IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

御意の読み方・意味と使い方・了解との違い・TVドラマのセリフ

更新日:2020年05月13日

言葉の読み方

ドラマやアニメの影響で「御意」という言葉を耳にするようになりました。「御意」はどのようなときに、どういった意味で使える言葉なのでしょう。本記事では、「御意」の意味や使い方についてご紹介します。正しい意味を理解して、使ってみましょう。

御意の読み方

「御意」とは、「ぎょい」と読みます。「御者」も「ぎゃしゃ」と読みますが、「御」の字を「ぎょ」と読む場合は、「天子・帝王に関係ある事物を表す名詞に付いて、尊敬の意を表す」場合と、「尊敬すべき人の行為や持ち物に付いて、尊敬の意を表す」場合があります。 御意の場合は、「意」に「御」が付いていることから、「尊敬すべき人の行為に付いて、尊敬の意を表す」ために、「御」が使われていることがわかります。

ぎょい

「御」は、「おん」や「お」「み」「ご」と読むこともあり、いずれの場合も、敬語として用いられます。「御意」は、「ぎょい」以外の読み方はせず、どのような場面で使われていても、かならず「ぎょい」と読みます。もっとも間違えやすいのが「ごい」です。「御」を「ぎょ」と読む熟語が少ないので、読みやすい「ご」を使って読んでしまいがちなので、気をつけましょう。

御意の意味

「御意」には、以下の意味があります。某ドラマやアニメで使われていることで、一般に広く知られる言葉になりましたが、日常的に使う言葉ではありません。時代文学によく登場する言葉です。 【御意の意味】 ・貴人や目上の人などを敬って、その考え・意向をいう語 ・お心 ・おぼしめし ・おおせ ・お指図 ・目上の人に対して同意・肯定を示す返事の言葉 ・ごもっとも ・おっしゃるとおり

貴人や目上の人などを敬って、その考え・意向をいう語

「御意」には、「貴人や目上の人などを敬って、その考え・意向をいう語」という意味があります。例えば、「社長の御意に沿って、プロジェクトを進める」という使い方ができますが、実際のビジネスの場では、使いません。 「貴人や目上の人などを」とありますが、現代では、主に「貴人」が対象となり、「天皇の御意」のように使われます。古典・近代文学の世界だと、「目上の人」に対しても使われています。

「お心」という意味

「御意」の「意」に、「考え」「意向」「意思」といった意味があることから、「意」を敬う言葉に変化させた「御意」についても、「心」や「気持ち」を示すという意味があります。この「心」や「気持ち」の意味で使われている例として、「御意に従う」「御意にかなうよう努力する」などが挙げられます。 それぞれ、簡単な言葉になおすと、「気持ちに従う」または「意向に従う」、「考えがかなうよう努力する」「意思がかなうよう努力する」と言い換えることができます。

「おぼしめし」という意味

「御意」は「おぼしめし」と言い換えることもできます。先の例を言い換えてみると、「御意に従う」は、「おぼしめしに従う」でも、同じ内容を示すことができます。「御意にかなうよう努力する」は、「おぼしめしがかなうよう努力する」と言い換えることができます。

「おおせ」という意味

「御意」は「おおせ」と言い換えることもできます。「おおせ」と言い換えられる場合というのは、「御意」が「おっしゃるとおり」「お考えのとおり」という意味で使われている場合です。時代劇などを見ていると、武士が「御意にござります」と言っているシーンがありますが、これは、「おおせのとおりでござります」とも言い換えられます。 意味をくんで、現代のわかりやすい言葉に言い換えると、「おっしゃるとおりです」と言い換えられます。

「おっしゃるとおり」という意味

「御意にござります」は、先にもご紹介したとおり、現代のわかりやすい言葉に言い換えると、「おっしゃるとおりです」とした場合と、同様の意味です。某ドラマで、上司または権力者に向かって、単に「御意」とだけいうシーンがありますが、この「御意」は、主に「おっしゃるとおりです」という意味で使われています。

初回公開日:2018年02月28日

記載されている内容は2018年02月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング