IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職面接のスーツの選び方とマナー!色はブラックスーツが基本?

更新日:2020年08月28日

ビジネスファッション

新卒の就活や仕事の転職面接では、どんなデザインやカラーのスーツがいいのでしょうか?今回は、面接に相応しいスーツやシャツの選び方を男女別でご紹介します。また、服装のマナーや注意点も説明しているのでしっかり学んで、社会人としての常識を身に付けましょう。

転職面接の服装の基本マナー

ビジネスの場では紺色のスーツやグレーストライプスーツを着るという人も多いですが、就職活動をする大学生や新卒の人の多くはブラックスーツを買っています。 学生や仕事で普段スーツを着ない人にとって、スーツの選び方や身だしなみはあまり馴染みがありませんが、面接を受ける上でそれ以前に気をつけるべき身だしなみのポイントがいくつかあります。 また、スーツを着ない場合でもマナーのポイントがあります。是非、押さえていきましょう。

転職面接の服装の基本マナー1:清潔感を出す

面接に限らず人と合うときに一番重要なのが、清潔感があるかどうかです。とても頭が良くて性格が良い人でも、清潔感がないとそれだけで面接官の印象が悪くなり、面接合格が難しくなります。 スーツの着こなし術も大事ですが、まずは最低限の身だしなみとして、清潔感に気をつけましょう。特に夏場は汗のかきすぎなどに気をつけましょう。 清潔感は社会人に必須のステータスです。是非、押さえていきましょう。

転職面接の服装の基本マナー2:自分にあったサイズを着る

スーツを選ぶ上で1番気をつけるべきことは、自分の体型にあった形・サイズのスーツを買うということです。これは最終面接に臨む大学生でも正社員として働いている社会人でも同じです。 どんな色のスーツを着ていても、ダボダボだとそれだけでだらしなく見えてしまいます。逆にパツパツなのも太って見えて見栄えが悪いです。 自分に合ったサイズのスーツを着こなして、自分だけのスタイルを確立しましょう。

転職面接の服装の基本マナー3:社会人としてのTPOを考える

もう一つ考えるべきことがTPOです。会社によっては服装指定がなかったり、「平服」などの曖昧な表現の服装指定をされることがあります。 スーツ・ビジネスカジュアル・私服など、企業側から指定があれば良いのですが、そうでない場合は面接に適した服装を自分で考える必要があります。 社会常識という意味で服装は面接官が見ているポイントの1つでもあるので、しっかりと考えて服装を決めましょう。

転職面接の服装の基本マナー4:ビジネスマナーを押さえている

転職面接の服装の基本マナーの4つめは、「ビジネスマナーを押さえている」です。 ビジネスマナーを押さえているかどうかは最低限のなすべきことです。なので、転職の面接では特に、ビジネスマナーを押さえているかどうかを確認しましょう。 ビジネスマナーを押さえているかどうかは、面接官の印象にもかかわってきます。是非押さえていきましょう。

転職面接の服装でリクルートスーツはあり?ビジネススーツは?

「リクルートスーツとビジネススーツは何が違うの?」と思ったこともある人は多いのではないでしょうか。実際のところ、リクルートスーツは値段が安めなだけで、それほど大きな違いはありません。 主な違いは柄や色と生地で、ビジネススーツの方が高い素材なので値段も高くなっています。しかし就活で普通のスーツを使うこともできるので、就職後にスーツで働くのであれば、無理にリクルートスーツを買う必要はありません。

リクルートスーツで働いてもいいの?

せっかくリクルートスーツを買っても入社すると使わなくなってしまいます。そのため就活用スーツで仕事をしたいという人もいます。 結論から言えばリクルートスーツで出勤しても特に問題はありません。就活スーツとされているだけで、スーツはスーツだからです。 しかしリクルートスーツが真っ黒な場合は注意が必要です。金融や外資系などの仕事はオシャレなスーツが好まれます。黒い無地のスーツは見栄えが悪いので、適さない場合もあります。

転職の面接でリクルートスーツを着てもいいの?

また、就職後にスーツを使わず、転職活動を始めるときに普通のビジネススーツを持っていないという人もいます。20代で転職する場合はリクルートスーツでも良いですが、それ以上の場合はビジネススーツを買ったほうが良いでしょう。 リクルートスーツは学生っぽく見えてしまうので、プロフェッショナル感がないと見られてしまうおそれがあります。どうしても買いたくない場合はワイシャツやネクタイの色で工夫をしましょう。

転職面接の際のメンズの服装の選び方6つ

初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング