IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ファジー」の意味と使い方・類語と対義語・ファジー家電とは

初回公開日:2018年02月07日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「ファジーという言葉の意味と使い方・その類義語と対義語」と題して、「ファジー」という言葉の意味や用例、またさまざまな分野で扱われている「ファジー」のイメージ・認識のされ方について、多角的な見地からご紹介します。

無造作ヘアという髪型が以前に流行しましたが、この「ファジーな髪型」もその「遊ばせる髪型」と非常によく似ていて、その髪型にさらに個性をくっつけ、なおかつラフにアレンジしたバラエティに富んだ髪型が「ファジーな髪型」と言われるようになりました。 「ファジー」の意味にはもともと「はっきりしない」、「曖昧」と言った「その主張や結果がどこにあるのかわからない」というぼやけた感じを全面に出す作用がありますので、この「ファジーな髪型」も「アピールや主張をそれほど感じさせない、ぼやけた髪型」といったイメージに落ち着きます。 特に「ファジーな感じ」を出した髪型はパーマを当て、それになおアレンジ・デザインを施した感覚がベースとなりますが、どの髪型にしても「それでいてラフで個性的な格好よさ」をサラッと引き出せる、受容力豊かな髪型として認められています。

人間の認識の曖昧な部分をコンピューターで処理する技術

人間が生来持つ「心の動き」や「考えの曖昧な部分・主張」といった内容を、コンピューターの正確性によってさらに「はっきりさせること」を目的にした、「人間とコンピューターの機能性の融合」を図ったプログラムが現代において促進されています。 たとえば「すごい」や「ウザい」や「気持ちいい」といった感情的な言葉は特定の分野においては曖昧な表現となるため、その言葉の真意に正確性を与え、さらに「言葉や記号としてはっきり識別させること」を目標にします。 この場合、「ファジー集合」や「ファジー倫理」といった、あらかじめコンピューター内にプログラムされた「人間の心情をモデル化する機能」を備えておくことで、人間が持つさまざまな感情的表現を「ある規則性」に基づいて表現するという「感情的主張への診断システム」が採られます。

「ファジー」の英訳

「ファジー」の英語圏内での意味合いには「けばだった」、「曖昧な」、「ぼやけた」、「はっきりしない」、「不明瞭な」、「やわらかい」、「綿毛状の」、「ほつれた」などと、主に「曖昧」や「漠然」を意味する内容が並びます。 英語では「1つの単語が多くの意味を複雑に持つこと」が普通に見られるため、どの言葉(単語)を覚えるときでも、1つ1つの言葉についてそれぞれの意味合いを正確に覚えておく必要があります。

「ファジー」を英語で書くと「fuzzy」

「ファジー(曖昧・ぼやけた)」を英語表記すると「fuzzy」となります。しかし英語も日本語と同じく同義語や同音異義語にはじまり、多くの類義語や対義語がありますので、その1つの言葉を覚える際に、それらの関連語も一緒に覚えておくと便利でしょう。 【「ファジー(fuzzy)」の類義語と意味】 ・woolly(羊毛状の) ・misty(ぼんやりした) ・foggy(ぼやけた) ・shadowy(ぼやけた、曖昧な) ・bleary(ぼんやりした) ・blurred(ぼやけた、不明瞭な) ・dim(薄暗い、ぼんやりした) ・vague(曖昧な) ・weak(弱々しい、曖昧な) ・fragile(壊れやすい、不確かな) これらの言葉が並びますが、どの言葉にも「曖昧」、「漠然」、「優柔」といった「fuzzy」の意味と似た意味合いが含まれます。

「ファジー」の類義語と意味

日本語と同じく外来語にも(英語圏内での)類義語がとてもたくさんありますので、1つの言葉を覚える際には、ぜひその関連語も一緒に覚えてみて下さい。 【「ファジー」の類義語と意味】 ・漠然 ・不明瞭 ・不正確 ・不明確 ・不確実 ・微かな ・ユルい ・おぼろげな ・判然としない ・もやもやとした ・悶々とした ・複雑 ・多義的な ・不明 ・不分明(ふぶんみょう:明らかでないこと) ・空漠たる(くうばくたる:捉え所がないこと) ・不得要領(ふとくようりょう:要点が見えない) これらの言葉が並びますが、どの言葉や表現にも「曖昧」や「漠然」、また「判然としない状態」という意味合いが含まれます。

「ファジー」の類義語である「漠然と」の意味

「漠然(ばくぜん)」という言葉の意味合いは「主張や感情においてとりとめがなく、その内容が曖昧なこと」を言い、この「ファジー」が持つ意味合いと照らし合わせる場合には、シックリとくる意味合い内容になります。 ・気持ちはわかるけれども、その主張内容が漠然としている。 ・心の動きが先行しすぎていて、捉え所のない主張になっています。 ・一度気持ちを落ち着けて、漠然とした計画をもう一度整理し直して下さい。 このように「何かを主張するとき」や「計画を実行しようとするとき」などに「漠然とした状態」は認められやすく、その「捉え所がない状態や主張の矛先」を指摘した上で、「ファジー(漠然)」の意味合いは使われます。

「ファジー」の類義語である「ハッキリしないこと」

要点がわからないことや、主張の矛先がはっきりしないこと、また長い文面や情報において「結論がわからないこと」を指して言われる場合に「ハッキリしない状態」が認められます。 この場合でも「ファジー」の意味合いをもって「ぼやけた感覚や状態」を意味する「ハッキリしない」という旨が伝えられ、「もう少し具体的に主張のポイントを押さえてほしい」などと指摘されることが多いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング