IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初心者向けのランニングシューズと選び方|値段/アシックス

更新日:2020年08月14日

アウトドア・スポーツ

ランニング初心者がシューズを選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。初心者に割安なランニングシューズ、女性にのランニングシューズをご紹介します。また、アシックス、ナイキ、ミズノなど各メーカーの特徴もお伝えします。

初心者向けランニングシューズの選び方とコツ

ランニングを始めたばかりの初心者が、ランニングシューズを選びにスポーツ店に出かけると、たくさんあるランニングシューズの中からどれを選べばよいのか戸惑うことがあります。 ランニングシューズは使う人のレベルや目的、足の形などによりさまざまなタイプがあります。値段も5000円以下のものから2万円を超えるものまで幅があります。 初心者がランニングシューズを選ぶ際に、値段や色・デザインだけで決めてしまうことがありますが、自分に合ったランニングシューズを選ばないと、膝や腰を傷めるなどの故障の原因に繋がることがあります。 今回は、初心者が自分に合ったランニングシューズを選ぶ際のポイントををお伝えします。

ランニング初心者は、スニーカーで良いのか

ランニングは、ジムに通う必要もなく場所を選ばず気軽に始められる上に、お金もかからないスポーツです。しかし、ランニングシューズについては、通常のスニーカーと比べると少し値段が張ります。5000円~20000円以上、平均1万円前後がおよその相場です。 ランニング初心者はそれほど長い距離を走るわけでもないし、ランニングを続けることができるかどうかもわからないから、取りあえずは家にあるスニーカーで良いのでは、と考える初心者ランナーは案外多く見受けられます。 しかし、ランニング初心者は筋力が低下していたり、ランニングの際の膝や腰への負担を軽減する合理的なランニングフォームが備わっていない場合が多いです。そのため、初心者こそクッション性に優れたランニングシューズを選ぶことが、大切です。

ランニングシューズの役割

ランニング初心者にとって、大切な事は、足や腰にかかる負荷を軽減させることです。ランニング専用のシューズは、ランニングでかかる膝や腰への負担を軽減できる作りになっています。 せっかく始めたランニングの習慣が膝の故障が原因で中断するケースを見かけます。ランニング初心者が長くランニングの習慣を継続させるためには、足を守るためのシューズ選びが大切です。

ランニングシューズにはどんなタイプがあるのか

ランニングシューズはランニングのレベルによって選ぶ種類が異なります。これまであまりスポーツ習慣のなかったランニング初心者が、アスリート向けのレース用軽量ランニングシューズを選ぶと故障の原因になります。 これからランニングを始めようとする初心者は、自分のランニングレベルを考え、そのレベルにあったランニングシューズを選ぶことが大切です。ここではランニングレベルを3段階に分けてご紹介します。 ダイエットや運動不足解消のためにランニングを始めるという初心者はクッション重視型、レースへの出場を目指す人の場合はトレーニング型、フルマラソンにおける4時間切りや3時間切りを目指す上級者はレース型のランニングシューズがです。 この3タイプのランニングシューズについて、それぞれの特徴をお伝えします。

ランニング初心者・クッション性を重視したタイプ

ランニング初心者に向けて、ランニングの際の膝や腰の負担を分散、軽減し足の保護を目的としたタイプです。クッション性が高くソールが厚く設計されています。 このタイプのランニングシューズの多くは、踵部分に衝撃を緩和させるクッション材が使用されています。土踏まずの辺りには安定感を向上させるパーツが使用されています。 ランニング初心者がランニングする際の左右のぶれを防ぎ、少ない筋力で走り続けるために安定した着地から次の一歩をサポートできるように、つま先部分には蹴り出しをサポートするための高反発素材が使用されています。 初心者は軽量なランニングシューズが良いのではと、勘違いしがちですが、軽いランニングシューズは軽量化するために、底を薄くしたり機能を削ぎ落としています。 そのため足を保護するという機能が不十分です。初心者が使うと足を痛めたり怪我の原因に繋がります。

ランニング中級者・トレーニング型タイプ

中級者におすすのトレーニング型ランニングシューズは、クッション型ランニングシューズの衝撃吸収性能と、レース型ランニングシューズの軽量性を併せ持つタイプです。 クッション性と軽量性をバランス良くで併せ持っており、足への負担を軽減する機能と速く走るための機能を兼ね備えているのが特徴です。また足へのフィット感も高く設計されているので、地面へのパワーロスが少なく走りのパフォーマンスも向上します。 クッション重視型ランニングシューズに比べるとソールが薄く、衝撃が直接足に伝わりやすいので、初心者が使用すると故障に繋がりやすいです。ある程度ランニングに慣れてフォームが安定し、筋力がついてから使用するのが望ましいです。 レース出場を目指す人や、タイムアップを図りたい人、ジムでのトレーニング用としてこのタイプのランニングシューズがです。

ランニング上級者・レース型タイプ

上級者にレース型ランニングシューズは、クッション性を犠牲にし、軽量化を重視したタイプのランニングシューズです。ランナーの筋力やパフォーマンスを最大限まで引き出せるように設計されています。タイムを向上させるためのランニングシューズです。 しかし、軽さを追求したレース型ランニングシューズは、ソールやアッパーなどに使われる快適さ追求するパーツがそぎ落とされており、特にクッション性能は大幅に犠牲となっています。足を守るための機能は低いです。 ランニング初心者の多くは、「シューズは軽いほうが楽」と考えがちですが、軽さを追求したランニングシューズは足への負担が大きく怪我に直結するので注意が必要です。 このタイプのランニングシューズは、レースタイム向上を目指す人、自己ベストを更新したい人、また部活動などで陸上競技を行っている上級者ランナーにです。

初心者がランニングシューズを選ぶ前に確認すること

ここでは、ランニング初心者が、自分にぴったり合うランニングシューズを選ぶ際のポイントについて解説します。通販で選んで購入するという方法もありますが、ランニングシューズの専門店に足を運び実際のシューズを試し履きすることをします。 店舗にプロのトレーナーやアドバイザーがいる場合は、ランニングの経験やレベルなどを伝えて、自分の足の形などをチェックしてもらうと自分に合ったランニングシューズを選ぶ助けになります。

初回公開日:2018年01月24日

記載されている内容は2018年01月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング