IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

登山初心者の装備とお勧めルート|服装/富士山/千畳敷カール

更新日:2020年08月14日

アウトドア・スポーツ

健康に良くて景色を楽しめる登山をする人が増えています。確かに登山は大変ですが、お金では買えない景色もあり、始めたい人も多いのではないでしょうか?しかし、装備の揃え方や初心者でも安全な山の選び方も難しいです。そこで、初心者のための装備とお勧めコースを紹介します。

登山に行くには準備が必要

登山を始めようと決意したら、まずは服装と装備の準備をしましょう。山は平地よりも寒いですし、天候の変化も激しいです。もし、雨が降ってきて適切な装備がなければ、低体温症になる危険性があります。そのため、夏だからと油断せず、最低限の服装と装備を用意しましょう。 けれども、最低限の服装と装備をどうしたら良いか分からない方もいらっしゃるでしょう。登山用品は高価なものが多く、該当するものを全部揃えたり、質の良いものばかりにしては、大変な金額が必要です。 そこで今回は、登山初心者に必要な服装と装備についてご紹介します。初心者にお勧めの登山ルートも紹介しますので、初めての山行の参考としてお役立てください。 なお、今回の紹介は夏山を想定しています。春や秋の登山は経験を積んで初心者から上へレベルアップしてから行くようにしてください。

登山初心者の服装

最近の登山者はおしゃれな服装をしていますが、外見だけで服を選ぶことは危険です。初心者の内は機能優先で選びましょう。

下着

一番下に着る下着は、普段のもので十分と考えられがちですが、一番慎重に選ぶ必要がある服装です。下着は、汗を素早く吸収し、そして速乾性がなくてはなりません。 普段着ている下着は綿製品が多いですが、速乾性がなく体温を奪ってしまう欠点があります。特に、大雨で濡れてしまった時に速乾性のない素材の下着を着ていると、体温を奪われ命に関わりますので注意しましょう。 素材としては、化学繊維でできた製品がお勧めです。初心者でも、下着だけは手を抜かないようにしてください。

シャツ

シャツは、長袖シャツがお勧めとなります。半袖シャツは、寒い場合よりも日焼けの方が問題になります。山の上の日光は強いですから、やけど並みの日焼けになることがあり注意が必要です。 そして、素材は化学繊維が理想ですが、低山歩きであれば普段着の製品でも良いでしょう。昔は、着古したシャツを山用として利用することが多くありました。今はファッション性も大事なので新品の服を着る場合が多いですが、ヤブが多い山であれば汚れたり破れたりしますから、着古した服でも良いでしょう。

パンツ (ズボン)

パンツは、足首まであるロングサイズとハーフサイズがあります。最近は動きやすさを優先してハーフサイズを使用する人が増えてきました。ハーフサイズを利用する場合は、中にスポーツタイツを履きます。

また、ロングサイズのパンツを使用する場合は、伸縮性のある製品を選んでください。ジーンズなどの伸縮性のないズボンでは、足を曲げる動作に支障が起きます。 初心者は、ロングサイズのパンツが無難でしょう。

フリース

初回公開日:2018年01月30日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング