては、内定のため人をだまし、堂々とうそまでついちゃう人がいる、それで仕事が決まったら、履歴書や面接のとき仕事をもらうために言った自己PRポイントを水の泡みたいに頭からきえてくる。

自己PR書く際に頭に置いておくべきこと

それは本当によくない例として残念ながら多く存在している。だから最初から自分ができないことは書かない、できることだけ書く。そうすることで、自分のスキルや能力にあった仕事見つかり、レスストリスフル仕事環境で働くことができます。

もっと自己PRできる機会ある?

中々履歴書で上手く自己PRを書けなかった場合、安心して、その他の機会がやってくる。電話、メール、メモ、報告書などで自己PRできる。

電話

履歴書を提出した、種類検査終わった、企業から面接するため電話がかかって来る。ここで自己PRをする大事なチャンスがやって来る。会社には、電話で対応ができる確認できるチャンスになり、お客さんと電話緊張なく、ちゃんとコミュニケーション取れることをアピールできる。

電話の取り方によってアピールポイントになる

初回公開日:2018年02月14日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング