IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日本語でクライムと読む混同しやすい英語・意味と使い方

言葉の読み方

climb(クライム)とcrime(クライム)という読み方の似ている二つの単語を比較し、それぞれの正しい意味と使い方を説明しています。また他の単語とくっつくことで特殊な意味として使われる場合もあるので、そうした用例も紹介しています。

更新日時:

日本語でクライムと読む混同しやすい英語2つ

climb の意味と発音の仕方

climb の意味と発音の仕方

climb は「~が登る」という意味の自動詞、「~に登る」という意味の他動詞、「登ること」という意味の名詞、など、さまざまな意味を持つ単語です。自動詞と他動詞の見分け方は、自分が動くものが自動詞、他人を動かすものが他動詞と覚えると分かりやすいでしょう。 また日本語では「クライム」と表示されますが、実際の発音記号は「kláim」となっています。

crime の意味と発音の仕方

crime の意味と発音の仕方

crime は「犯罪」「罪」などの意味を持つ名詞です。こちらも日本語では「クライム」と表示されますが、実際の発音記号は「kráim」となっています。一見すると climb の発音とよく似ていますが、実は「l (エル)」ではなく「r (アール)」であるという点が違っているところです。とはいえ、日本語で発音すると2つとも「クライム」となり、そっくりです。

クライム「climb」の色々な意味

手足を使ってよじ登ること

手足を使ってよじ登ること

climb(クライム) の意味のうち、一番よく使うのが「登る」という意味でしょう。この「登る」という意味は自動詞、他動詞、名詞の3つのパターンがありますので、1つずつ説明していきます。

自動詞の「登る」

climb(クライム)の自動詞の「登る」は、より詳しく言うと、「~が、手足を使って(よじ)登る」という意味になります。またこの際、登る対象ははしごや階段、坂道、山などが当てはまります。しかし自動詞として用いる場合、述語の後に目的語を置いてはいけないので注意しましょう。 またそれ以外の意味として、「抜け出る・はい出す」「(植物が)伸びる・上る」「増大する・上昇する」「出世する・昇進する」などの意味で使うこともあります。

他動詞の「登る」

climb(クライム)の他動詞の「登る」は、詳しく言うと「~に、手足を使って(よじ)登る」という意味になります。また自動詞と同じく、登る対象ははしごや階段、坂道、山などになります。しかし自動詞と違って、「~に(を)」という意味を表す目的語が必要になるので、述語のあとに目的語をつけるのを忘れないようにしましょう。 「登る」以外の意味としては、「(植物が)伸びる・上る」などの意味もあります。

名詞の「登ること」

climb(クライム)の名詞の「登ること」は、詳しく言うと「(一番上に)登ること、上がること」という意味になります。またそのほかにも「登山場所(=道)」や、量や価値の「増大・上昇」という意味で使うこともあります。

クライミング「climbing」

climbing は「登ること」という意味の名詞と、「登山の・上昇の」という意味の形容詞に分けることができます。名詞と形容詞に分けて説明していきます。

名詞のclimbing

名詞のclimbingは詳しく言うと、「急な斜面やがけなどを登ること」という意味になります。また「登ること」以外に、「上昇すること」という意味に使うこともあります。

形容詞のclimbing

形容詞のclimbingは「よじ登る・登山用の・上昇の」などの意味になり、名詞にかけて使われます。

クライム「crime」の色々な意味

犯罪

犯罪

crime(クライム)は主に「犯罪・罪」という意味で使われることが多いです。またこの場合、集合的、概念的な「犯罪・罪」という意味になり、不可算名詞の扱いになります。(※不可算名詞とは、1つ、2つ、と数えられない名詞のことです。他には例えば「水」や「日本」などの名詞があります。)具体的には以下のように使うことができるでしょう。 There is a lot of crime in the big city.(その大きな街にはたくさんの犯罪がはびこっている。)

法律上の罪

crime(クライム)は「法律上の罪」「法律上の犯罪」という意味でも用いられます。上記の「犯罪」とほぼ意味は同じですが少し扱い方が異なります。 上記の概念的な「犯罪」が不可算名詞であったのに対し、具体的事実の「法律上の罪」や「違法行為」は、罰則されるべき具体的な罪なので、可算名詞として用いられます。用例としては以下のようなものがあります。 Shoplifting constitutes a crime.(万引きは罪である。)

悪事、愚かな行い

また、道徳的な「悪事・悪行」や「愚かな行い」という意味を持つこともあります。したがって必ずしも法律的に罰せられる「犯罪」に限らず、道徳的な「悪事」のことも示すことが可能です。この場合は一般的に可算名詞(数えられる名詞)として扱われます。以下のような用例が考えられるでしょう。 It is a crime that you go to school without brakfast.(朝ごはんを食べずに学校にいくのはよくないことだ。)

クライム「climb」の用例とその意味は?

クライム オン「climb on」の用例と意味

クライム オン「climb on」の用例と意味

climb on(クライム オン) は「~によじ登る、~の上に乗りかかる、~に覆いかぶさる、~の上にまたがる」などの意味になります。具体的な用例を挙げてみましょう。 climb on a bicycle.(自転車に乗る/またがる) climb on top of a roof.(屋根の上に登る/上がる) 少し語順を変えて以下のようなパターンもあります。 climb up on a roof.(屋根の上に登る/上がる)

ヒルクライム「hill climb」の用例と意味

hill climb(ヒルクライム) とは、自動車の登坂レースのことです。この競技は山や丘陵などの上り坂に設置されたコースを走り、タイムを競うレースとなっています。用例としては以下のように使えます。 He has a hill climb racing tomorrow.(彼は明日ヒルクライムのレースがある) また似た言葉として「hill climbing(ヒルクライミング)」がありますが、こちらは「山登り」という意味になっています。

クライム「crime」の用例とその意味は?

クライム&ペナルティの意味と用例

クライム&ペナルティの意味と用例

クライム&ペナルティとは、ファイナルファンタジー8の主人公、スコールの所持している武器の名称です。これはスコールが所持する7つの武器のうち、上から2番目に強い武器となっています。以下のように使えることができるでしょう。 手強い敵がいたので、スコールはクライム&ペナルティを使うことにした。

ホワイト オブ クライムの意味と用例

WHITE of CRIME(ホワイトオブクライム) とは名探偵コナンの主題歌のうちの1つで、LEVACYが歌っている曲です。以下のような用例で使ってみましょう。 友人の好きな曲がWHITE of CRIMEだと言っていたので聞いてみたら、私も気に入った。

クライム サスペンスの用例と意味

クライムサスペンス(crime suspense)とは、犯罪事件を主題としたスリリングな展開の物語のことです。「クライムサスペンス映画」などと言われることもあります。以下のような用例が考えられるでしょう。 妹は兄と違ってクライムサスペンスが好きではない。 また英語でも使うことができるので、英語の用例は以下のようになります。 My sister does not like crime suspense unlike her brother.

クライム映画の用例と意味

クライム映画とは犯罪を扱った映画のことであり、犯罪映画と呼ばれることもあります。用例としては以下のように使えるでしょう。 兄は昨日、父と2人でクライム映画を観に行った。

パーフェクト クライム「perfect crime」の用例と意味

perfect crime(パーフェクトクライム) は「完全犯罪」という意味です。用例としては以下のように使うことができます。 The muder case was a perfect crime.(その殺人事件は完全犯罪だった) また一方で1981年にアメリカで放映された「Perfect Crime」という題名の映画もあります。

意味を覚えて正しく使おう!

意味を覚えて正しく使おう!

climbとcrimeはどちらも「クライム」と読めるので間違えやすいですが、実は全く違う意味を持った単語です。climbは主に「登る」という意味を持ち、動詞や名詞として使うことができます。crimeは主に「犯罪」という意味を持ち、名詞として使われます。 またどちらの「クライム」も他の単語とくっつくことで特殊な用例として使われることがあるので、要チェックです。いずれにしても、間違えてしまわないようにしっかりと意味を覚えて正しく使いましょう。

関連タグ

アクセスランキング