IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バッファの意味や使い方|IT/ビジネス/ライブ/建築/エフェクター

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

「バッファ」という言葉はIT関連の話でよく登場する言葉です。なんとなく分かるけれどイマイチ意味がよくわからずに使っていませんか。今回は「バッファ」の意味や、IT関連以外ではどのような使われ方をしているかを紹介していきます。

バッファの意味は?どういう使い方?

「バッファ」という言葉は、英語のbufferを語源とする使い方が多いです。bufferは日本語に訳すと「緩衝装置」・「緩和する」という意味になります。しかし、業界によっては語源から違う場合もあるので、それぞれの業界における「バッファ」を指す意味を説明していきます。

IT関連での「バッファ」とは?

コンピュータ用語でいう「バッファ」とは、装置同士の速度の差によって生じる問題を補うために、データが抜け落ちないように一時的にデータを保存する記憶領域のことを意味しています。 たとえば、ファイルの保存などで、ハードディスクにデータを書き込む処理はCPUで処理を行うより遅いため、CPUで処理されたデータをバッファに一時保存して、ハードディスクには一時保存されたデータを参照するようにすることで、CPUの処理速度とハードディスクの書き込み時間の差を気にすることなく保存処理を行うことができます。 IT業界ではおなじみの言葉なので、コンピュータの話し以外でも使用される場合があります。その場合は「ゆとりを持つ」という意味合いで使われることが多いです。

ビジネス会話に出てくる「バッファ」とは?

IT関連以外でも、ビジネス会話で登場することが多いです。例えば、何か問題が発生した時のために、期間に余裕を持たせることを説明する際は「2、3日のバッファを取ります」と言ったような使い方をします。期間に限らず、余裕を持った人員の確保や備品の予備のことをバッファと表現することもあります。 IT関連の営業の方はもちろん、それ以外のビジネス会話でも一般的に使われる言葉になりつつあります。

ライブ会場での「バッファ」とは?

ライブ会場で関係者の方が使う「バッファ」は、大人数が前の席へ移動することを指します。大勢の人が移動する様がバッファローの移動に似ていることから命名されました。 IT関連とは語源が違うので、知らないと意味が通じないことがあります。ライブ会場でのバッファは、混乱やトラブルを招く危険行為とみなされ、ライブによっては禁止事項の一つになっています。

建築業界での「バッファ」と言えば「バッファーゾーン」

建築業界では「バッファ―ゾーン」という言葉が使用されています。これは、道路や路線からの騒音や振動、排出ガスの影響を考慮して、建築物と道路や線路の間に緑地や工作物を配置する緩衝帯の事を言います。 また、環境保全の観点から住宅地と森の間に設ける空間をバッファーゾーンと呼んでいます。森の減少に伴い、イノシシなどの害獣が畑を荒らす被害が増えています。そこで、森と畑や民家の間にバッファーゾーンを設けることで、野生動物が近づきにくくする対策がとられています。

地理情報システム(GIS)での「バッファ」とは?

地理情報システムとは、地理的位置を基準とした空間データをもとに、視覚的に表現することで、分かりゃすい図の作成や高度な分析が可能となる技術の事をいいます。 この技術は、ハザードマップでの津波予想や、生物の生息圏などを表すときに使用されています。津波の到達地域を予想される津波の高さなどを色分けしている部分の事をバッファと呼んでいます。

エフェクターで使われる「バッファ」とは?

ギターを使っている人であれば、バッファといえばエフェクターを連想する人が多いです。エフェクターとは音を電気的に改変する装置の事です。 そのエフェクターの方式の一つに「バッファードバイパス」という方式があります。バイパス方式にはもう一つ「トゥルーバイパス」という方式もあり、音への影響がそれぞれ違うため、状況に応じてこの二つの方式のエフェクターを使い分けています。

ゲーム用語では「バフ」・「デバフ」になる

ゲーム用語では「バフ」という言葉が使われています。アイテムやスキルなどを使用してキャラクターの能力を上昇させ、ゲーム中で有利な状態を発生させる効果の事を指しています。この効果を味方に与えるキャラの事を「バッファー」と呼んでいるゲームもあります。 「デバフ」はその逆を意味していて、能力を抑えられること、もしくは抑えられた能力を改善させることを意味しています。「バフ」は「buff」と表記されることがありますが、英語のbuffは「淡黄色」・「磨き棒」という意味になるので意味が異なります。

次のページ:バッファの意味には違いがある!その使い分けを解説!
初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング