IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己PRの意味と内容・自己PRを活用する状況|メール/電話

メール

履歴書を書きたいと思ったとき、一番書きづらい項目は自己PRでしょう。自分の能力を把握していないとよい自己PRは書けません。簡単に自己PRとは自己分析です。自分の強みが現れたと思う経験を相手に伝わりやすいようエピソードとして紹介しましょう。

更新日時:

自己PR「自分の強みなんだろう?」

自己PR「自分の強みなんだろう?」

履歴書や職務経歴書を書く時、どんな人でも迷いなく全項目を書けるが、自己PRの項目を書こうとすると、頭の中に大きなはてなマークがでてくる。自己PRなんだろう?どうやって自分のことをアピールできるのか?どこまでアピールしてもいいのか?などなどという質問頭の中に浮かんでくる。

自己PRとは

自分のアピールポイントを企業に紹介した上、入社した後どんな活躍するのか?どんな成果を出せるのか?応募先企業にプラスになるか?企業の分野に向いているのか?採用担当者が興味を持たせ、働いている姿をイメージしてもらうことで、自己PRの一番大きな目標を達成できる。

確実に内定もらえる自己PRの書き方ある?

確実に内定もらえる自己PRの書き方ある?

自己PR書く為

決まったフォーマットがない、だいたい履歴書や職務経歴書の最後のらんになることが多い。そんな書き方をしたら必ず内定をもらえるという書き方まず無い。

しかし自己PR書く際

頭の中にいくつのポイントを置いておけば、簡単に自分のアピールポイントを見つけ、自己PRをかける。

一つ目

企業にうそをつかないこと。どんなにうそついても絶対バレる日がやってくる。できることだけ責任持って書いて、できないこと仕事の内定もらえるためうそをついてた、

内定の後

内定の後

内定をもらったら、バレないように頑張っても、ストレスの日々だけ続き、バレる日がやって来る。その日が来たら、も信頼関係を失って、戻せませんので、心地良い職場じゃなくなり、はやく仕事やめたい気持ちに入り換わる。

二つ目

自己PRする内容をベースと共に示すこと。単にこれできます、あれもできますではなく、エピソードと一緒に示すことで分かりやすく自分が言いたいこと相手に伝わる。そのエピソードは企業応募者によって違ってくる。

例えば

学生だったら、いまだに勉強したこと特に大学時代や今の研究、部活などと関連するエピソードにした方がいい。 就職経験ある人の場合、前の職場、まわりの同僚、上司との関係や前の職場での実績に関わるものにすることで、アピールポイントが強まる、読んでいる方も納得できる。

三つ目

三つ目

得意分野の成功例見つかること。自己PRの所でなに書けばいい分からない人のため、自分のスキルや経験を振り替えて、書き始めた方がいい。

自分を信じる

自分がそんなに成果上げていないと勘違いしても、再現性ある内容あると、伝わりやすい例えば、「コミュニケーション能力に自信があります」といっても、読んでいる方が本当かどうかわからないため、コミュニケーションに関するエピソードを示す。

例えば

学生位の場合、「学生時代やった部活と仲間のコミュニケーションによって、あることができました」など、自分がそんなにたいしたものじゃないと勘違いしても、再現性ある自己PRの方が伝わりやすくなり、それで担当者が判断できる。

四つ目

自己PRできるポイント複数用意した方がいい。一つに絞る必要なく、4つでも5つでも用意して、企業側どれに魅力を感じるのかわからないから。その企業が欲しい人物どんな人物なのか?わからないので、多様な自己PRポイント、社会性あるポイントと知識性あるものを用意した方がいい。

なんで複数なアピールポイントを用意する?!

一つだけもってアピールポイント長く語るより、何個を見つけて読んでいる方も会うのは楽しみさせる。それで面接の時に面接官からその他にできることある?と聞かれたら、緊張せずちゃんとリラックスしながら答える。

自己PR書く時注意することある?

自己PR作成者の中一番悪い例としては、内定のため人をだまし、堂々とうそまでついちゃう人がいる、それで仕事が決まったら、履歴書や面接のとき仕事をもらうために言った自己PRポイントを水の泡みたいに頭からきえてくる。

自己PR書く際に頭に置いておくべきこと

それは本当によくない例として残念ながら多く存在している。だから最初から自分ができないことは書かない、できることだけ書く。そうすることで、自分のスキルや能力にあった仕事見つかり、レスストリスフル仕事環境で働くことができます。

もっと自己PRできる機会ある?

