IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

チルアウトの意味|スラング/音楽用語・アンビエントとの違い

言葉の意味

「チルアウト」と言う言葉は、主に音楽用語として使われるほか、洋画や海外ドラマで使われているほか、日本語でもSNSを中心にしばしば聞かれる言葉です。しかし、本来どのような意味の言葉なのでしょうか。今回は、「チルアウト」と言う言葉の意味を解説します。

更新日時:

チルアウトとはどのような意味か

「チルアウト」という言葉は、日本では主に音楽用語として使われる機会が多い言葉ですが、本来はどのような意味なのでしょうか。また、音楽用語として使われる「チルアウト」は、厳密にはどのように使われるのでしょうか。 今回は、「チルアウト」という言葉の意味を解説します。

チルアウトの意味

では、「チルアウト」という言葉の意味を解説します。

chill out

「チルアウト」は、英語で「chill out」と表記され、大きく分けて二つの意味があります。 一つは、「頭を冷やす」「落ち着いて」という意味があり、もう一つは、「くつろぐ」「リラックスする」という意味があります。

頭を冷やす

「チルアウト」という言葉の「チル」は、英語で「chill(冷やす)」という意味があります。そのため、「頭を冷やす」「冷静になる」という意味になり、カッとなった人に対して「頭を冷やしなさい」となだめる時などに使われます。

落ち着く

「chill out」で「頭を冷やせ」「冷静になる」という意味で使われますが、「chill」という単語自体「冷やす」という意味を持っているので、これだけでも「落ち着け」というニュアンスで使うことができます。

くつろぐ

「chill out」という言葉は「くつろぐ」という意味でも頻繁に使われており、この場合も「chill」だけで「ゆっくりくつろいで」という意味の言葉として使うことができます。

リラックスする

「chill out」という言葉は、「リラックスする」という意味でも使われます。「relax」「take it easy」「do nothing」「be lazy」と同じ意味合いを持っているので、何もせずダラダラ過ごしている時は「Just chilling(ダラダラしているよ) 」と返すネイティブも多いです。 よく似た表現に、「chillaxin」という言葉がありますが、これは「chill」と「relaxing」が合わさったスラングで、若者を中心に使われています。

スラング

「chill out」はスラングの一つで、英語圏の若者が頻繁に使っている言葉です。スラングなので公の場では使わず、主に親しい間柄の人に対して使います。 また、日本語でも「チルする」「チルってる」のように使われることもあり、TwitterやInstagramなどのSNSでもよく使われています。

英語

「chill out」という言葉は、「頭を冷やす」「落ち着く」「リラックス」という意味の他に、「遊びに行く」という意味でも使われます。 大人数で騒ぐような遊びよりも、カフェやドライブ、ショッピングなど、明確な目的がなく、ゆっくりとした時間を楽しむような遊びを表しており、気になる人をさりげなくデートに誘う時に、「Let's chill out next weekend.(来週末遊びに行こうよ)」のように使われます。

音楽用語のチルアウトの意味

「チルアウト」という言葉は、日本語では音楽用語として使われる機会が多いです。では、音楽用語の「チルアウト」は、どのような意味があるのでしょうか。

リラクゼーショナル

「チルアウト」は電子音楽のジャンルの一つで、発祥は1990年代と言われています。 定義は明確になっていませんが、一般的には気分が落ち着くような、リラクゼーショナルな雰囲気を持つ楽曲が「チルアウト」と呼ばれています。

テクノの系譜

電子音楽やダンスミュージックが普及し始めていた1980年代に、「アンビエント」と呼ばれる新たな電子音楽のジャンルが登場します。アンビエントは、電子音楽の一つであるテクノやハウスに取り入れられ、「アンビエント・テクノ」「アンビエント・ハウス」というジャンルが生まれました。 「チルアウト」は、「アンビエント・テクノ」「アンビエント・ハウス」の流れの中で生まれたジャンルです。

