IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おすすめの塗装ブース|ガンプラ/ネロブース/自作/換気扇

趣味

個人で塗装するためには塗装ブースが必須といわれています。でも、どれがおすすめな塗装ブースかわからない人もいるのではないでしょうか。ここでおすすめの塗装ブースを商品名もあげて紹介しています。これから塗装してみたい人などは是非、購入するさいの参考にしてください。

更新日時:

塗装ブースを選ぶコツは?

まず塗装ブースとは、文字どおり塗装するための部屋の意味ですが、他にも埃が付かないように塗装ができ、乾燥もできるようになっています。事業者が使うような本当に一部屋になっているものもあれば、個人用に使えるような小型の塗装ブースも存在します。 ここでは、個人用の塗装ブースについて説明します。塗装ブースには色々な性能があり、個別にどんなことがあればおすすめか紹介していきます。

吸引力について

塗装ブースで、重要な性能の一つが吸引力にあります。塗装には、塗料やシンナーの薄め液をエアーブラシなどを使って物に色を付けていくのですが、シンナーなどはすぐに気化してしまうので、外に排出しなければなりません。塗装ブースの要でもある機能なので、自分の作業にあった性能を選ぶ必要があります。 吸引力は、ファンの種類や数によって影響がでてきます。ここでおすすめするのは、ファンが二つある「ツインファン」です。これなら吸引力も強く、缶スプレーで塗装する場合にミストが塗装ブース外に出たり、手に付いたりする前に吸引することができるので、おすすめです。 高圧力で塗装する際は、エアーブラシにコンプレッサーの力を取られて、吸引力が下がってしまう事もあります。その場合は、塗装の内容によってシロッコファンかプロペラファンを選ぶことをおすすめします。

静音性・駆動音について

駆動音はファンが回転することによって発生します。塗装ブースの外壁の素材によって、振動が強かったり、逆に振動が少なく静かなものもあります。アパートなどの壁が薄く、隣人に迷惑をかけてしまう可能性がある場合は、駆動音が静かな塗装ブースをおすすめします。

ライトのあるかないか

塗装ブースは、塗料が飛び散らないためや、吸引力を良くするために箱型になっています。箱型になっているので、室内の照明は自然と遮る形になってしまいます。塗装ブース内にライトがあれば、作業効率は格段と上がるのでおすすめです。また、一度に作業する時間が長かったり、頻繁に作業するような方にもおすすめできます。

収納できるのか?

個人で使う塗装ブースは基本的に小型な物になっています。また、個人で使うため主に自室で置くようになり、吸引力などの作業中の性能ももちろんですが、使用後の起き方も重要になってきます。おすすめの塗装ブースを折りたたむことができるタイプです。これなら場所も取らず、使用しないときに邪魔になることもなくなります。 購入する際には、折りたたんで収納できるものをおすすめします。収納することによって、小型の旅行鞄ぐらいの大きさの鞄状になる塗装ブースもあり収納するのも楽になります。

ガンプラを塗装できるおすすめの塗装ブースは?

塗装ブースを利用する主な対象は、ガンプラなどのプラスチックの玩具になります。ガンプラを塗装する際におすすめできる塗装ブースを紹介していきます。

マジカルサクションのおすすめな点

マジカルサクションのおすすめな点は、収納できるところになっています。特にワンルームで塗装ブースを利用する際に、収納できるかできないかで部屋が広く使えれるところです。奥行きが25cmほどにコンパクトになるので、スペースが確保できない方におすすめの塗装ブースになっています。 また、製造しているところが信頼できる会社であることで安心して使用することができます。「アネスト岩井」という会社で、塗装ブースの他にエアーブラシやコンプレッサーなども製造しています。

タミヤペインティングブースのおすすめできる点

タミヤペインティングブースは、マジカルサクションより大きい塗装ブースになっています。型が大きくなった分、吸引力は塗装ブースでも強い部類に入ります。吸引力が弱い塗装ブースでは、高圧力で噴射したり、缶スプレーで塗装する際には飛び散ったりしますが、この商品では全て吸引してくれるのおすすめです。 また、特別な塗装できる部屋が確保できない方や、家族や子供がいる方にもおすすめします。なぜなら、吸引力が弱かったらどうしても室内にシンナーの臭いが残ってしまいます。タミヤペインティングブースなら強い吸引力で吸い出してくれるので、健康面でも安心して使用できる塗装ブースです。

ネロブースのおすすめできる点

ネロブースの特徴は、塗装ブースが亜鉛鉄板でできているところです。外見がプロの人が使っていそうな塗装ブースになっています。もちろん外見だけじゃなく、吸引力、駆動音の静かさなど性能も高いのでおすすめできる塗装ブースです。 たいへん高性能になっているネロブースですが、店頭やネット注文は一切できず、ネロブースの公式サイトでのみ取り扱っています。このため、購入の際にはネロブースのサイトから連絡をする必要があります。

塗装ブースを自作する方法と注意点

塗装ブースは便利な商品ですが、それなりな金額が必要になってきます。そこで塗装ブースを自作することもできますが、利点もあれば欠点もあります。

自作の利点

自作する利点はもちろん、お金がかからないところです。PC用のファン・ACアダブター・段ボール・ガムテープ・熱収縮テープ・換気扇用フィルター・接着剤などの材料があれば作ることができます。

自作の欠点

自作する欠点は、まず材料があってもそれなりの知識がないと作ることはできません。また、自作するにしても手間と時間がかかります。 自作する人物の知識や手間の具合によりますが、商品である塗装ブースより全ての性能は劣ってしまいます。それによりシンナーの吸引などで、身体に影響がでてしまう可能性もあります。また、自作なので健康被害が出ても全て自己管理になります。このことから、塗装ブースを自作することはあまりおすすめできません。

自作時のおすすめの換気扇は?

換気扇の種類は大きく二種類あります。それはプロペラファンとシロッコファンです。おすすめできるファンがどちらかは一概には決めることが難しいです。それは、それぞれのファンにはメリットとデメリットがあるので、環境に適したファンを選ぶ必要があります。

プロペラファン

プロペラファンとは、台所にある換気扇ことです。これを塗装ブースに接続してダクトをとおして、屋外に排出する仕組みになっています。 プロペラファンのオススメなところは、ファンの形が大きいので、効率的に吸引・排出ができ、低コストで買えるところにあります。 しかし、ファンが大きいので場所を取られます。また、構造上どうしても大がかりな装置になります。さらに、屋外の風の影響によって、吸引力が下がってしまいます。

シロッコファン

シロッコファンとは、トイレやふろ場の天井に設置されているようなタイプの換気扇になります。 シロッコファンのおすすめなところは、プロペラファンよりも小型になっています。小さいながらに空気を送りだす力も高く、狭いダクトにも効率的に空気を排出できるところもおすすめです。また、市販されている塗装ブースにもこのシロッコファンを採用しています。 しかし、プロペラファンよりも価格が高く数万円するものもあります。プロペラファンは、確保できる場所に余裕があるが、資金に余裕がない場合におすすめでき、シロッコファンは確保できる場所が確保できないが、資金に余裕がある場合におすすめできます。

環境・作業内容によって自分にあった塗装ブースを!

市販されている塗装ブースは多数販売されています。それぞれの製品の特徴を理解して、自分にあった塗装ブースを購入することをおすすめします。 また、あまり知識もないのに自作の塗装ブースを作るのは控えましょう。シンナーは身体に毒なので、吸引しきれなく知らず知らずのうちに身体を壊す可能性もあるからです。 ただ単に楽しく・綺麗に塗装するのではなく、さらり周りの人や身体のことも気をつけて、たくさんの作品を作りましょう。

アクセスランキング