IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

形態の読み方/意味/英語表記/類語・心理学における形態の意味

初回公開日:2018年02月07日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

皆さんこんにちは、今回は「形態の読み方や意味、その英語表記と類義語」と題して、「形態」という言葉の意味合いやその用例について多角的な視点からご紹介します。「形態」という言葉は日常用語でも使われますが、その深い意味には魅力的な内容が隠されています。

「形態」という言葉の読み方

「形態」は「けいたい」と読みます。文章やその内容によっては「かたち」をはじめ筆者の意図した読み方で読ませる場合もありますが、まずは一般的に多く使われている読み方を覚えてかまいません。 日本語には「当て字」という「1つの言葉の本来の読み方から違った読み方をさせる方法」もあり、その当て字は簡単な言葉なら簡単な言葉ほど、採用される確率が上がります。

「形態」の一般的な読み方は」「けいたい」

当て字というのは「その言葉の本来の読み方を別の読み方(主に筆者の意図した読ませ方)をもって読ませる」という、一風変わった表現を意味します。 この「形態」という言葉にもそれなりに多く当て字が当てられており、作品や記事によっては「けいたい」とは違った、別の読み方をする場合があります。 【「形態」の読み方一覧】 1.「えたい」 2.「けいたい」 3.「かたち」 4.「かっこう」 5.「からだ」 6.「なり」 7.「モルフェ」 1番から7番までの番号を振り付けたのは、これは「読まれやすい順番を昇順に示した内容」を意味します。「えたい」という読み方はあまりされませんが、豊島与志雄さんという人(1890年-1955年)が使い始めてから、特定の分野では多く使われるようになりました。また「モルフェ」は「メタモルフォーゼ(変貌)」を意味します。

「形態」という言葉の意味

「形態」の意味には実に多くの分野でさまざまな意味合いがあり、それぞれの分野の特定の用途によって、いろいろな意味が持たされています。多くは「かたち」や「そのもののあり方」を意味しますが、中には「フォーマット」を意味する場合や、「既定」を意味することもあります。 後述しますが、「形態」の意味合いを把握する場合は「ゲシュタルト」という、ドイツの心理学者によって提唱された「全体的把握から見る形」と「部分的な形の形成」について言われる場合が多く、このゲシュタルト心理学に基づいた「形成」の意味合いをまず把握しておくことも大切でしょう。 「かたち」と言えば単純に「いま現実に見えるものの形やあり方」をそのまま意味することが多いですが、「その見えている形を部分的に形成している素材は何か」という点に注目する場合、また違った意味や側面的観測が生まれてきます。

生物や機構などの組織を外から見たかたちやありさま

先述の「形態」の説明の続きのようになりますが、「生物を含む物体は、観測上、見える形の物と見えない部分の形」とがあり、「見えない部分の形」というのは主に「肉眼では識別できない、科学的観測によって得られる観測記録やその情報」を意味します。 単純に言えば、人や動物の体というものは、表皮をはじめ姿形として見える状態にありますが、その姿形を繕っている物は細胞であり、その細胞を形作っている物は皮下組織の生命活動となります。 この生命活動(自律神経の働きや血流など)を、どのようにして「見える形の物体」として捉えるかという点に、この「生物や機構などの観測的な捉え方への根本的理念」が芽生えます。

「形態」の英語表記と意味

「形態」を意味する英語表記(英単語)はいくらでもあります。簡単な意味の言葉ほど実に多くの表記法・表現法が用意されており、この「形態」という言葉にもかなり多くの表記法があります。そのうちの主流に使われるいくつかをご紹介します。 【「形態」の英語表記と意味】 ・form(形、形体) ・format(形式、形、既定の形) ・math(形式) ・expression(形式、方程式) ・formality(形式) ・shape(形、姿形) ・type(典型) ・figure(目鼻立ち、形状) ・pattern(方式) ・body(体の形) ・object(対象、体裁) ・substance(主体、形) ・organism(形) ・method(方式) ・condition(形態) 他にもいくらでもありますが、だいたいこれらの言葉が「形態・形」を意味する主流の言葉として認められます。

最も多く使われる「形態」の英単語「form」の意味

「形態」の意味を示す単語として最も多く使われるのはこの「form」で、この「form」から派生する形で「format(形)」や「formality(形式)」などと、それぞれの文脈や内容の背景に適した形に分けられて使われます。 特に「shape(形、姿形)」の意味合いと少し区別して使われる場合があり、「form」の意味は主に「人だけではなく物体や動物、また体制などの形についても意味する言葉」なのでごく一般的に使われますが、「shape」の意味には主に「人体に関する姿形」が基本的な意味合いにあり、その辺りで区別されることが多いです。

「形態」の類義語とその意味

関連タグ

アクセスランキング