IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日本語でクライムと読む混同しやすい英語・意味と使い方

初回公開日:2018年02月14日

更新日:2020年05月28日

記載されている内容は2018年02月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

climb(クライム)とcrime(クライム)という読み方の似ている二つの単語を比較し、それぞれの正しい意味と使い方を説明しています。また他の単語とくっつくことで特殊な意味として使われる場合もあるので、そうした用例も紹介しています。

日本語でクライムと読む混同しやすい英語2つ

climb の意味と発音の仕方

climb は「~が登る」という意味の自動詞、「~に登る」という意味の他動詞、「登ること」という意味の名詞、など、さまざまな意味を持つ単語です。自動詞と他動詞の見分け方は、自分が動くものが自動詞、他人を動かすものが他動詞と覚えると分かりやすいでしょう。 また日本語では「クライム」と表示されますが、実際の発音記号は「kláim」となっています。

crime の意味と発音の仕方

crime は「犯罪」「罪」などの意味を持つ名詞です。こちらも日本語では「クライム」と表示されますが、実際の発音記号は「kráim」となっています。一見すると climb の発音とよく似ていますが、実は「l (エル)」ではなく「r (アール)」であるという点が違っているところです。とはいえ、日本語で発音すると2つとも「クライム」となり、そっくりです。

クライム「climb」の色々な意味

クライム「climb」の色々な意味
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

手足を使ってよじ登ること

climb(クライム) の意味のうち、一番よく使うのが「登る」という意味でしょう。この「登る」という意味は自動詞、他動詞、名詞の3つのパターンがありますので、1つずつ説明していきます。

自動詞の「登る」

climb(クライム)の自動詞の「登る」は、より詳しく言うと、「~が、手足を使って(よじ)登る」という意味になります。またこの際、登る対象ははしごや階段、坂道、山などが当てはまります。しかし自動詞として用いる場合、述語の後に目的語を置いてはいけないので注意しましょう。 またそれ以外の意味として、「抜け出る・はい出す」「(植物が)伸びる・上る」「増大する・上昇する」「出世する・昇進する」などの意味で使うこともあります。

他動詞の「登る」

climb(クライム)の他動詞の「登る」は、詳しく言うと「~に、手足を使って(よじ)登る」という意味になります。また自動詞と同じく、登る対象ははしごや階段、坂道、山などになります。しかし自動詞と違って、「~に(を)」という意味を表す目的語が必要になるので、述語のあとに目的語をつけるのを忘れないようにしましょう。 「登る」以外の意味としては、「(植物が)伸びる・上る」などの意味もあります。

名詞の「登ること」

climb(クライム)の名詞の「登ること」は、詳しく言うと「(一番上に)登ること、上がること」という意味になります。またそのほかにも「登山場所(=道)」や、量や価値の「増大・上昇」という意味で使うこともあります。

クライミング「climbing」

climbing は「登ること」という意味の名詞と、「登山の・上昇の」という意味の形容詞に分けることができます。名詞と形容詞に分けて説明していきます。

関連タグ

アクセスランキング