中々履歴書で上手く自己PRを書けなかった場合、安心して、その他の機会がやってくる。電話、メール、メモ、報告書などで自己PRできる。

電話

電話

履歴書を提出した、種類検査終わった、企業から面接するため電話がかかって来る。ここで自己PRをする大事なチャンスがやって来る。会社には、電話で対応ができる確認できるチャンスになり、お客さんと電話緊張なく、ちゃんとコミュニケーション取れることをアピールできる。

電話の取り方によってアピールポイントになる

電話の取り方、返事し方によって、話している相手の性格や態度がよくわかるため順調よく話してください。それをわかるためにわざわざ会社から電話が掛かってくる、その会社の仕事だいたいお客さんとのやり取り電話で大事にしています。

メール

メール

面接日程を会社がメールで伝えてきた場合は、電話と同様大事な自己PRチャンスになる。簡単に言うと、自分の文章力、丁寧に相手に自分の考えなどを伝えることをアピールできる。

メールでアピール!

メールのテキスト、返事し方、テキストの構成などなどちゃんとできている人、とそうでもない人かなり差がある。メールだから油断しちゃだめ、相手と直接にコミュニケーションじゃないから、メールのやり取り電話よりかなり難しい、感情をテキスト通じて伝えることなんだから、ちゃんとした、丁寧な、しめきり守りながら返事した方がいいよ。

メモ

メモ

面接の日だけじゃなく、入社後もミーティングなどのときになるびくメモを取るようにすることを頭に置いておいたほうかいいよ。しかしメモを取りすぎにご注意。メモに夢中になりすぎて、ほかの話聴き流すこと気をつけた方がいい、今何の話だったと聞かれたら困るよ。

メモの取り方

キーワードだけメモすることを心準備して、話を聞きましょう。メモの役割というと、大事なポイント抑える、問題点把握する、解決しないといかない点解決策考える、自分がミーティングの内容をおもいだすためものである、それを面接官や上司これをみたら、あの人ちゃんと仕事できる、真面目、やる気あるな、と思わせること大事なアピールになる。

報告

報告

面接の日や仕事したあとでも、何かあったら、遅刻することとか、欠席することとか、良いことも、悪いこともちゃんと同僚や上司に報告することを身につけた方がいい。

なんで報告大事なの?!

仕事現場では、隠しこととかあったら、仕事環境を崩し、変な空気になり、仕事し続けるのが嫌になる可能性が高い。快適な仕事環境を守るために、報告が一番大事。そうすると、真面目、真実、信頼できる人アピールできると、自分のためいい仕事場を作れた。

仕事の続き具合と自己PRの関わり

仕事の続き具合と自己PRの関わり

就職活動で多くの人悩ませた項目は自己PR。自己PRのらんになにを書けばいいのか、会社のニーズによって変える必要あるのか?仕事したあとでも、仕事できるアピールし続くのか?みんなが疑問としてもっていた。

自己PR書けない人おすすめ方法

一番自己PR書く時困る人というと、自分のいい所、自分の能力や知識を把握していない人、だから前の経験や知識から自分のいい所を見つけだす。自己PRを書く時自分自身を分析し、自分の強み良くわかるために大きなチャンスと考えて書いてください。本当にこまったら、自分のことよく知る人と一緒にかくと、書きやすくなるなんじゃない。

経験やスキルからアピールポイント探す

自分の経験や性格を分析し、自分のアピールポイントを見つけて、恥ずかしいことなくどんどん自己PRしてね、それが長く生きてきたこと上で身についたことなんだから。自分を信じて、どんな小さなことでも、どんなくだらないことと勘違いしても、書いてそれで自分にあった仕事絶対に見つかる。

自分の強み絶対に見つかる

どんな人でも必ず自己PRできるポイントを持っている、でもまだ見つけてないか、そのポイント強いと関心していないから外に出すのは自信がないとか自分の才能埋める人が多い。自分に自信もって、アピールして、そのスキルや知識を磨きましょう。ドリームビッグ、ビッグになろう。

関連タグ

アクセスランキング