比較的まったりとした楽曲

「チルアウト」という言葉は本来、「頭を冷やす」「落ち着く」「くつろぐ」という意味を持っています。音楽用語の「チルアウト」も、ダンスフロアで騒いで火照った体を落ち着かせる、といった目的で使われたことが由来となっています。 クラブには、メインのダンスフロアの他に、踊って火照った体を落ち着かせるための「チルアウト・ルーム」「チルアウト・ラウンジ」という部屋があります。この部屋には、長いすや枕が用意されており、照明も薄暗くなっていて、気分が落ち着くまったりとした音楽が流れています。 また、朝まで続くパーティーの場合、深夜の騒がしい雰囲気を落ち着かせるため、7〜8時あたりの時間帯を「チルアウト・タイム」と呼び、クールダウンの時間として落ち着いた音楽が流れます。 このチルアウト・ルームやチルアウト・タイムで流れているような音楽を総称して「チルアウト」と呼ばれるようになったと言われています。

音楽のジャンル名

「チルアウト」が音楽のジャンル名として使われるようになったのは、1990年にKLFがリリースした「Chill Out」というアルバムが由来と言われています。 KLFは、イギリス出身のビル・ドラモンドとジミー・コーティーによるテクノ・ユニットです。楽曲のクオリティはもちろん、無許可で他人の楽曲をサンプリングしたり、プロモーションのために公共の建物に落書きをしてトラブルになったりと、話題が多いことでも知られていました。 当時のダンスミュージックは、レイヴがブームになった背景もあり、一晩中大騒ぎできるような気分が盛り上がる激しい楽曲がほとんどでした。しかし、KLFの「Chill Out」は、加熱するシーンをクールダウンするような内容で、当時の音楽シーンに大きな衝撃を与えました。

曲の構成というか流れが自由で、落ち着きます。何も考えずに聞き流すくらいのがちょうどいいですね。夏にお勧めの一枚です★

ダウンテンポ

「チルアウト」と似た音楽ジャンルで、「ダウンテンポ」というものがあります。両者はゆったりとしている曲調という部分が共通しているので混同されやすいですが、ダウンテンポはビートを強調しているのが特徴です。

チルアウトとアンビエントの違い

「チルアウト」と似た音楽ジャンルに、「アンビエント」というものがあります。「チルアウト」と「アンビエント」は、どちらも「静かな電子音楽」という部分が共通しています。しかし、それぞれコンセプトと使われる目的が違うことから、明確に区別されるようになりました。 では、「チルアウト」と「アンビエント」の違いを詳しく解説します。

アンビエントとは

「アンビエント」とは、イギリスの音楽家ブライアン・イーノが提唱した音楽ジャンルです。アンビエントは英語で「環境」という意味を持っていることから、日本語では「環境音楽」と訳されることもあります。 アンビエントは、メロディーや歌詞がある既存の音楽とは違い、「空間や雰囲気を演出する」というコンセプトのもと作られた音楽を指します。このアンビエントのコンセプトをはっきりと打ち出したのが、ブライアン・イーノが1978年に発表した「Ambient1: Music For Airports」というアルバムで、実際に西ドイツの空港でインスタレーションの一環として使用されました。 ブライアン・イーノがアンビエントを音楽ジャンルの一つとして提唱した以降、「アンビエント・ハウス」「アンビエント・テクノ」など、電子音楽の一つとして発展していきます。

チルアウトとアンビエントの明確な違いはあるのか

アンビエントが「空間や雰囲気を演出する」というコンセプトのもと作られた音楽なのに対し、「チルアウト」は「火照った体を鎮める」という意味を持つ音楽です。 「チルアウト」は、ダンスフロアで動いて火照った体を鎮めるための部屋で流れている音楽を意味しており、具体的には眠りを誘うような静かな楽曲や、ダウンテンポの比較的静かな楽曲、という部分が当てはまれば、どのような楽曲もチルアウトと呼ばれています。 アンビエントは「空間や雰囲気を演出する音楽」という広義な意味を持っているのに対し、チルアウトはその中でも、「くつろぎを演出する音楽」を指しており、音楽の目的がはっきりしているという違いがあります。

チルアウトの意味を理解しておきましょう

今回は、「チルアウト」という言葉の意味を解説しました。いかがでしたでしょうか。 「チルアウト」と言う言葉は、音楽用語として使われているほか、英語圏では若者が頻繁に使うスラングです。英語の理解力の向上にもつながるので、言葉の意味を理解しておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング