IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「49日」の意味と法要のマナー|お布施/お供え/挨拶/服装

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

49日について知っていますか。何度も経験することではないので、服装で困ったり、お布施や香典の相場やマナーが分からず困る方も多いです。49日の意味や、49日のマナーなどについてご紹介します。大人のマナーとして49日について知っておきましょう。

お供え物

49日のお供え物は、故人の冥福を祈り遺族を慰めるための物です。定番のお供え物は、お菓子や果物です。季節のものを選べば喜ばれますし、故人の好きだったものがあれば選ぶと良いです。お供え物は、仏前に長く置かれるので、日持ちし、お菓子の場合、個別に包装されているものを選ぶと分配しやすいので喜ばれます。 次に定番といえば花です。菊やユリなどの白を基調としたお花が一般的ですが、遺族や故人の好みや、慰めるためカラフルな花を添えることもありますが、失礼にならないよう注意しないといけません。49日では、献花ではなく、かごつきのものが好まれます。 故人がお酒好きな方だった場合、お酒をお供えすることもあります。しかし、アルコールは宗派や地域、遺族の意向などが関係するため事前に確認したほうが丁寧です。

お供え物の渡し方

お供え物を渡すときは、施主や遺族に手渡します。絶対に直接仏壇に置いてはいけません。両手を添えて丁寧に渡しましょう。 お供え物を持参するさいですが、風呂敷で包んだり、紙袋に入れて持参します。お供えものを渡すときには、中身だけ取り出してわたします。持参した紙袋は自分で持ち帰りましょう。

挨拶

49日の挨拶は、自宅で49日を行う場合と、お寺で行う場合で異なります。お寺で法要を行う場合は、僧侶が内陣に座って、読経を行うことで自然と法要が始まりますので特別に始まりの挨拶をする必要がありません。 49日の法要を自宅で行う場合は、施主が開始を告げる挨拶を行って、僧侶を仏壇の前にお招きすることで法要がはじまります。

49日の法要のときの服装のマナー

49日の法要の服装のマナーですが、遺族の場合、三回忌までは、喪服を着るのが基本ですので49日ももちろん喪服で参加しましょう。しかし、近年遺族でも略礼服を着用することも多くなっているため、地域や、親戚間の関係などで判断しましょう。 一般参列者の場合は、49日での法要は略礼服の着用で問題ありません。

男性

最近は略礼服の黒いスーツを着用することが多いですが、シャツは白い無地のものを着用し、ネクタイ・靴も黒の派手じゃないものを選び、小物も黒で統一するのが基本です。スーツは、シングル・ダブルどちらを選んでも大丈夫です。

女性

女性の場合、黒もフォーマルドレスを着用します。和服の場合は、黒い無地の染め抜き五つ紋付を着用します。男性同様、女性の場合も、最近は、略礼服の着用が主流になってきています。 女性の場合、透ける素材や、光沢のあるものを避け、袖や丈も長めで肌の露出を避けましょう。ブラウスや、ストッキングをはじめ、小物も黒で統一します。結婚指輪以外のアクセサリーは禁止ですが、真珠のネックレスは許されています。2重のネックレスは「不幸が重なる」とされ着用しないのが慣わしなので注意しましょう。

49日の法要のときの挨拶の仕方と例文

はじめの挨拶

文章に決まりはありませんが、参列者へのお礼と、法要を取り行うことの2点を感謝を込めて伝えます。例えば、「本日は、お忙しい中お集まり頂き、誠にありがとうございます。これより故人(名前)の49日の法要を執り行いたいと思います。」などと手短に述べれば大丈夫です。故人と施主との生前の関係や本名なども伝えましょう。

初回公開日:2018年01月23日

記載されている内容は2018年01月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング