IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職面接のスーツの選び方とマナー!色はブラックスーツが基本?

更新日:2020年08月28日

ビジネスファッション

新卒の就活や仕事の転職面接では、どんなデザインやカラーのスーツがいいのでしょうか?今回は、面接に相応しいスーツやシャツの選び方を男女別でご紹介します。また、服装のマナーや注意点も説明しているのでしっかり学んで、社会人としての常識を身に付けましょう。

さて、先ほどは夏のような熱い時期にどんな服を着ていけばいいかについて紹介してきました。 夏のような熱い時期は、クールビズを意識したようなアイテムを使うべきということがわかったかと思います。 しかし、冬は逆に防寒対策が必要になります。冬の寒さ対策は、転職活動時の悩みの一つとも言えます。その中でも特に、防寒具であるコートに関するマナーは重要です。

コートは着ても大丈夫?

では、コートは着ても大丈夫なのでしょうか? 結論から言うと、基本的にコートは着て行っても大丈夫です。男女ともに黒や紺、ベージュのトレンチコートであれば問題ないです。 コートにもいろいろな種類があるので、面接に適したコートを選びましょう。

コートのマナーは?

では、コートにはどんなマナーがあるのでしょうか? コートにもいろいろな種類がありますが、転職活動の際のは、トレンチコートです。男女ともに黒や紺、ベージュなどのシンプルなトレンチコートであれば、業種や職種を問わず、面接に着用して行っても問題ないです。チェスターコートやステンカラーコートでも問題ないでしょう。 ジャケットの袖がコートから出るのはだらしないのでそこだけ注意しましょう。

服装が自由といわれたらどうする?

では、服装が自由だといわれたらどんな服装でいけばいいのでしょうか?悩みますよね? 面接を受ける企業によっては、面接時の服装指定がなく「服装自由」や「スーツ以外の服装」と指定されていたりする時もありますよね?そんなときにはどう対応するのが良いのでしょうか? ここでは、そんなときの服装を紹介していきます。

スーツが安心

服装について、特に指定がないならば、服装自由ではありません。服装の指定がない場合も、基本的にはスーツがです。 スーツはビジネスパーソンの正装であり、スーツを着て行って失礼であることはありませんし、服装に気を取られることなく、面接に集中できます。 是非、スーツを着用しましょう。また、面接や就活、仕事の場合など時と場合によって適切なカラーやデザインを選ぶことが大切です。

服装自由だったらどうしよう?

では、服装自由なら何を着ていけばいいでしょうか? 服装自由と言われると悩んでしまいますよね?しかし、服装自由ならば、スーツNGというわけではありません。 スーツが自分の仕事服である、面接ではフォーマルな衣服を着るべきという考え・スタンスで行けば問題ないので、自信をもってスーツを着用しましょう。

スーツ以外の場合

例えば、アパレル業界は、私服のセンスを見たい、実際に働くときの服装を見たいという理由で、「スーツ以外の服装」を指定することが多いです。 また、「自社の社風や雰囲気に合うか」などの理由で、私服で面接に来ることを依頼する企業が増加しています。その際に重視すべきことは、やはり清潔感です。

服装でNGなものは?

では、服装でNGなものは何でしょうか? これまで紹介してきた服装も踏まえると、「清潔感のない」服装がNGであるといえます。「清潔感がある」とは、見た目がきれいということだけではなくて、仕事の印象にもかかわってきます。 なので、清潔感は意識するようにしましょう。

転職面接で印象の良い服装とは?

さて、これまで転職の面接での服装について紹介していきました。その中で、清潔感や派手さを持っていない点が重視されることがわかりました。 では、より転職の面接において服装の印象を高めるためにはどんな服装にすればいいでしょうか? ポイントは、服装の全体感を意識することです。髪型や、靴や鞄など、全体のトータルコーディネートも大切です。是非、確認してみてください。

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング