IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己PRの意味と内容・自己PRを活用する状況|メール/電話

更新日:2020年08月14日

メール

履歴書を書きたいと思ったとき、一番書きづらい項目は自己PRでしょう。自分の能力を把握していないとよい自己PRは書けません。簡単に自己PRとは自己分析です。自分の強みが現れたと思う経験を相手に伝わりやすいようエピソードとして紹介しましょう。

自己PR「自分の強みなんだろう?」

履歴書や職務経歴書を書く時、どんな人でも迷いなく全項目を書けるが、自己PRの項目を書こうとすると、頭の中に大きなはてなマークがでてくる。自己PRなんだろう?どうやって自分のことをアピールできるのか?どこまでアピールしてもいいのか?などなどという質問頭の中に浮かんでくる。

自己PRとは

自分のアピールポイントを企業に紹介した上、入社した後どんな活躍するのか?どんな成果を出せるのか?応募先企業にプラスになるか?企業の分野に向いているのか?採用担当者が興味を持たせ、働いている姿をイメージしてもらうことで、自己PRの一番大きな目標を達成できる。

確実に内定もらえる自己PRの書き方ある?

自己PR書く為

決まったフォーマットがない、だいたい履歴書や職務経歴書の最後のらんになることが多い。そんな書き方をしたら必ず内定をもらえるという書き方まず無い。

しかし自己PR書く際

頭の中にいくつのポイントを置いておけば、簡単に自分のアピールポイントを見つけ、自己PRをかける。

一つ目

企業にうそをつかないこと。どんなにうそついても絶対バレる日がやってくる。できることだけ責任持って書いて、できないこと仕事の内定もらえるためうそをついてた、

内定の後

内定の後

内定をもらったら、バレないように頑張っても、ストレスの日々だけ続き、バレる日がやって来る。その日が来たら、も信頼関係を失って、戻せませんので、心地良い職場じゃなくなり、はやく仕事やめたい気持ちに入り換わる。

二つ目

自己PRする内容をベースと共に示すこと。単にこれできます、あれもできますではなく、エピソードと一緒に示すことで分かりやすく自分が言いたいこと相手に伝わる。そのエピソードは企業応募者によって違ってくる。

例えば

学生だったら、いまだに勉強したこと特に大学時代や今の研究、部活などと関連するエピソードにした方がいい。 就職経験ある人の場合、前の職場、まわりの同僚、上司との関係や前の職場での実績に関わるものにすることで、アピールポイントが強まる、読んでいる方も納得できる。

初回公開日:2018年02月14日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング