IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ブリリアント」の意味と使い方|英語/音楽・エクセレント

言葉の意味

ブリリアントの意味について解説しました。ブリリアントワン、ブリリアントカラーズ、ブリリアントデイズ...多くの使い方がありますが、基本的にプラスのイメージの言葉で、素晴らしい意味を持っています。とても素敵な言葉なのでぜひマスターしてください。

更新日時:

「ブリリアント」とは

「ブリリアント」とは

意味

ブリリアントの意味は2つあります。 1 [名詞]約3.5ポイントに相当する、欧文活字の古称。① ダイヤモンドの研磨の一法。通常五八面体にしたもの。ブリリアント-カット。② 欧文活字で、3.5ポイント程度の大きさのもの。ダイヤモンドよりも小さい。 2 [形動]光り輝くさま。明るく鮮やかなさま。また、みごとなさま。「ブリリアントな音色」「ブリリアントな才能」

英語

bril・liant(発音bríljnt)の意味は形容詞としては3つつあります。 まずは、きらきら輝く、きらめく、光沢のあるという意味があります。brightの強意語として使われず。そして、 立派な、 見事な、 華麗な、華々しいという意味もあります。例としては、brilliant achievmentといって輝かしい成果という意味で使われます。また、人・才能・考えなどが素晴らしい、目ざましいという意味もあります。〜の点で人より優れている時には He is brilliant at〜という使い方をします。 名詞としての使い方は2つあり、宝石の用語としてブリリアントカットの宝石、特にダイヤモンドの場合で使います。また、印刷業界の用語として、ブリリアント活字というものがあります。

ブリリアントの派生語

派生語としては、副詞としてbril・liant・lyと使われ、きらきらと、 輝いて、立派に、見事にという使われ方をします。また、名詞ではbril・liant・nessと書いて、きらきらと輝いているもの、ことについて表します。

対義語

対義語

「きらきらしている」という意味における対義語

ブリリアントの「きらきらしている」という意味での対義語は、「くすむ」です。 マ行五段活用です。3つの意味があります。1つめは、色としての意味の、黒ずんだ渋い色になることです。または、すすけたようなさえない色になるという意味です。くすんだ灰色という使い方をします。 2つ目は地味な様子になることです。存在としての印象を意味します。 3つ目は、生気を失うことです。もの思いに沈んだ様子を表します。

「すばらしい」という意味における対義語

いやらしいという意味は、様子・態度などが不快感を与えるさまのことです。いやらしい性格というふうに使います。 性的に露骨で不潔な感じのこと。いやらしい目つきという使い方をします。

つまらない、の意味

つまらないの意味は、おもしろくない、興味をひかないというような意味です。つまらない話、という使い方をします。面白い話ができるようになりましょう。2つ目は、大したものではないという意味です。つまらないものですが、買ってきたお土産です、というように使います。そのほか、 意味がない。ばかげている、ひきあわないというような意味もあります。

つまらない、くだらないという言葉

ブリリアントの対義語の一つである、「つまらない・くだらない」の意味についてです。「大金をはたいてつまらない(くだらない)買い物をした」「あんなつまらない(くだらない)人間とは付き合うな」など、価値のない意では相通じて用いられます。 「つまらない」は、そのものに対する評価というより、心がひかれない、楽しめないという状態を言います。「内容はよいが、つまらない映画」という使い方をします。 「くだらない」はある物の評価が低いことに重点があり、楽しさ、おもしろさとは別です。「この映画はくだらないが、おもしろい」とつまらないとは意味が異なってきます。例えば、「独りぼっちはつまらない」とは言いますが、「独りぼっちはくだらない」とはふつう言いません。

みすぼらしいの意味

みすぼらしいという意味は、見た目がが貧弱であったり、身なりが見苦しい様を言います。

ブリリアントの意味を踏まえた使い方と例文

ブリリアントスターズ・輝く

Brilliant Stars【1万枚限定生産】(DVD付)
Brilliant Stars【1万枚限定生産】(DVD付)

Brilliant stars(ブリリアントスターズ:輝く星) 星のきらきら輝くことを意味します。他にも英語では、星がキラキラ輝くことをglitter(グリッター)と表現します。 輝く星はきれいなので、口に出して言ってもとてもロマンチックなフレーズです。恋人同士が愛を語り合うのに最適な場所です。そして、自分自身のことを輝く星として意味づけましょう。周りに素敵な人がたくさん集まってくるヒントです。自分が憧れのモデルや俳優として生きていることを想像しながら日々を過ごすととても輝いた気分になることができます。その雰囲気で周りの人を幸せにしていきましょう。ブリリアントな毎日を過ごすことができます。

ブリリアントデイズ・素晴らしい

brilliant days(ブリリアントデイズ:意味は、素晴らしい日々) 映画のタイトルにもありそうな言葉です。語感で感じてください。ブリリアント、なかなかきらきら輝いているイメージではありませんか。皆さんは毎日を素晴らしい日々にしていますか。日常生活で起こること1つ1つをおもしろくとらえる、また自分の周囲の環境を自分が過ごしやすいようにカスタマイズすることが大切です。周囲をカスタマイズするという意味は、自分の発言や態度により、自分が肯定されるような自分に優しい世界を作り出すということです。もし自分が周りから陰口をたたかれようがなんとも思わないのであればかまいません。しかし、もし気持ちよく毎日を過ごしたいのならば、自分がいかに愛されるようにふるまうかで居心地の良さが変わってきます。自分の性格の特性を生かして周りの人の性格にマッチさせるように努力していきましょう。

ブリリアントカラーズ・あざやかな

brilliant colors(ブリリアントカラーズ:意味は、あざやかな色) ブリリアントカラーズ(あざやかな色)のイメージは、色味で言うと鮮明というよりはビビッドな色です。例えばショッキングピンクとかの、どぎつめの色のことをさします。東南アジアにありそうな花の色をイメージしてください。日本のはかなげな花とは少し違います。

ブリリアントに生きることとは

では人生の教訓につなげていきましょう。はかなげな生き方の人よりは鮮明なあざやかな色の花のような、自己肯定感の強い人の生き方のほうが好感度が高いです。自己肯定感が低い人は、自分のことをまずすべて認めることから始めましょう。自分は不美人だと悩む人、不美人なんです。自分がそう思ったら不美人であることには変わりありません。しかし、人が陰で言っているだけならば自分の耳に入らないので気にしないことです。そして、自分は不美人と認めた上でできる限りの努力をし、カバーするすべを身に着けましょう。 そして、「私って美人ではないから」と暗いことを言って周りの人が困らないような発言をしましょう。周りの人が困ることはあなたを扱いづらい人として認定します。認定されると、面倒くさい人と思われて仲良しポイントが減ります。自分の行きやすい環境を整えていくのであれば発言によりポイントを失う機会を減らしていきましょう。

音楽用語のブリリアントとは

音楽用語のブリリアントとは

音楽用語でも、ブリリアントの意味はやはり「輝かしくする」という意味です。楽譜にbrilliant(ブリリアント)と指示が書いてあります。作曲者または作詞者が奏者に対して「ここのパートは輝かしくブリリアントに演奏してほしい」という思いが込められています。作曲者または作詞者が意味するところで指示のとおりに演奏することで、局に込められた意図や意味ををくみ取りつつお客さんに聞かせることができます。いくら奏者の技術が素晴らしいものでも、作曲者または作詞者の意図と反しているといい音楽になりません。曲のすばらしさを伝えるためには、指示どおりの演奏を最低限こなしつつ、奏者の技術によるオリジナリティを醸し出していくことが大切です。「brilliant(ブリリアントに)」との指示であれば、華々しく大げさに演奏するのが良いでしょう。この場合、低温よりは高音での演奏が多いです。

ブリリアントとエクセレントの違い

英語では、ブリリアントもエクセレントも主にほめる時に使います。意味はどちらもほぼ同じ「すばらしい」という意味になります。しかし、ブリリアントのほうが数段上の褒めの時に使います。「Excellent(エクセレント)」といわれたら「すごい!」という意味で、「brilliant(ブリリアント)」といわれたら「すごくいいね!」という意味になります。ただし、言われている立場や状況によって変わってくるので、適宜使い分けていきましょう。

ブリリアントワンとは

ブリリアントワンとは、英語で「brilliant one」と書きます。oneは1ではなく、everyoneと同じく人を指す言葉です。素晴らしい人、という意味です。

ブリリアントという言葉

ブリリアントという言葉の定義や使い方について解説してきました。ブリリアントな人生にしていけるように努力していきましょう。ブリリアントワンとなれるよう、周りの環境を自ら作り幸せに生きていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング