IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内祝いの手紙の書き方や例文|成人式/初節句/結婚/出産/引越し

初回公開日:2018年01月19日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年01月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書き方・例文

結婚祝いや出産祝いをいただいたときには、内祝いとしてお返しをするのが一般的となっています。この内祝いに手紙を添える場合、どのような手紙を添えるのがよいのでしょうか。内祝いの手紙の書き方や例文をケースごとにご紹介いたします。

内祝いとは

内祝いとは、結婚、出産、引っ越し、病気快気などの、内輪のお祝いごとがあった際に、そのお披露目も兼ねて、記念になるような品物を贈ります。内祝いの場合、地方や習慣によって、縁起物が異なる場合があります。内祝いを、お祝いをしてもらった方々にお返しをする、という意味で捉えることが、現在では一般的です。 地域によって、お祝いの品にその地域の伝統的な品物を付けたり、渡すときには、地域の習慣を取り入れて渡すという方法も数多くあります。内祝いのお返しには、相手への感謝の気持ちを伝えることが大切です。内祝いの品物に、お礼の手紙を添えて送ると、相手にも伝わりやすく、また丁寧さも増します。

内祝いの手紙の書き方や例文

内祝いをいただいた場合、お礼の品を1ヶ月以内にお返しするのが、基本的なマナーとなっています。この内祝いには、お礼状の手紙を添えて、感謝の気持ちを伝えるのがよいでしょう。ここでは、内祝いに添える、お礼状の手紙の書き方や例文をケースごとに紹介いたします。

成人式

成人式ということで、お祝いをいただくこともあるでしょう。成人式でお祝いをもらった場合には、本来、お返しの必要はありません。しかし、お祝いに対するお礼は必須です。お祝いを頂いたときには、きちんと、相手に感謝の気持ちを述べるようにしましょう。お礼の手紙は、基本的にはお祝いをもらった本人が書きます。はがきでも封書でも、どちらでも結構です。手紙は、必ず手書きで書くようにしましょう。 (例文) この度は成人のお祝いをいただきまして ありがとうございます 成人した記念として大切に使わせていただきます 成人式では同級生と久しぶりに会うことができて とても楽しい一日となりました とはいえ まだまだ未熟な部分がたくさんの大人です これからも色々とご指導いただければ嬉しいです まだまだ寒い日が続きますが お体にはお気をつけてください

初節句

初節句のお祝いをいただいた場合は、お祝いの席を設けて、そちらにご招待するのが一般的となっています。しかし、遠方で参加できない場合などには、お礼の手紙を書くようにしましょう。親族にお祝いをもらった場合は、堅苦しく考えずに、感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。素直にお礼の気持ちを言葉にすることが大切です。 (例文) この度は○○の初節句に際し 過分なお心遣いをいただきましてありがとうございます おかげさまで○○も元気に成長し 無事に初節句を迎えることができました 健康な子供に育つように 今後も夫婦ともども子育てに励む所存です これからもご指導のほどよろしくお願いいたします

結婚

結婚祝いの内祝いに添えるお礼状の手紙は、ふたりの結婚を祝ってくれた方へ、感謝の気持ちを伝える大切な物です。結婚祝いをもらったら、1ヶ月以内に内祝いをお返しすることが基本的なマナーです。 内祝いに添える手紙の内容は、お礼の言葉、新生活への抱負、品物をいただいた場合は、新生活で活用している様子、今後のお付き合いをお願いする挨拶文、新郎新婦の名前、新居の住所などです。新郎新婦の名前を書くときには、新婦の旧姓を書くことも忘れないようにしましょう。手紙を書くのが苦手だと感じる方は、箇条書きにしてから全体を構成していくと、スムーズに書くことができるでしょう。 (例文) この度あ、私たちの結婚に際しまして 素敵なお祝いをいただき 誠にありがとうございます なにぶん未熟な2人ではございますが 2人で力を合わせて温かな家庭を築いていく所存です 今後ともご指導ご鞭撻のほど よろしくお願いいたします

出産

出産祝いをもらったらまず、内祝いの品を決める前に、お手紙で感謝の気持ちを伝えるようしましょう。出産祝いの内祝いの手紙に入れるべき項目は、時候の挨拶、相手の健康・安否を気遣う言葉、出産祝いのお礼、生まれた子供の性別・名前・読み方、などです。出産祝いですので、生まれた子供の情報は必ず伝えるようにしましょう。 (例文) 謹んで申し上げます 秋暑の候 皆様お変わりなくお過ごしでしょうか 日ごろは色々とお世話になり ありがとうございます この度は 長男○○(読み方)の出産に際しましてお祝いを賜り 心からお礼申し上げます これからも子育ての先輩として 今まで以上にアドバイスをいただけましたら嬉しくおもいます 季節の変わり目ですので どうぞお大事にお過ごしください まずはお礼申し上げます

入学祝い

子供が入学するときには、親戚や親しい方からお祝いが送られてくる場合があります。子供がまだ小さい場合は、保護者の方がお礼の手紙を書くとよいですが、子供が大きいのであれば、本人が書くのがよいでしょう。相手への感謝の気持ちを伝えましょう。 (例文) この度は○○に入学祝いをいただきまして誠にありがとうございます 小学校も無事卒業し 4月からは中学生になります いただいたお祝いでは○○を買わせていただきました まだ肌寒い日が続きますのでお体にお気をつけください

引っ越し

引っ越しをした際や、新しく家を建てた場合には、親しい方からお祝いをいただくことがあるでしょう。お祝いをもらったことに対する、感謝の気持ちを相手に表現する手紙を送るようにしましょう。 (例文) 皆様お元気でしょうか 先日は新築のお祝いをいただきましてありがとうございます 頂戴したお祝いでは、おしゃれなカーテンを購入させていただきました お心遣い 深く感謝いたします ご多忙かとは存じますが ぜひ一度我が家へお越しください

内祝いの手紙の封筒の書き方

内祝いの手紙は封筒に入れて、内祝いの品物と添えるのが基本的なマナーです。では、内祝いの手紙の封筒は、どのように書くとよいのでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング