IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイク初心者にお勧めの用品|クロスバイク/服装/関東/本

更新日:2020年08月28日

車&バイク

スポーツバイク初心者に向けたバイク各種、用品類、服装を紹介します。また、関東と関西それぞれの地域で、スポーツバイク初心者にサイクリングコースもみていきます。さらに、スポーツバイク初心者が気後れしない一冊を併せてみていきます。

スポーツバイク初心者のためのhow-toを知ろう!

最近では、男性だけでなく女性も気軽にクロスバイクなどのスポーツバイクを楽しんでいる人を多く見かけます。 そこで、スポーツバイクを乗りたいと考えている人に向けたバイク各種、用品、そしてファッションを紹介していきます。また、関東と関西それぞれの地域で、スポーツバイク初心者にサイクリングコースもみていきます。 さらに、スポーツバイク初心者がおよび腰にならない一冊も併せて紹介していきます。

バイク初心者必見! 知るべき魅力と特徴とは?

スポーツバイクには街中でもよく見かけるクロスバイクから、競技にも使われるロードバイクとマウンテンバイクがあります。ここでは、どんなスポーツバイクを乗ろうかと考えている初心者に向けた、それぞれの魅力と特徴を紹介していきます。

クロスバイク

魅力とは?

スポーツバイク初心者に選ばれやすいのが、クロスバイクです。このクロスバイクのの魅力をみていきます。クロスバイクは、スポーツバイクの中では最も気軽に始められる価格となっています。このリーズナブルさはとても有難いです。 クロスバイクを日常の移動手段だけでなく、10km程度までの通勤の足として使用する人も多いです。クロスバイクはシティサイクルのような手軽さで乗れ、さらにひと漕ぎするとその軽快さと疾走感を体感できるでしょう。 クロスバイクはシティサイクルのような普段使いから、サイクリングやポタリング、さらにキャリアなどの装備品を用意することでロングツーリングなどといった幅広い楽しみ方できます。

特徴

クロスバイクの特徴に、フラットな一直線の「ハンドル」があります。クロスバイクのハンドルの幅はシティサイクルよりも少し広い仕様となっているので、細かなハンドル操作を行ないやすくなります。細かなハンドル操作ができることで、人通りや車通りの多い市街地で安心してクロスバイクに乗ることができます。 また、クロスバイクは、視界が広く取れる設計になっているため安全に走行でき、さらに郊外やサイクリングロードで景色を楽しむこともできます。そして、クロスバイクはロードバイク疾走感とマウンテンバイクの安定感の両方を兼ね備えており、これがクロスバイクの最大の特徴と言えます。 スピード効率に特化したロードバイクほどではありませんが、風を切る軽快さを楽しむことができ、少々の荒れた路面や段差程度でも抜群の乗り心地と安定感を発揮できます。

ロードバイク

魅力とは?

ロードバイクの最大の魅力は、その高速走行にあります。クロスバイクよりも一段と軽快さと俊敏性があり、まさに水平飛行最速のツバメのように風を切ることを体感できるでしょう。 また、ロードバイクが持つ軽快さとスピード感を一度味わってしまうと、気が付けばロングライドになる人も多いです。ロードバイクを乗り始めて2、3ヶ月で60km近くのサイクリングを楽しんでいる人もいます。日本だけでなく世界各地でロングライドを楽しむためのイベントが開かれ、多くの人が景色を楽しみながら完走を目指しています。 そして、近年のロードバイクはカーボンフレームが主流になったことにより、その造形の美しさに目がとまります。流れるような美しさを持つフレームラインは外観だけでなく、軽量さや剛性、乗り心地などの機能にも優れ、まさに機能美とも表現することができます。

特徴

ロードバイクの魅力である高速走行をつくり出しているのが、特徴となっているタイヤの細さです。ロードバイクのタイヤの幅は、2cm程度しかなく華奢で繊細な外観をしています。けれども、タイヤのグリップを損なわず極限まで細く設計されており、時速100kmを超えても安全に走行することができます。そのため、初心者でも安心して乗ることができます。 また、ロードバイクのタイヤは細くても空気圧が高いので、意外とパンクを起こしにくくなっています。ロードバイクのハンドルは高速走行を実現するために、空気抵抗が少ない前傾姿勢を保てるドロップハンドルという下向きに曲がったハンドルを採用しています。 さらに、ドロップハンドルは前傾姿勢に適すだけでなく、持つ場所を変えることができるため楽な姿勢を取りやすく、スポーツバイク初心者のロングライドにも最適です。

マウンテンバイク

初回公開日:2018年01月23日

記載されている内容は2018年01月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング