IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「嬲る」の意味と使い方の例文|読み方/語源/対義語/漢字

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

日常的には、見たことも使用することもあまりない「嬲る」という難しい漢字の意味や読み方、語源・成り立ちなどや、似ている意味の言葉、英語での書き方や読み方、その意味など。そのほか「嬲るように」を使った例文や、歌舞伎で使われている言葉などを紹介します。

「嬲る」の意味や読み方など

「嬲る」男・女・男と書いて「なぶ・る」と読みますが、あまり日常的に使うことがない漢字です。意味も、弱い立場の者を、おもしろ半分に苦しめる・からかって馬鹿にする、など気分の良いものではありません。 同じ読み方で「女・男・女」と書くものもあり、名詞では「うわなり」と読み、歌舞伎十八番のひとつ。後妻(うわなり)打ちの風習を題材にしたものがあります。

なぶ・る【×嬲る】の意味 [動ラ五(四)] 1 弱い立場の者などを、おもしろ半分に苦しめたり、もてあそんだりする。「新入りを―・る」 2 からかってばかにする。愚弄する。「教師が生徒に―・られる」 3 手でもてあそぶ。いじりまわす。「おもちゃを―・る」 類語 いじめる  さいなむ  いびる 虐げる(しいたげる)

「嬲る」の意味

「嬲る」の意味として、大きく分けると三種類あります。 ①自分よりも目下(めした:地位・階級・年齢などが下)の人をおもしろ半分にもてあそび、苦しめる。 ②からかう・ばかにして笑う、など。 ③手でおもちゃにする・触る、など。 名古屋弁の<なぶる>は、③手でおもちゃにする・触る、こちらの意味で使われます。方言での「嬲る(なぶ・る)」は、そっと触れるという優しい感じではなく、しっかりと触る、という意味です。 【名古屋弁:例】 ・なぶってみやあ<訳:触ってみなさい> ・なぶってかんよ<訳:触ってはいけません> 「嬲る」は、方言で使う場合、いじめる・ばかにする・おもしろ半分に苦しめるなどの、意地悪な感じではなく、単純に触る・触れることを意味するので「嬲る」という少々色っぽい漢字よりもひらがなのほうが、ピンとくるのではないでしょうか。

「嬲る」の読み方

「嬲る」の読み方は、音読みは<じょう>訓読みは<なぶ・る>です。常用漢字ではありません。女・男・女と書く「嫐(うわなり)」も<なぶ・る>と読みます。「嬲・嫐」どちらの漢字も少しエロティックな印象です。

歌舞伎十八番のひとつ「嫐(うわなり)」

歌舞伎十八番のひとつに、一人の男に二人の女が嫉妬でからむ<嫐(うわなり)>という、後妻(うわなり)打ちの風習を題材にしたものがあります。うわなりとは後妻を意味しますが、それが転じて嫉妬という意味に使われました。 【後妻(うわなり)打ち】 ①本妻が後妻に嫉妬して打ちたたくこと。 ②離縁になった先妻が後妻を妬み、親しい女たちと共に後妻のところへ押し寄せていき、一方で後妻も仲間を集めて応戦する、という室町時代~江戸時代初期にあった風習です。 うわなり打ちの武器は、ほうきやすりこぎなどの家庭にあるものが使用されました。「仇討ち」という個人的に復習することが認められていた時代ならではの行動といえます。しかし「仇討ち」のように重い感じではなく、女性同士の体当たりの大ゲンカといったところでしょうか。

「嬲る」の語源・成り立ちは?

【語源】 「嬲」という漢字は、中国で1700年以上前に作られた俗字(世間で用いる、正体でない字)です。<正体:俗字や略字の字体に対し、本来的で基準とされるもの> 【成り立ち】 二つ以上の漢字を組合せ、両者を合わせたものに近い意味と字形をもつ一字の漢字をつくる、という意味の<会意>からできています。 成り立ちの意味からすると、ばかにする・おもしろ半分に苦しめる、というよりも「嬲」と「嫐」どちらの意味も、からかう・もてあそぶなど男女が戯れる姿を誰もが想像するのではないでしょうか。

「嬲る」と意味が似ている言葉

「嬲る」には、似ている意味の言葉がいくつかあります。どの言葉の意味も、つらくて切ない気持ちになるものばかりです。 【小衝く(こづ・く)】 指先やげんこつなどで少し突く・肩やひじなどで少し押す・軽くたたく、など。 【いびる】 弱い立場の者を陰湿にいじめる・無理を言って困らせる、など。 【甚振る(いたぶ・る)】 ゆする・せびる・ねだる・痛めつける、など。 【虐める(いじ・める)】 弱い者を苦しめる・ことさらきびしい扱いをする、など。 【苛む(さいな・む)】 苦しめる・いじめる・厳しくとがめる、など。 【虐げる(しいた・げる)】 むごい扱いをして苦しめる・虐待する、など。

「嬲る」と意味が反対の言葉

「嬲る」の反対の言葉=対義語に直接つながる言葉はありませんが、同じ意味の言葉の「虐(しいた)げる」の反対の意味の言葉はあります。可愛(かわい)がる・慈(いつく)しむ、などが相当します。 【可愛がる(かわい・がる)】 優しく扱う・ひいきする・目をかけてやる、などの意味ですが、場合によっては全く逆の<痛い目にあわせる・手荒く扱う>という意味にも使われます。 【慈しむ(いつく・しむ)】 目下や弱い者などに愛情を注ぐ・可愛がって大事にする、などです。同じ意味・同じ漢字で(うつくしむ)とも読みます。

「嬲る」という漢字

関連タグ

アクセスランキング