IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スターダムの意味|ゲーム用語/プロレス用語・使い方

言葉の意味

スターダムという言葉は今では当たり前のように使われるようになった和製英語です。しかし、和製英語として浸透しすぎた弊害で意味を間違えたまま覚えてしまう人もたびたびいます。そこで、今回はスターダムという言葉の正しい意味について回答していきます。

更新日時:

スターダムの意味

漫画や小説の一フレーズに「スターダム街道を駆け上がる」といった使い方をすることがありますが、このような使われ方をされることが多いのでこのスターダムという言葉の意味もなんとなくではありますが、理解できている人も多いでしょう。そのなんとなくを明確な物とするために、まずは意味を確認していきます。

人気スターとしての地位・座

スターダムとはわかりやすく説明すると「人気スターとしての地位・座」となります。要するにその分野においての最も人気がある存在や売れっ子と考えるとわかりやすいでしょう。「あの人はスターだ」という使われ方をするスターですが、このスターの意味がすでにわかってしまえば、特に苦労することなく意味までたどり着けます。

スターダムのダムの意味

しかし、ここで皆さんが疑問に思う部分は「スターダム」の「ダム」の部分でしょう。日本語的な解釈をすると水をためる場所と考えてしまいがちですが、実は大きく異なります。この部分を理解できれば、和製英語となっているカタカナ語の理解度も一気に高まります。

フリーダムやキングダムのダム

スターダムとは英語で記載すると「stardom」です。これは花形選手やスター選手を表す「star」に社会や地位や領域を表す「dominion」や「domestic」の「dom」がくっついた略語となります。つまり、スターとなる地位を表す言葉となっています。 これと似たような「dom」の使い方にキングダムやフリーダムという物があります。こちらも略し方は一緒であり、王様としての地位を表す言葉としてキングダムという言葉が使われるようになって、社会的な自由を表す言葉としてフリーダムという言葉が使われます。 スターという言葉の意味がわかれば、スターダムという言葉の意味もなんとなく連想できますが、ダムの部分もよく理解することができれば和製英語の意味がより深く理解できるようになります。覚えておいて損はないでしょう。

水をためるダムとはスペルが違う

スターダムのスペルは「stardom」となりますが、水をためるダムは「dam」です。スペルが異なりますので当然意味も異なります。カタカナ表記だと同じになってしまいますので、ここら辺の区別は非常に難しいでしょう。もちろん「dam」のほうの意味は日本でも使われている黒部ダムのダムと同じ「せき」となります。 これはカタカナ表記にしてしまう弊害でもありますので、勘違いしないように和製英語を調べる場合は一度英語にしてから翻訳すると、スペルの違いといった部分も理解できますし、覚えやすくもなるのでおすすめとなります。

スターダムの使い方

スターダムの使い方

スターダムの意味を理解したところで、今度は使い方についても改めて検証してきましょう。スタートしての地位や座を表す言葉であるということが理解できていれば、自然と使い方も見えてきます。

スターダムにのし上がる

映画・小説・漫画・アニメといった作品でよく使われる言葉がこの「スターダムにのし上がる」という言葉です。現実社会でこの言葉を使う人はごく少数ですが、どん底からのスタートで頂上を目指すというお話では高頻度でこのように使われます。 一昔前から和製英語となっており、カタカナ語のような状態になっていたとしても普通の漢字やひらがな交じりの言葉を使うよりは見栄え的にもよろしいという部分が大きいのでしょう。

一躍スターダムにのぼりつめる

「一躍スターダムにのぼりつめる」という言葉はニュアンス的には先ほど紹介した「スターダムにのし上がる」に近い物がありますので、同じような感覚や意味で使われる言葉となっています。 これが過去形の「一躍スターダムにのぼりつめた」となると、一躍時の人となった人物にスポットライトを当ててお話をしている最中となるでしょう。その後のセリフに「しかし」や「だが」といった逆接を表す接続語がくっつくと、一躍スターダムにのぼりつめた人に何かがあったことがよくわかります。 スターダムという言葉はスターという地位にたどり着いた人に与えられる称号のような意味合いも非常に強いので、物語のキーパーソンを強調する言葉としても使われることが多く、映画・小説・漫画・アニメの分野ではかなりお世話になる言葉となってきます。

スターダムに押し上げる

スターダムという言葉を使って他の人を然るべき地位にのし上げたい場合は「おれがおまえをスターダムに押し上げる」といった使い方をします。いわゆる、自分がのし上がるのではなく他の人の地位をスターの位置に格上げさせたい場合はこのような使い方となってきます。 意味を理解することで何を言いたいのかがよくわかってくる言葉なので、何気ないカタカナ語でも意味を調べるようにしましょう。

ゲーム用語のスターダムとは何を意味するのか

そんなスターダムの意味や意味を理解した上での使い勝手の良さは漫画や小説以外にもゲームが含まれております。スターとしての地位という意味はゲーム的にも用いやすいため、ゲーム好きの方も意味から覚えておきましょう。

「プロ野球スピリッツシリーズ」のゲームモードの一つ

日本において大人気のスポーツとなっている野球を題材にしたゲームである「プロ野球スピリッツシリーズ」に、「スターダム」というゲームモードがあります。このモードはスター選手という地位にたどり着けるような選手を作って育てていく育成モードであり、人気のゲームモードの一つとなっていました。

パワプロにおけるマイライフのようなモード

わかりにくいと感じる人が多いと困りますので、もっと砕けた言い方をしてしまうと日本の大人気や九ゲームのパワプロにあるマイライフに限りなく近いモードです。サクセスの場合はプロになる前のお話なので多少異なります。こちらは、プロ野球選手でありながら、スター選手になるために努力するモードなので、近いのはマイライフでしょう。 マイライフの場合はサクセスで作成したものすごい能力を持っている選手をマイライフの操作キャラクターとして選べてしまいますが、そちらからキャラクターを持ってくるのではなく、あくまでマイライフでサクセス選手を選ばずに最初から育成していくモードと考えればわかりやすくなります。

プロレス用語のスターダムとは何か

ちなみに、そんなスターダムという言葉はプロレスの用語にもなっているので、プロレス好きの場合は敏感に反応するワードにもなっています。では、プロレス業界におけるスターダムの意味はいったいどのようなものになるのでしょうか。確認して行きましょう。

日本の女子プロレス団体の名称

いわゆる、日本の女子プロレス団体の名称です。2010年11月2日設立したばかりなので、まだまだ新しい部類に入りますが、それでも精力的に活動を続けていたのでかなりの固定客をつかんでおり知名度は高めです。 団体名の由来もシンプルで、代表取締役であるロッシー小川さんがスターダムにのし上がる選手をどんどん排出したいというものになります。プロレス業界というのは栄枯盛衰がかなり激しく、イベントや興行に失敗し続けてしまうと瞬く間に消滅してしまいますので、相当気合いが入っている様子が見て取れます。

スターダムの意味はかなりシンプル

今回ご紹介したスターダムという言葉はかなりシンプルであり、特に間違えて覚える要素の少ない言葉となっています。コンピュータ用語といった専門的な知識は不要な言葉なので、日常会話においても当たり前のように使うことができると言えるでしょう。 ただし、大きすぎる夢を持つことが少なくなってしまった現代人は「スターダムに上りつめる」と考えて生きている人はごく少数になり、それらの輝きを架空の世界に求めるようになってしまいました。スターダムを目指して努力し続ける人が発するその輝く姿こそが美しい形ではありますが、苦難だらけなのは確かですので、己ができる範疇で少しずつのし上がっていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング