IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

啓示の読み方/意味/類語/英語表記・キリスト教における意味

言葉の読み方

皆さんこんにちは、今回は「啓示の読み方や意味、その類義語や用例」と題し、「啓示」という言葉がどのように使われ、また現代ではどのように認識されているかについてご紹介します。あまり聞き慣れない「啓示」の意味をぜひ知りたいと言う人はご参照下さい。

更新日時:

「啓示」の読み方

「啓示」の読み方

日本語にはむずかしい漢字や意味のわかりにくい言葉があり、それぞれの漢字や言葉を正確に理解し覚えるためには、やはり実際に使って書いて覚えることが効果的でしょう。 この「啓示」という言葉も日常用語としては「むずかしい言葉」の部類に含まれます。そのため、この「啓示」という言葉を覚える際でもその意味や用例を辞書などで調べ、実践的に使っていって覚える必要があります。

「啓示」の読み方(その1)「けいじ」

「啓示」の読み方(その1)「けいじ」

「啓示」の読み方はまず「けいじ」となります。漢字ですのでともに音読みとなり、「啓」と「示」という字が持つそれぞれの意味合いを持ち合わせた言葉となります。

「啓示」の読み方(その2)「しめし」

「啓示」の読み方(その2)「しめし」

「啓示」の2つ目の読み方として「しめし」があり、これは半ば「当て字」のように扱われますので、基本的な読み方としては「けいじ」でかまいません。 この「しめし」という当て字的な読み方の他にも「さとし」や「けいし」、また「しるし」や「みさとし」などがあり、さらに超訳的な読み方には「アポカリプス」や「レヴェラシオン」、また「ヒント」などがあります。 どれも「啓示」の意味合いを拾った上での読み方になり、「隠された教え」が明らかになったことを暗示するように言われます。

「啓示」という言葉の意味

「啓示」という言葉の意味

「啓示」の意味は「諭し示すこと」を言い、特に宗教用語として用いられます。主にキリスト教で扱われる場合が多く、「人の知恵や認識ではわからない、神により指示される内容」を意味合いに持つ場合が多いです。 キリスト教で扱われていたこの「啓示」の意味を踏まえ、現代ではさらにさまざまな宗教分野において使用され、その際でも「教え諭されること」という基本的な意味が主流にあり、「神仏の力によって人が教えられること」や「何らかの英知やヒントを与えられること」を言います。

「啓示」の意味にある「さし示すこと」

「啓示」の意味にある「さし示すこと」

先述でお伝えしたように「啓示」のメインの意味は「教え諭すこと・諭されること」にあり、その「教える側は人智を超えた存在、つまり神仏」である場合が多く、その神仏による霊的な力によって「特定の内容や未来のできごとなどを現行において教えられること」を直接指します。

キリスト教における啓示の意味

キリスト教における啓示の意味

キリスト教で言われる「啓示」の意味合いには、「人の存在を大きく見守る存在(神)の力によって神との交わりが示され、その交わり(交流)において神の恩寵を受ける形をもって、神からの恩恵を受けること、あるいは未来のできごとへの預言などを受け取ること」があります。 さらにこの場合の「啓示」の意味には、「神の力によって救われる」という信仰をベースにした理解があるため、特にクリスチャンにとって「啓示」の意味は「喜ばしいこと」や「神から得られる何らかの贈り物」といった認識のされ方が一般的です。

「啓示」の意味にある「人知では分からないことを神が現し示すこと」

「啓示」の意味にある「人知では分からないことを神が現し示すこと」

先述の「啓示」の意味合いになりますが、これもキリスト教における信仰がなせる業として理解され、救われることを前提にした神による恩恵の意味合いが非常に強いことがうかがえます。 特にキリスト教ではこの「啓示」のことを「しるし(サイン)」や「預言にまつわる神の言葉」として理解されており、いわゆる聖書に見られる奇跡や、人の世界で言われる超常現象などを連想させる「人知を超えたできごとやその流れ」を指して言う場合が多いです。

「啓示」の英語表記とその意味

「啓示」の英語表記とその意味

この「啓示」を英語表記するときには、やはりキリスト教用語に見られる(ラテン語で書かれた内容や英語に翻訳された表記)から取られる場合がほとんどで、現代においては従来に使われていた英単語に加えていろいろな表記法で表現されています。 【「啓示」の英語表記とその意味】 ・revelation(啓示) ・apocalypse(啓示) ・exposure(暴露) ・disclosure(暴露) ・showing(発現) ・discovery(発現、発見) ・divul(発言) ・divine oracle(天啓) ・oracle(お告げ) ・inspiration(お告げ) これらの言葉が並びますが、どの言葉にも「天から与えられた恩恵」や「神からの諭し」という意味合いが含まれます。

「revelation」が示す「啓示」の意味

「revelation」が示す「啓示」の意味

「啓示」という言葉を英語に翻訳する際にはこの「revelation」という単語が最もよく使われます。この「revelation」の意味には「啓示」をはじめ「発現」や「天啓」、また「お告げ」や「暴露」などの全ての意味合いがあるため、「啓示」が持つ意味合いを包容する際に最も大きな許容範囲を示す言葉になるからです。 ・The revelation relating to divine should be shown human being. 「神聖にまつわる啓示というものは、必ず人の未来を示す結果となる。」 ・Human needs are shown in the God’s revelation when living. 「生きること、それこそが神による啓示に満たされたしるしだろう。」 このように引用・活用されます。

「啓示」の類義語とその意味

「啓示」の類義語とその意味

日本語の多くにはそれぞれに類義語や対義語があり、それぞれの意味や用途を正確に覚えておくことは「その1つの言葉」を学習する際に最も効果的な勉強法になります。 この「啓示」という言葉にも多くの類義語とその意味があり、それぞれの言葉の意味合いには必ず「人智を超えた神によるお告げ」という意味や「天から与えられた使命」といった超常現象的な内容が含まれます。

「啓示」の類義語にある「神託」の意味

「啓示」の類義語にある「神託」の意味

「神託(しんたく)」という言葉の意味は「神によるお告げ」を言い、人の心に直接働きかける神のお告げである場合や、人の周りにあるさまざまな道具によって伝えられる場合とがあります。 日本の神道などにおいてもこの「神託」の意味は古くから用いられており、巫女をとおして得られる神仏からのお告げや、また魔除けや降霊術に使われる道具などといった「物を介して与えられる神託(お告げ)」を指す場合もあります。

「啓示」の類義語にある「神のお告げ」の意味

「啓示」の類義語にある「神のお告げ」の意味

「啓示」の意味合いにある「神のお告げ」を言う場合には、非常に多くの分野においてその意味が扱われてきた歴史を見る必要があり、全世界の人の歴史において問われてきた「神と人との交流」において言えば、その間で交わされる対話などは全て、この「神のお告げ」にまつわる意味合いが認められます。 「神のお告げ」という言葉の意味は「人知を超えた存在から与えられる言葉であれば何でも含まれる」という側面を持つため、「どれが神のお告げか」という識別をする際にはそのときどきでの人の主観によるバラつきも見られ、その定義をはっきりさせることはかなりむずかしくなります。

「啓示」の類義語にある「天のお告げ」の意味

「啓示」の類義語にある「天のお告げ」の意味

この「天のお告げ」の意味を考慮する場合も「神のお告げ」と似た側面を持ち、「どのことが天のお告げになるのか」という疑問を掲げる場合、その内容をはっきりと示せる指標や基準は「ない」と言って過言ではありません。 よく「奇跡」という言葉で代用されるできごとですが、これも「そう言う人の主観や感情のあり方によって変わる内容」であるため、「天のお告げ」の定義を決めることは甚だむずかしいことになります。 この「天のお告げ」という言い方は主にアジア諸国で用いられた表現であり、西洋をはじめ多くのキリスト教圏内においては「天のお告げ」と言うよりも直接的に「神のお告げ」と言われる場合がほとんどです。 これは「天」という言葉がはっきり神を指す内容に映らず、一神教を主流とするキリスト教からすれば「神の存在をあいまいにする恐れがあること」から生まれた習慣によります。

「啓示」の意味にある「天の導き」

「啓示」の意味にある「天の導き」

「天の導き」というこの言葉の意味合いにも「人知や想像を超えた超自然的なことがら」を意味する内容があり、その啓示によって「その後の人の生活のあり方や人生そのものが左右されるという、とても大きな転機を迎えさせる一大事」を指す場合に使われることが多いです。 ・この会社に就職できたことは、おそらく天のお導きに違いない。 ・あのときに彼と出会えたことは、今の状況を考える限り「天のお導き」と言えます。 ・天のお導きがあったればこそ、いま彼らはこのように生きていられる。 このように「天のお導き」の意味合いは使われ、特に過去と現在、あるいは未来を予測する上で、「この転機(こと)があったからこそ、次に起こったこの事変に結びついている」といった、時間を超えた物差しをもってその意味が語られます。

「啓示」の意味にある「オラクル」

「啓示」の意味にある「オラクル」

「オラクル(oracle)」の意味は「神のお告げ」、「神託」、「託宣(たくせん:神が直接的に人に語りかけること)」、「預言」、「それらの神からのお告げを受け取る人」のことを言い、この「オラクル」という言葉の意味合いにも「人知を超えた、超常現象的なできごと」という不思議が含まれます。 古代ギリシャの「オラクル(「デルポイの神託」)」が有名ですが、この「オラクル」という言葉の意味もキリスト教やユダヤ教において広く扱われています。 また現代ではIT用語としても「オラクル」という言葉が認められますが、このIT用語においても「神のお告げ」や「天からのお告げ」としての意味合いをもって「オラクル」は理解されています。

「啓示」の意味にある「諭し」

「啓示」の意味にある「諭し」

本来、「諭(さと)し」という言葉は「神のお告げ」を意味していましたが、時代の移り変わりとともに「人が人を教え諭すこと」や「理解をつけること」といった現実的な意味合いをもって使われるようになりました。 そのため「諭し」が持つ意味を現代において言えば、「説諭(せつゆ:説いて教えること)」や「わからない人に対し、そのときに必要な理解を授けること」などの「人と人の間にある行動や理解」を指す場合があります。 キリスト教での「啓示」の意味合いにある「諭し」は、「神のお告げや神託を受けた人が、そのときにはわからないことでも未来において神から教え諭されるその経過」を言う場合に使われ、特に「神による特定のサインによって救いがもたらされること」を意味します。

「啓示」の例文とその意味

「啓示」の例文とその意味

言葉は使ってこそ覚えられるので、ぜひこれを機会に「啓示」という言葉やその意味合いも、自分の言葉として実践的に覚えてみて下さい。 【「啓示」の例文とその意味】 ・クリスチャンとなり、何年も信仰生活をしているうちに、その人は神による啓示を受けられるようになりました。 ・彼はその啓示によって、初めてその悩みから解放されました。 ・彼女に訪れたあのできごとは、今から考えれば神による啓示だったに違いありません。 ・A国が抱える政治上の問題解決は、おそらく啓示(神の力)によってでしか得られないだろう。 ・彼らは40日間ずっと砂漠を旅しながら、神からの啓示を待っています。 このように「啓示」の意味は「神による人へのサイン」を念頭に置き、「その神による奇跡的なパワーが、何らのできごとや事変によって訪れる」といった超常現象的な展開を望む姿勢を作ります。

「まさに天からの啓示であった」

「まさに天からの啓示であった」

よく小説やドラマなどでも「まさに天からの啓示であった」やその意味に近いセリフがあったりしますが、この場合では「すでに特定のできごとを迎え、そのできごとによって何らかの救いや利益を受けた人が言う言葉や感情」として認められます。 しかし「神による恩恵」は「人が期待していたこと」とは別の形をしている場合があるため、この場合でも「何が天からの啓示だったのか」を問う際には「そう言う人の主観」によっていろいろと変容します。

「啓示」の意味と用法を正確に理解しましょう

「啓示」の意味と用法を正確に理解しましょう

いかがでしたか。今回は「啓示の読み方や意味、その類義語や用例」と題し、「啓示」という言葉がどのように理解され、またどの分野でどのように扱われてきたか、という内容を詳細にご紹介しました。 「啓示」という言葉そのものがあまり日常用語では認められず、そのため「言葉の正確な意味」を追求するときには「あいまいな点」が少なからず残されます。 しかし、そんなときは一般的な「啓示」の意味合いを先に理解しておき、世間で認められている「啓示の意味やその用法」をまず自分の言葉として、それから「啓示」が持つ本当の意味合いを追究していくことが順を追った手段となるでしょう。 言葉は使ってこそ覚えられますので、この「啓示」という言葉もぜひ「自分の言葉」として使い、なお「啓示」の意味合いに隠された深意を独自に知ることも面白いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング