IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ディバインの意味・少女時代の「ディバイン」の歌詞の意味

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

ディバインとはどのような意味かご存知でしょうか。『神聖』『神の』『素晴らしい』など、宇宙や神などの神々しい領域と関係があります。こちらでは、ディバインの意味やデイバインを使った例文や語源、少女時代の「ディバイン」などの楽曲や映画などを紹介していきます。

ディバインの意味について

まず、ディバインについて見て行きます。ディバインは、英語で「divine」と表記しますが、読み方は【ディ‐ヴァ‐イン】となり、音節は【di・vine】です。意味は、『神の』『神聖な』『神性の』『神のような』『神々(こうごう)しい』、または『素晴らしい』『すてきな』という意味を持っています。 ディバインの種類は、形容詞で扱う場合もあれば、動詞で扱う場合もあります。また、名詞可算名詞となる場合もありますので、文章によってディバインの品詞の変化をすることに注意してください。

形容詞のディバイン:例文

形容詞のディバイン例文では、「Her pies were simply divine:彼女のパイはすばらしくよかった」「The bride was just divine:花嫁は本当にすてきだったわ」「the divine will:神の意志」があります。

動詞のディバイン:意味

動詞でのディバインは「divine」ですが、動詞は活用形があり変化します。現在分詞の「divining」や過去形での「divined」、 過去分詞での「divined」、三人称単数現在の「divines」です。動詞でのディバインの意味は、『占う』『予期する』『予言する』『言い当てる』という意味を持っています。 動詞のディバイン例文では、「He divined my plans:彼は私の計画を見抜いた」や「He claimed he could divine underground water:彼は、地下水を探り当てることができると主張した」があります。

可算名詞のディバイン:意味

名詞でのディバインは「divine」で、複数形は「divines」となります。音節は形容詞と同じく【di・vine】で、読み方は【ディ‐ヴァ‐イン】と読んでください。意味は、『神』『神聖』『神性』です。 名詞のディバイン例文では、「the divine strength of Achilles:アキレスの神聖な力」があります。

ディバイン『神聖』の類義語

ディバインは『神』や『神聖』『神々しい』の意味を持っていますが、『神聖』の意味を持っている「divine」の類義語の意味を集めました。神聖の意味のディバイン:divineの他には、「celestial」や「holy」、「religious」や「sacred」、「heavenly」や「 hallowed」、「godlike」や「divinity」が同様の意味を持っています。 神、神聖、神々しいといった単語には、いくつか似た意味がありますが、いずれも天上界や神聖、神の意味を持っています。例文では、「divine grace:神の恵み」「a sacred cup:神聖な杯」「sacred elephants:神聖な象」「A holy place:聖なる場所」「celestial globe:天球儀」「heavenly voice:聖なる声」がありますが、ご覧になったことがあるでしょう。

ディバインとは『神』を表す

デイバイン:divineの『神』の類義語では、「God:ゴッド」や「Jesus Christ:イエス・キリスト」は神であり、「St.Mary:聖母マリア」や「Deity:神、女神」は神の意味があります。ちなみに「godly:神を敬う、信仰深い」や「godlike:神々しい」「godhead:神格、神聖、神」「almighty:全能者、神」など、すべて神に関した意味の単語であることがわかるでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング