IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

うざい上司の特徴|気分屋/指示があいまい・うざい上司の対処法

コミュニケーション

これからの季節就職を考えている人が多くなります。どこの会社にも居るうざい上司の特徴を説明しています。もしうざい上司と遭遇した場合の対処法も書いています。大事なあなたのメンタルを守るためにできる対処法を試してみてください。職場生活が楽になります。

更新日時:

うざい上司の特徴

うざい上司の特徴|気分屋/指示があいまい・うざい上司の対処法

学生を卒業して、初めての就職先にワクワクしたり仕事をできるようになるのか不安を感じたり、将来なりたい自分の夢を見て入社する若者が多いですです。でもその大切な夢や希望をいつまでも抱いていられるように自分自身で心を守ることも社会人になったら大切な事です。 学生時代で言えば少し感じの悪い先生とか嫌な先輩が居たはずです。社会人になっても学生時代の頃の嫌な感じの人と似た人と必ず遭遇します。会社に就職すると「うざい上司」という形を変えて登場して来ます。これは避けられない事なので諦めて下さい。 うざい上司に遭遇しても気持ちを強くいられるように、うざい上司の特徴を細かく説明していきます。

指示があいまい

社会人になると慣れてない仕事や初めてする仕事を与えられ機会は多く、上司の人からの支持を受けて取り組むことが当然出てきます。この時上司からの指示を聞いて分からない事があればその場で確認するように心がけて下さい。 上司からの指示通りに仕事をこなしてもミスが出た時、上司の指示が曖昧だったのにミスして怒られるのは自分になります。 うざい上司は、後で上の人から「自分のミス」だと言われたくないのでわざと曖昧な指示を出して部下にやらせ、そして成功したら自分の手柄になりミスしたら部下のせいに必ずします。部下の失敗を守るかっこいい上司は時代と共に減って来ています。

気分屋

うざい上司の典型的なパターンの一つは「気分屋さん」な上司です。機嫌が良いと見守っていたら次の瞬間どうしたのかって程イライラした態度を取って来る人のことです。 このタイプの人は私生活や上の人に言われた言葉が態度に出やすいのが特徴的です。このタイプの人には自分のプライベートな話は絶対に禁句です。自分の気分次第で他の人に話してしまう事も考えられます。 周りに知られたくない事は、会社の人と仲良くなっつも言ってはダメです。いつ裏切られるのか分からないのが社会人です。いつも笑顔で接してくれていても気持ちの中では自分が上に立つため周りの人の粗探しをしている人が多いからです。

いやみ

仕事をする上で周りの人にされて嫌な気持ちになるのが「うざい上司のいやみ」です。仕事のミスをしてしまった時に言われる「小言&いやみ」は精神的に辛くなります。 周りの人に対していやみを言っている上司を見かけたら自分もいやみを言われる対象にならないように心がけるしかありません。一度いやみの対象になると抜け出すのは難しいでしょう。

飲み会強要する

うざい上司の特徴|気分屋/指示があいまい・うざい上司の対処法

どこの会社の中にも飲み会をすごく愛している上司が存在しています。飲み会では自分が中心となれる場所として考えている人も多いのでしょう。このタイプの人は飲み会は必ず出席する物と考えているので、欠席は認めないうざい上司が多いです。 会社によっては「飲み会費」は自腹の会社と会社側の支払いで連れて行ってくれる場合と分かれます。飲み代が自腹の場合は飲み会がイヤならはっきり断るようにしましょう。生活費を削ってイヤな感情を抱くこと自体が勿体無いです。

部下を見下す

会社の中には新しく入って来た部下の事を仕事ができないと見下して来る人が多いです。きっとそうやって見下す事で自分の気持ちを安心させようとしているからでしょう。見下されたと言うことは「あなたが上に立つ見込みがあるかも」と見られている可能性もあります。 そんなうざい上司に見下されても気にする必要はありません。どんどんあなたらしく会社の中で輝いていけばいいんです。あなたが生き生きと頑張っている姿を他の上司が見て評価してしてくれます。上司はうざい上司だけでは無いので安心して下さい。

説教が長い

うざい上司の特徴|気分屋/指示があいまい・うざい上司の対処法

うざい上司の典型的なパターンに多いのが部下への説教が長い人です。本題の説教から脱線し過ぎて何の説教を言われたのか分からなくなります。このタイプの人は説教のスイッチが入ると止まらないので諦めて、黙って聞いて過ごすしかありません。

自慢話をするうざい上司

どこの会社にも必ずいるうざい上司の典型的なパターンの一つは自分の自慢話をする人です。しかも話し出すと長いのが特徴的で何度も同じ話をして来ます。普段でも話が長い人はお酒の入る飲み会の席ではこの自慢話は3倍になるので諦めて聞いているしかありません。 この場合の注意点はうざい上司の話を否定すると、もっと話が長くなります。黙って聞くのが話を短くするコツです。

うざい上司の対処法

うざい上司の特徴|気分屋/指示があいまい・うざい上司の対処法

何処にでも存在するうざい上司への上手な対処法はあるのでしょうか。 うざい人でも上司なので、たまには良いアドバイスをしてくれる存在でもあり話を全く聞かない訳にはいかず大人な対応をする必要があります。あなたの対応次第で、うざい上司との関係が良くなったり悪くなったりする事もあります。あなたにもいつか部下ができます。その部下達にもうざい上司との接し方を教えてあげる日が必ず来ます。

受け流す

基本的にうざい上司からの話は受け流すことです。本題の中に出て来た仕事と関わる大切な話は聞き流してしまったらダメですが、小言やいやみのような話題は受け流しましょう。あなたのメンタルを大切にして下さい。 仕事はメンタル面が重要になって来ます。仕事場でしか顔を会わさないのなら問題ないでしょう。

あえて仲良く

うざい上司の特徴|気分屋/指示があいまい・うざい上司の対処法

意外とうざい人でも近づいて見ると良い人に変わる場合があります。向こうもいやみのガードをしていただけであなたの内面を知り可愛がってくれることがあります。イヤな人ほど仲良くなったら上手くいくパターンは実は多いです。

仕事ができるようになる

うざい人に嫌なことを言われないようにする一番良い方法はうざい上司よりも仕事ができる人材に成長することです。職場は仲良し学校ではなく仕事をしてお給料をもらう場所です。 あなたの働きが方が自分のお給料の2倍を基本と考えて動かないと会社から見ると雇う意味がないです。売り上げ制ならお給料の2倍の売り上げを上げればひとまず問題クリアです。

味方をつくる

うざい上司に対応するには、自分一人の力ではどうする事もできない場合はいっぱいあります。そんな時はうざい人に話をしてくれる強い味方を作る努力をする方法もあります。会社は縦社会なので上司にも先輩が必ずいます。 上手くうざい上司に話をしてくれる存在は社内でどのポジションにいる人なのか周りの状況を把握する所から始めてみましょう。意外と近い所に味方はいるはずです。

転職

うざい上司の特徴|気分屋/指示があいまい・うざい上司の対処法

あなたにとってうざい上司の居る職場が合わない、またはストレスが溜まり過ぎて会社に行く事ができないぐらい病む場合は思い切って転職を考えてみるのも良い場合もあります。世の中に働く会社はいっぱいあります。 面接に行って受かるのか不安になる体験をまたするだけの話で、あなたが生き生きとして居られる職場はどこかにきっとあります。でも何処で働いても合わない人は必ず居ます。その度に転職を繰り返してもあなたが人間として成長できません。 苦労の中で「人として成長できる面」は必ずあるからです。苦労した事はあなたの宝物になります。同じことが起きた時に楽勝で解決できる力を付けた状態になっているからです。

どこにでもいるうざい上司

うざい上司の特徴|気分屋/指示があいまい・うざい上司の対処法

どこの会社にもいるうざい上司と上手く関係を築いていくのは正直なところ難しいと感じているのが本音です。誰でも同じように感じています。子供じゃないから一々口に出したりしないだけです。 うざい人とでも付き合って行かないとダメだと気持ちを割り切る努力をしている人が多いです。あなたに取って一番楽な割り切り方を早く見つけることが職場生活を楽しむコツです。会社の愚痴は付き合っているパートナーか職場とは関係の無い友人に話す事で乗り切りましょう。

アクセスランキング