IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ソースの意味や使い方|ネット/PC/IT/プログラミング/調味料

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「ソースの意味や使い方」と題して、さまざまな分野で扱われる「ソース」の意味やその用途について多角的な視点からご紹介します。「ソース」という言葉は皆さんもよく聞かれる言葉でしょうが、比較的豊富な意味合いをその範疇に持ち合わせます。

「ソース」という言葉の意味

一般に「ソース」というと2種類の意味合いを持つ言葉があり、1つは「食べ物などにかけるソース(sauce)」、2つ目は「情報の出典元やその起源(source)」を意味する言葉です。 いずれもその意味合いは全く違いますので、その文脈や内容の背景に注意しながら、その言葉の意味の区別にご注意下さい。

「ソース」という言葉の用例

先述のとおりに「ソース」という言葉には主に2種類の意味がありますので、2種類の言葉の用例としてご紹介します。 【「食べ物にかけるソース」の用例】 ・とんかつにウスターソースをかけると美味しいです。 ・食事の際にかけるソースは、西洋ではもっぱらメインの調味料とされています。 ・ソースをかけすぎると、メインディッシュそのものの味がわからなくなりますよ。 【「情報の出典元や起源を表すソース」の用例】 ・研究材料に使った情報のソースは、古代エジプト文明にありました。 ・ダイヤモンドのソースは、一見してわからない黒色の原石です。 ・この携帯電話が発信されたソース(発信源)を調べて下さい。 このように2種類の「ソース」の意味合いは全く違います。

「ソース」の英語表記と意味

「食べ物にかけるソース」の場合は「sauce」と書き、「情報源や起源を意味するソース」は「source」と書きます。 英語には同音異義語がたくさんありますので、発音が同じでも必ずその言葉の意味合いを調べるようにして下さい。言葉1つ1つの成り立ちや用例の違いに基づく形で、実際にその言葉を文章に使って覚えることで、その単語のスペルや意味合いをしっかり学ぶことができるでしょう。 実際に「書いて覚える」や「使って覚える」といった「実践的な学び方」が効果的で、英単語1つ1つには複数の意味合いが含まれる場合が多いこともあり、「自分の言葉として実用すること」が大切です。

「ソース」の英語表現と意味

単語とその意味を覚えたら、次は文章にして実際に使って覚えることが大切です。 【「ソース」の英語表現と意味】 ・This sauce was used by people when eating pork cutlet. 「このソースはとんかつを食べるときによく使われます。」 ・The specific source would be needed for saying about that. 「そのことを述べるとき、特殊なソースが必要になるだろう。」 「食べ物にかけるソース」の場合と「情報源を意味するソース」の場合の2種類の例文をあげましたが、英単語を覚えるときにはどんな例文でもよいので、自分で作った文章でその言葉を覚えることが効果的です。

ネット関連で扱われる「ソース」の意味

この場合の「ソース」は間違いなく「情報源や起源を意味するソース」で、「いま閲覧しているページのソース、つまりそのページを掲載する情報元の根拠や信頼性」を言う場合に使われる言葉です。 たとえば「現代の流行はパソコンよりもスマートフォンに傾いている」という情報掲載があった場合、そのことを裏づける「信用できる情報元」を提示してほしいとなる場合があります。この場合、その「信用できる情報元」がこの「ソース」になります。 つまりインターネットではあまりに膨大な量の情報がありふれているため、その情報の根拠や信頼性を測る必要があり、そのために扱われるのがソースになります。そのためソースが持つ意味合いは、全ての情報を確立して信用させるための重要な項目となります。

PCで扱われる「ソース」の意味

これも主に先述しました「情報の信頼性を高める場合のソース」を意味し、パソコン内ではスマートフォンやタブレットよりもデータベースや処理能力の許容量が大きいため、膨大な情報が一度に何万件もヒットする場合があります。 その際に「ソースの提示」をしっかりしていれば、それだけ多量の情報がヒットしたときでも「各情報に自分が求める正確な情報内容や情報源があるかどうか」ということが一目でわかり、情報収取にもそれなりの効率性が生まれてきます。

IT関連で扱われる「ソース」の意味

IT用語ではあらかじめ「ソース」の意味合いを決めています。多くの意味合いを持つ「ソース」の中からIT分野では主に「源、起源、情報源、発信源、出典、転送元、複製元」などの意味合いが取られ、この中でも「情報源」と「出典」、また「転送元」を意味するソースは重要視されます。 このように英語にはいろいろな意味がありますので、その分野でどの意味が採用されているのか、ということを正確に把握しておく必要があります。そしてIT分野のソースは「データソース」や「ソースファイル」といった、その「閲覧できる情報の根本的なプログラム」を意味する場合があり、これは主にプログラミングで成り立ちます。

プログラミングで成り立つ「ソース」の意味

プログラミングというのは「パソコンやスマートフォン閲覧できるWEBページの情報を、そのソースコードやネット言語によって表す作業のこと」で、インターネット上で扱われる情報プログラムを、プログラミング(編集)することによって一般的に閲覧できるようにするための作業を意味します。 このプログラミング作業で優先的に扱われるのが「情報提示の根本的な発信元であるソース」であり、このソースを編集しながら「できるだけページを理想的に仕上げるための作業」が行なわれます。

調味料に見られる「ソース」の意味

これは皆さんもよくご存知の調味料・ソースの意味で、とんかつヤキソバなどにかけ知名度の高い調味料の1つです。 ソースは最近ではたくさんの料理に使われており、「デザートにもソースをかける」などといった、面白い趣向が凝らされています。プリンにソースをかけると美味しいという声があり、またアイスクリームにもかけられる変わった美味が求められています。

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング