IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ファジー」の意味と使い方・類語と対義語・ファジー家電とは

初回公開日:2018年02月07日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「ファジーという言葉の意味と使い方・その類義語と対義語」と題して、「ファジー」という言葉の意味や用例、またさまざまな分野で扱われている「ファジー」のイメージ・認識のされ方について、多角的な見地からご紹介します。

「ファジー」の対義語とその意味

類義語があれば対義語もあるということで、「ファジー」という言葉の関連語として、その対義語も実に多く認められます。 【「ファジー」の対義語とその意味】 ・明瞭 ・正確 ・明確 ・当然 ・自明 ・くっきりとした ・言うまでもなく ・一目瞭然 ・昭々たる(しょうしょうたる:隅々まではっきりしていること) ・明白 ・クリア ・ビビッドな(鮮やかな) ・ブリリアント(鮮やかな) ・ピュア(清らかな) これらの言葉が並びますが、どの言葉の意味にも「クリア(きれい)な状態」や「はっきりしている主張や形」という意味合いが含まれます。

「ファジー」の対義語にある「明確」

「明確」の意味は「はっきりしていて正確なこと」や「どの部分を取っても形や内容がはっきりしていること」を言い、「ファジー」が持つ「曖昧」や「漠然」という意味とは正反対の意味合いを持つ言葉になります。 ・どんなときでも明確な判断ができるようにしておきましょう。 ・研究報告には明確な結論が必要です。 ・何かを始めるときには、計画を明確にしておく必要があります。 このように「成果や結果報告の際の明確さ」や「何かを始めようとするときの計画のクリア性」を言うときに用いられます。

「ファジー」の対義語にある「明瞭」

「明瞭」という言葉の意味は「明確」の意味合いとは少し違い、「複数の対象物が並んだ際に、その複数の物と物との間がはっきり見とおせること」や、「1つの物事にしてもその内容がはっきり確認できること」を言い、その物事や内容そのものの正確性を示す言葉ではありません。 ・この結論と本論の関係性をもっと明瞭にしておいて下さい。 ・あのミサイルが核ミサイルなのか普通爆弾なのか、結果を明瞭にして下さい。 ・実験の成果と計画との関連性を、さらに明瞭にしておくことで説得力が生まれます。 このように「何かと何かを重ね合わせるとき・見比べるとき」などに「その1つの物がはっきり見て確認できること」を意味します。

「ファジー」の対義語にある「タイト」

「タイト(tight)」の意味は「きつい」、「固い」、「ピッタリした」、「窮屈な」、「がっちり結ばれた」、「ぎゅっと結んだ」などと、「曖昧」や「ユルい」といった表現からは逆の意味合いを持ち、特に「何かと何かをしっかり結びつけたり、はっきりとした境界線を持つこと」を言います。 ・規則をもっとタイトに締めあげなければなりません。 ・何をするときでも方針にタイトな部分がなくては、きっとどこから綻んでしまいます。 ・もっとタイトな服装にして下さい(もっと堅実な服装にして下さい)。 このように一般的な表現においてもファッションにおいても、「ファジー」の意味が持つ「ユルい」や「漠然とした状態」からは正反対の言葉・意味合いになります。

「ファジー」の使い方とその意味

言葉を覚えるときには「使って覚える」という実践的な学習が効果的です。そのため「1つの言葉」を覚えるときにはまずその言葉の関連語を押さえておき、そのオリジナルの言葉の用例や関連語同士の使い方なども一緒に覚えてみて下さい。

ファジーな考え方

「ファジーな考え方」という表現が最近ちまたで言われますが、その意味は「柔軟な考え方」を主に指し、「あらゆる情報や他人の意見を受容できる、包容力豊かな態度」に見て取られます。 しかしこの場合でも「ファジー」の意味にある「優柔不断さ」が強く出ることがあり、「優柔不断な性格」や「天然系の人」などというように、特殊な表現に固執することも多々あります。

ファジー理論

関連タグ

アクセスランキング