IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職面接のスーツの選び方とマナー!色はブラックスーツが基本?

ビジネスファッション

新卒の就活や仕事の転職面接では、どんなデザインやカラーのスーツがいいのでしょうか?今回は、面接に相応しいスーツやシャツの選び方を男女別でご紹介します。また、服装のマナーや注意点も説明しているのでしっかり学んで、社会人としての常識を身に付けましょう。

更新日時:

転職面接の服装の基本マナー

転職面接の服装の基本マナー

ビジネスの場では紺色のスーツやグレーストライプスーツを着るという人も多いですが、就職活動をする大学生や新卒の人の多くはブラックスーツを買っています。 学生や仕事で普段スーツを着ない人にとって、スーツの選び方や身だしなみはあまり馴染みがありませんが、面接を受ける上でそれ以前に気をつけるべき身だしなみのポイントがいくつかあります。 また、スーツを着ない場合でもマナーのポイントがあります。是非、押さえていきましょう。

転職面接の服装の基本マナー1:清潔感を出す

面接に限らず人と合うときに一番重要なのが、清潔感があるかどうかです。とても頭が良くて性格が良い人でも、清潔感がないとそれだけで面接官の印象が悪くなり、面接合格が難しくなります。 スーツの着こなし術も大事ですが、まずは最低限の身だしなみとして、清潔感に気をつけましょう。特に夏場は汗のかきすぎなどに気をつけましょう。 清潔感は社会人に必須のステータスです。是非、押さえていきましょう。

転職面接の服装の基本マナー2:自分にあったサイズを着る

スーツを選ぶ上で1番気をつけるべきことは、自分の体型にあった形・サイズのスーツを買うということです。これは最終面接に臨む大学生でも正社員として働いている社会人でも同じです。 どんな色のスーツを着ていても、ダボダボだとそれだけでだらしなく見えてしまいます。逆にパツパツなのも太って見えて見栄えが悪いです。 自分に合ったサイズのスーツを着こなして、自分だけのスタイルを確立しましょう。

転職面接の服装の基本マナー3:社会人としてのTPOを考える

もう一つ考えるべきことがTPOです。会社によっては服装指定がなかったり、「平服」などの曖昧な表現の服装指定をされることがあります。 スーツ・ビジネスカジュアル・私服など、企業側から指定があれば良いのですが、そうでない場合は面接に適した服装を自分で考える必要があります。 社会常識という意味で服装は面接官が見ているポイントの1つでもあるので、しっかりと考えて服装を決めましょう。

転職面接の服装の基本マナー4:ビジネスマナーを押さえている

転職面接の服装の基本マナーの4つめは、「ビジネスマナーを押さえている」です。 ビジネスマナーを押さえているかどうかは最低限のなすべきことです。なので、転職の面接では特に、ビジネスマナーを押さえているかどうかを確認しましょう。 ビジネスマナーを押さえているかどうかは、面接官の印象にもかかわってきます。是非押さえていきましょう。

転職面接の服装でリクルートスーツはあり?ビジネススーツは?

「リクルートスーツとビジネススーツは何が違うの?」と思ったこともある人は多いのではないでしょうか。実際のところ、リクルートスーツは値段が安めなだけで、それほど大きな違いはありません。 主な違いは柄や色と生地で、ビジネススーツの方が高い素材なので値段も高くなっています。しかし就活で普通のスーツを使うこともできるので、就職後にスーツで働くのであれば、無理にリクルートスーツを買う必要はありません。

リクルートスーツで働いてもいいの?

せっかくリクルートスーツを買っても入社すると使わなくなってしまいます。そのため就活用スーツで仕事をしたいという人もいます。 結論から言えばリクルートスーツで出勤しても特に問題はありません。就活スーツとされているだけで、スーツはスーツだからです。 しかしリクルートスーツが真っ黒な場合は注意が必要です。金融や外資系などの仕事はオシャレなスーツが好まれます。黒い無地のスーツは見栄えが悪いので、適さない場合もあります。

転職の面接でリクルートスーツを着てもいいの?

また、就職後にスーツを使わず、転職活動を始めるときに普通のビジネススーツを持っていないという人もいます。20代で転職する場合はリクルートスーツでも良いですが、それ以上の場合はビジネススーツを買ったほうが良いでしょう。 リクルートスーツは学生っぽく見えてしまうので、プロフェッショナル感がないと見られてしまうおそれがあります。どうしても買いたくない場合はワイシャツやネクタイの色で工夫をしましょう。

転職面接の際のメンズの服装の選び方6つ

メンズでおすすめなのは、やはりスーツです。スーツは自分の見た目をシュッとしてくれます。 メンズの面接におすすめのスーツスタイルは、ブラックスーツのセットアップスーツです。もともとブラックスーツは準礼装しても使用されている服装でフォーマルな印象を与えます。 また日本人のような明るい肌の場合、反対色であるブラックを持ってくることで顔立ちもはっきりとした印象に仕上がります。ブラックスーツに合わせるネクタイも、ネイビーやグレーなどのダーク系カラーを基調としたカラーがおすすめです。

転職面接の際のメンズの服装の選び方1:スーツの色

では、スーツはどんな色がいいのでしょうか? ビジネススーツは、流行にあまり関係のないオーソドックスなデザインで、色はブラックやネイビー、明るすぎないグレーのような落ち着いた色を選ぶといいでしょう。 業種によっても許容範囲は変わりますが、例えば、銀行や金融系、メーカー系などは誠実さを感じさせる落ち着いた色のダークスーツ、ブラックスーツがいいでしょう。

転職面接の際のメンズの服装の選び方2:柄

では、柄はあったほうがいいのでしょうか? 基本的に、スーツの柄は無地がいいですが、目立たない程度の柄であれば大丈夫です。黒の無地はリクルートスーツに多いデザインなので、黒色のスーツを選ぶ場合は同系色のストライプなど、柄が入ったものがおすすめです。 また、面接官の年代によっては「ブラックスーツ=冠婚葬祭」というイメージを持つ方もいるため、注意しましょう。

転職面接の際のメンズの服装の選び方3:スーツのボタンの数

では、面接スーツのボタンの数はどれくらいがベストなのでしょうか? ボタンの数は2つボタン、3つボタンのパターンがあります。しかし、問題はありません。どちらのスーツを選ぶ際も、しっかりとサイズが合ったものを選びましょう。 スーツのボタンは全部閉めてしまうと、座った際にお腹の部分にしわができます。一番下のボタンは外しておくのがマナーです。 その方がマナー的にも見た目としてもいいでしょう。

転職面接の際のメンズの服装の選び方4:ネクタイの色・柄

では、わかるづらいことではありますが、ネクタイの色柄はどんなものがいいでしょうか? ネクタイはスーツに合わせながらも、派手じゃない程度に明るい色のものがおすすめです。リクルートスーツの場合は、黒や紺が無断でしょう。面接や就活、仕事など場合によって選びましょう。 ネクタイは個性をアピールできますが、奇抜な色やデザインは面接の場にふさわしくありません。柄が入ったネクタイを選ぶ場合は、ストライプや小紋などのシンプルな柄を用意するようにしましょう。

転職面接の際のメンズの服装の選び方5:シャツのカラー

では、シャツのカラーはやはりシンプルに白であった方がいいのでしょうか? シャツの色は白がベストですが、薄青の色でも清潔感を演出することができます。なので、薄青色でも問題ありません。しかし、ボタンダウンはカジュアルシャツですので、面接の際に着用するのは場合によってはNGです。 クリエイティブ系職種など、自分自身をアピールする場合は、企業のカラー、雰囲気、自分のイメージに合わせて、シャツやネクタイの組み合わせでセンスを見せると良いでしょう。

転職面接の際のメンズの服装の選び方6:時計

基本的に、時計は社会人としてのステータスといいます。では、時計は面接時にあった方がいいのでしょうか? 結論からいうと、派手な装飾があったり、一目でブランドものだと分かるものは、悪目立ちするので避けましょう。なので、シンプルな装飾や色合いのものであれば問題はないです。 シンプルなものでもスタイリッシュでかっこいいデザインの腕時計はあります。

転職面接の際のレディースの服装の選び方5つ

転職面接の際のレディースの服装の選び方5つ

さて、これまで転職の面接での男性の服装について紹介していきました。男性の服装では、清潔感がとても重要であることがわかったかと思います。その傾向は、夏になればなるほどわかるようになります。 では、転職服装を女性はどうするべきなのでしょうか? 女性は、男性に比べて気にするポイントが多く、大変かと思います。それでは、転職の面接での女性の服装について紹介していきます。

転職面接の際のレディースの服装の選び方1:ジャケット

女性が転職面接に挑む際も、やはりスーツは相手に良い印象を与えることができる服装です。 スーツで面接をする場合は、黒、ネイビー、グレー系など、ダークな色味のセットアップスーツがおすすめです。男性同様、リクルートスーツは避けるべきでしょう。 柄は、基本的には無地にしましょう。しかし、派手すぎないものであれば問題はないです。

転職面接の際のレディースの服装の選び方2:インナー

では、スーツにインナーは入れたほうがいいのでしょうか? スーツのジャケットに合わせるインナーは、シャツ、ブラウス、カットソーのどれでも大丈夫です。顔の色が明るく見せるために、白などの薄い色がおすすめです。 しかし、色の組み合わせは工夫しましょう。暗めの色のスーツに白いシャツを組み合わせると、就活生感が出ます。柄は無地のほうがおすすめです。

転職面接の際のレディースの服装の選び方3:パンツスーツとスカート

スーツは、スカートでもパンツでも大丈夫です。スカートスーツは女性らしく優しい印象を与えます。 一方、パンツスーツはアクティブな印象を演出できるので、事務職はスカートスーツ、営業職はパンツスーツなど自分の状況に合わせて着こなしてみても面白いです。 足元は、ストッキングを履き、パンプスはあまりヒールの高くないものを合わせましょう。ヒールの高さは5cmくらいまでのものがおすすめです。

転職面接の際のレディースの服装の選び方4:スーツ

スーツの選び方として、まずは色が重要なポイントとなってきます。基本的にビジネスシーンでは、ブラックスーツ・ネイビー・グレーが無難だと言えます。 柄はストライプ以上の派手なものは避けましょう。ワンカラースーツであれば、さまざまなシーンで役に立つでしょう。ネクタイやシャツと合わせやすいスーツを選ぶといいです。 どんなスーツが良いのか決められないという新卒の方などは、黒のワンカラーのスーツを選びましょう。

転職面接の際のレディースの服装の選び方5:小物

転職面接を受ける際の服装の選び方として、ベルト、靴下、靴、カバンなどがあるでしょう。 ベルト、靴、カバンは基本的に黒を選ぶのが無難でしょう。靴下はスーツの色と合わせるのが良いですが、見えても清潔感のあるカラーにするといいでしょう。 カバンに関しては、書類等が入るサイズのナイロンや皮でできたものにしましょう。

転職面接の服装の注意点2つ

転職面接の服装の注意点2つ

ここからは、転職面接の服装の注意点2つについてご紹介していきます。 面接を受ける際に気になる「アクセサリー・ネイル」「香水」についてしっかりと説明します。実際に良い印象を残すためには、必要な情報なので学んでおきましょう。

転職面接の服装の注意点1:アクセサリー・ネイル

結論は、アクセサリーはつけないほうが無難です。しかし、どうしても身に着けたい場合は、ネックレスならシンプルなデザインのもの、ピアスやイヤリングは揺れないものを選びましょう。派手なものは面接には不適切な場合が多いです。 また、面接という場では長く伸びた爪やネイルアートはおすすめしません。薄いピンクなどの色にしておきましょう。

転職面接の服装の注意点2:香水

香水は、服装以上に好き嫌いが分かれるアイテムなので、できればつけないほうがいいです。 香水をつけていなくても、香水のように香る「ヘアスタイリング剤」や「柔軟剤」の香りにも要注意です。 においに敏感な人は多いですし、面接という厳格な場が比較的多い場所なので、是非確認してみてください。

転職面接での服装!女性ならではの「悩み」

転職面接での服装!女性ならではの「悩み」

さて、先ほどは女性の転職面接での服装の注意点を紹介してきました。しかし、転職面接での服装で、メイクやアクセサリーを含めて多くの注意すべきポイントがあるかと思います。 一体どんなことに注意して、転職面接に挑戦すればいいのでしょうか?ここでは、女性が「悩み」としている部分をクローズアップして、紹介していきたいと思います。 是非、押さえていきましょう。

転職面接での服装!女性ならではの「悩み」1:髪型

転職面接での服装で、女性ならではの「悩み」の1つめは、髪型です。 女性の場合、髪型やアクセサリーで何を選ぶかなど、悩みが尽きないでしょう。第一印象に大きく関係する髪型ですが、派手な髪色やまとまっていない髪は、髪に隠された表情が見えづらいと暗い印象を与えます。顔周りの髪の毛は邪魔にならないように、まとめましょう。

転職面接での服装!女性ならではの「悩み」2:髪色

転職面接での服装で、女性ならではの「悩み」の2つ目は、「髪色」です。 最近は髪を染めている人でも、派手な茶髪は減り、ダークトーンよりの茶色が主流となっています。色よりもむしろ、髪を染めることによって毛先が傷んでパサついていたり、根元が伸びて髪の形が「プリン」のようになっていたりすると、だらしなく思われます。 是非、髪の色には注意しましょう。

転職面接での服装!女性ならではの「悩み」3:メイク

転職面接での服装で、女性ならではの「悩み」の3つ目は、「メイク」です。 面接でのメイクは、きれいにする、盛るためのメイクだけではなく、活発で明るい印象をつけるためのものです。ノーメイクは、面接時のしっかりした服装に合わないです。なので、普段ノーメイクの人でも最低限のメイクはしましょう。 メイクで、自分の印象を良くしましょう。

転職面接での服装!女性ならではの「悩み」4:ネイル

転職面接での服装での女性ならではの「悩み」の4つ目は、「ネイル」です。 面接を受ける企業や職種によっては、ネイルが禁止の場合があります。それだけではなく、役員などの年配の面接官は「長い爪」や「派手な色の爪」にマイナスイメージを持つことがあります。「薄いベージュ」や「ピンク」などの薄い色で塗ることが大事です。一色塗り程度にしておきましょう。

転職面接での服装!女性ならではの「悩み」5:アクセサリー

転職面接での服装!女性ならではの「悩み」の5つめは、「アクセサリー」です。 アクセサリー類は、つけすぎたり、目立ちすぎたりしないようにしましょう。つけるにしても、結婚指輪や婚約指輪、時計のようなつけても目立たないようなアイテムをつけるようにしましょう。 メイクやネイルなども、「きちんと感や清潔感」が基本です。社員が私服など自由な服装で勤務している企業であったとしても、面接はあくまで「自分の印象」が大切になる場所です。 アクセサリーには注意しましょう。

転職の面接で夏はクールビズ?スーツじゃなきゃだめ?

転職の面接で夏はクールビズ?スーツじゃなきゃだめ?

さて、これまで転職の面接での男性の服装と女性の服装について紹介していきました。 男性の服装は、清潔感が大切になっていて、女性の場合は注意点が多く、派手すぎないような装飾品をつけることに注意する必要があることなどがわかったかと思います。 では、暑い夏や寒い冬ではどんな服装にすればいいのでしょうか? まずは、暑い夏の服装を紹介していきます。

汗だくは悪い印象に

真夏に我慢してスーツを着ながら、汗だくの状態で面接に臨むのは、清潔感がなく、かえって印象が悪くなってしまう可能性が高いです。 特に、夏の転職活動の時には、ジャケットは屋外では手で持って、面接前に着ましょう。現地に早めに着くように行動し、汗がひいてからジャケットを着用することをおすすめします。 無理にスーツを着ないようにしましょう。

夏用のスーツを使って

しかし、そうは言ってもスーツを手で持つのは大変ですよね?着用してても涼しいスーツを着用したいものです。 最近のような夏の暑さが厳しい時期は、サマースーツの生地の質や機能もアップしています。接触冷感インナーなど、体感気温を下げてくれるものも開発されているため、こうしたアイテムを上手に使うことで、夏の転職活動の苦労を和らげましょう。

暑さ対策は万全に

さて、スーツを夏のような熱い時期に切る際の注意点について紹介してきました。しかし、やはりスーツよりも何よりも注意しなければならないのは、暑さに耐えて、転職活動での面接を乗り越えることです。 なので、暑さ対策は万全にしましょう。今は、スーツやシャツを一つとっても、清涼感のある仕上がりになっているものが多いです。実際に選んで使ってみましょう。

転職の面接で冬はコートを着る?

転職の面接で冬はコートを着る?

さて、先ほどは夏のような熱い時期にどんな服を着ていけばいいかについて紹介してきました。 夏のような熱い時期は、クールビズを意識したようなアイテムを使うべきということがわかったかと思います。 しかし、冬は逆に防寒対策が必要になります。冬の寒さ対策は、転職活動時の悩みの一つとも言えます。その中でも特に、防寒具であるコートに関するマナーは重要です。

コートは着ても大丈夫?

では、コートは着ても大丈夫なのでしょうか? 結論から言うと、基本的にコートは着て行っても大丈夫です。男女ともに黒や紺、ベージュのトレンチコートであれば問題ないです。 コートにもいろいろな種類があるので、面接に適したコートを選びましょう。

コートのマナーは?

では、コートにはどんなマナーがあるのでしょうか? コートにもいろいろな種類がありますが、転職活動の際のおすすめは、トレンチコートです。男女ともに黒や紺、ベージュなどのシンプルなトレンチコートであれば、業種や職種を問わず、面接に着用して行っても問題ないです。チェスターコートやステンカラーコートでも問題ないでしょう。 ジャケットの袖がコートから出るのはだらしないのでそこだけ注意しましょう。

服装が自由といわれたらどうする?

服装が自由といわれたらどうする?

では、服装が自由だといわれたらどんな服装でいけばいいのでしょうか?悩みますよね? 面接を受ける企業によっては、面接時の服装指定がなく「服装自由」や「スーツ以外の服装」と指定されていたりする時もありますよね?そんなときにはどう対応するのが良いのでしょうか? ここでは、そんなときの服装を紹介していきます。

スーツが安心

服装について、特に指定がないならば、服装自由ではありません。服装の指定がない場合も、基本的にはスーツがおすすめです。 スーツはビジネスパーソンの正装であり、スーツを着て行って失礼であることはありませんし、服装に気を取られることなく、面接に集中できます。 是非、スーツを着用しましょう。また、面接や就活、仕事の場合など時と場合によって適切なカラーやデザインを選ぶことが大切です。

服装自由だったらどうしよう?

では、服装自由なら何を着ていけばいいでしょうか? 服装自由と言われると悩んでしまいますよね?しかし、服装自由ならば、スーツNGというわけではありません。 スーツが自分の仕事服である、面接ではフォーマルな衣服を着るべきという考え・スタンスで行けば問題ないので、自信をもってスーツを着用しましょう。

スーツ以外の場合

例えば、アパレル業界は、私服のセンスを見たい、実際に働くときの服装を見たいという理由で、「スーツ以外の服装」を指定することが多いです。 また、「自社の社風や雰囲気に合うか」などの理由で、私服で面接に来ることを依頼する企業が増加しています。その際に重視すべきことは、やはり清潔感です。

服装でNGなものは?

では、服装でNGなものは何でしょうか? これまで紹介してきた服装も踏まえると、「清潔感のない」服装がNGであるといえます。「清潔感がある」とは、見た目がきれいということだけではなくて、仕事の印象にもかかわってきます。 なので、清潔感は意識するようにしましょう。

転職面接で印象の良い服装とは?

転職面接で印象の良い服装とは?

さて、これまで転職の面接での服装について紹介していきました。その中で、清潔感や派手さを持っていない点が重視されることがわかりました。 では、より転職の面接において服装の印象を高めるためにはどんな服装にすればいいでしょうか? おすすめのポイントは、服装の全体感を意識することです。髪型や、靴や鞄など、全体のトータルコーディネートも大切です。是非、確認してみてください。

転職活動の面接で服装は大切!

転職活動の面接で服装は大切!

さて、これまで転職の面接での服装について紹介していきました。男性の服装もあれば、女性の服装もあります。それぞれで、それぞれのポイントや注意点があったかと思います。 それらを押さえていくことは、面接での評価にに繋がります。大学を卒業した新卒の方は大切な情報ばかりです。 是非、面接での服装を軽視しないで、ポイントを押さえていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング