IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おすすめのサブウーファー|車用/カロッツェリア/ケーブル

車&バイク

「おすすめのサブウーファー|車用/カロッツェリア/ケーブル」と題して、「おすすめのサブウーファー」に関する詳細情報のご紹介と、そのサブウーファーを選ぶ際の興味深い情報についてご紹介します。ぜひ「お役立ち情報」としてみてください。

更新日時:

サブウーファーとは

サブウーファーというのは一般的に「ウーファー」の専属品の1つとして認められ、特に「カーステレオなどから流れる音響効果を最大限に高めるためのオプション機器類」のことを指します。 「どうせお気に入りの音楽を聴くなら最高の環境で」というテロップがよく宣伝されていますが、このサブウーファーの効果や性能というのはまさにこの「音響効果を促進させる機器類」のことを指し、おすすめのサブウーファーから従来のウーファーまで、たとえば車専門店に行けば「とてもバラエティに富んだ品ぞろえ」で陳列されています。

ウーファーとは

ウーファーというのは「低音再生を促進させるスピーカーユニット機材」の1つとして認められ、一般的に音響効果の主流を担う「高音・中音・低音」の3つの音響パートを特定のスピーカー性能によって促進させ、特に低音域をカバーする音響効果システムのことをウーファーと言います。 このウーファーの音響効果によってまず「低音の魅力」を引き出すことに成功させ、さらにその上で「超低音の音響」をウーファーとともに引き出す努力をする機材パートがこのサブウーファーとなります。このサブウーファーは別名「スーパーウーファー」と呼ばれることもあり、「ウーファーをさらに上回る低音促進機材」として認められています。 そのため、おすすめのサブウーファーを選ぶときにはまず「低音と超低音との区別がはっきりわかるウーファー類」を選ぶことが大切で、この辺りの情報を事前調査しておくとよいでしょう。

サブウーファーの効果

サブウーファーの効果を一言で表す場合、先述しましたようにまず「低音から超低音パートの音響」をしっかり響かせることができる点で、どんな音楽にしても「高音から低音までの音域」によって構成されているため、この低音をしっかり視聴者に伝えられることがさらに重要となります。 ウーファーの場合もそうですが、この低音による視聴効果をよく「重低音音響効果」というイメージ的な認識がなされ、とにかく「すべての音楽・音響の良質性は重低音の効果によって促進される」として過言ではない認識が持たれています。 この重低音パートをしっかり受け持つサブウーファーの選択がまずおすすめとして推薦され、ぜひ「おすすめのサブウーファー」を購入する場合には「低音と重低音の感覚がしっかり区別できるサブウーファー」を視聴によって選ぶことが重要です。

おすすめのサブウーファー

先述しましたように、サブウーファーを選ぶ際にはまず「重低音がしっかり効いたサブウーファーを選ぶこと」が重要で、またスピーカーユニットの組み合わせと(設置場所が車なら)車内スペースの確保がしっかりできるサブウーファーを選んでおくことが大切になります。 たいていのサブウーファーのサイズは口径が20cm以上となるため、まずそれだけのスペースを確保しておきましょう。 一般的にロックフォード製やカロッツェリアのサブウーファーはおすすめ品として有名で、「ロックフォード・フォズゲート パンチシリーズ 25cmサブウーファー」や「ロックフォード・フォズゲート パンチシリーズ 20cmサブウーファー」、また「カロッツェリア TS-W2520 25cmサブウーファーなどはハーモニクスが非常に美しいです。

おすすめのサブウーファーの取り付け方

サブウーファーの部品の一つで「ミッドバス」というものがあり、これはちょうど「サブウーファーの効果によって流れ出る音楽・音響がそのまま視聴者に伝えられる中心的な発声口」になり、このミッドバスの部分をどのように設置するかによってサブウーファーのおすすめできる取り付け方も変わってきます。 一般的にあらゆる楽器によって奏でられる音色・音域の最低音のHzは41.2Hzと言われています。この41.2Hz(あるいは40Hz程度)の音色・音域がしっかり届く(聞こえる)範囲に取り付けることがまず必須の条件となります。 複数のサブウーファーを取り付ける場合でも「すべてのウーファーから出る最低音がきちんと聞き取れる範囲内」に設置することがおすすめされ、その場合の計測器としてはたとえばギターのチューニングを合わせる際に使われるチューナーをはじめ、音域を測る機材などが使用されます。

おすすめのサブウーファーの性能

おすすめのサブウーファーを選ぶ場合は先述のように、まず「重低音をしっかり発声できるサブウーファーを選ぶこと」が必要です。そして最も大切な点は「ステレオにあるスピーカー(メインスピーカー)と同じメーカーの機種・素材を選ぶことがおすすめされ、その理由はセッティングする際にちょうどよい設定が見込まれるためです。 同じメーカーの機種・素材というのは主に「複数の機材であってもそれらを同時に使う場合を考慮し、その際に最適の組み合わせになるようあらかじめセッティングされているもの」で、その調節機能をメーカー選びによってまず選択しておき、その上でおすすめのサブウーファーを選ぶことが大切です。 そして先述のように「スペースに見合ったサブウーファー」や「デザインのよいサブウーファー」もおすすめの一品となり、これらのおすすめは個別で変わってきます。

サブウーファーの音響効果

サブウーファーの音響効果はまず「重低音」と「高音」とのハーモニクスによって認められ、これらの「高音パート」と「低音パート」の識別がはっきり付けられるサブウーファーをセレクトすることが、まずおすすめされるサブウーファーの第一条件となります。 その上で「同じメーカーの機種・素材をセレクトすること」がおすすめにあげられ、サブウーファーとステレオ(メインスピーカー)が同じメーカーの物であれば、それだけセッティングして使用する際の音響効果も抜群に上がります。 おすすめできるサブウーファーの音響効果を見分ける1つの方法として、音響測定器を使用する場合が多く、これはたとえば先述の「ギターのチューニングを合わせるときに使われるチューナー」やさまざまな特殊な音響測定装置によって聞き分けられることがあります。

サブウーファーの選び方と取付方法

サブウーファーにはミッドバスという「サブウーファーの中での中枢的な音響効果を奏でる発声口」があり、このメインスピーカーをまずどの位置にセッティングするかによって、そのサブウーファーの音響効果は大きく変わってきます。音響というのは「周辺機器などによる反射」によって変わるため、周辺の物品との調整も必要です。 この場合はまず「周辺にある物品とサブウーファー(特にメインスピーカー)との位置関係」を測定しておき、「音のはね返り」を計算に入れる上で「最適の位置にミッドバスの位置をセッティングすること」がおすすめされます。 これは素人感覚ではなかなかわかりづらい作業になるため、本格的にサブウーファーの最適のセッティング位置(取り付け位置)を測定する場合には、それなりの専門業者に依頼する方法がおすすめされることもあるでしょう。

メーカー別でおすすめな車用サブウーファー

現在では実にさまざまな車用サブウーファーが販売されています。特に車用サブウーファーでおすすめなメーカーとしてあげられるのは、「FUSION フルレンジウーファーボックス」であり、これはデザインがかなり卓越してキレイです。 また「Pioneer パワードサブウーファー」や「ケンウッド チューンアップサブウーファーシステム」などは、サブウーファーそのもののメンテナンス方法が比較的楽であり、継続して使用していく場合にはかなりおすすめの一品としてあげられます。 さらに「カロッツェリア 25cmサブウーファー TS-W2520」や「カロッツェリア TS-W2520専用エンクロージャー」の組み合わせによってもサブウーファーの性能を最大限に発揮できるセッティングが組めるため、とてもおすすめの機種・素材として認められます。

ALPINE

ALPINE(アルパイン)製のサブウーファーの特徴は何と言っても「セッティングがかなり楽」なことと、「メンテナンスが非常に優れているため、一度購入したらその後何年も使用できる」という、所有者にとってはかなり嬉しい特典が付くことでしょう。 「パワードサブウーファー 20cmシート下設置型 SWE-1080」や「パワードサブウーファー SWE-3000」などはアルパイン製のサブウーファーを購入する際に非常に売れている一品ずつで、これらのサブウーファーの魅力は上記した特典の他にも、「重低音をしっかり届けることができる性能」と、「どの位置にセッティングした場合でも一定の音響効果が得られる」といったマルチな特典が付くことでしょう。

カロッツェリア

カロッツェリア製のサブウーファーの特徴は先でも少しご紹介しましたが、「メンテナンスにおいて卓越していること」はもとより、「サブウーファーならではの高音と低音の識別がはっきりしていること」で、特にミッドバスから流れ出る音響効果の発揮性は他のどの製品に比べてもよく、「おすすめのサブウーファー」を選ぶ際には必ず筆頭にあげられます。 定価もそれほど高価ではないため、手ごろに取りそろえられる機種としても有名で、エンクロージャー、モノラルパワーアップ製品をセッティング(ひと組)にして購入する場合でも、サブウーファーの機能をしっかり保守した上で「どんな環境でもその性能をフル発揮できる」という最大の魅力が特典としておすすめできます。

クラリオン

Clarion(クラリオン)製のサブウーファーも他社に負けず劣らずの「サブウーファー機能」を取りそろえており、定価はカロッツェリアよりもさらに安価な物が多い上に、ミッドバスの性能からエンクロージャーの機種素材の卓越性まで、どれを取っても満足できる優良な製品が満載です。 つまり、一般に車用サブウーファーとして取り付ける際にはどのサブウーファー(オプション製品を含む)でもおすすめ品としてあげられ、特にクラリオン製品の特徴として言えるのは「狭い内装の車であればあるほど、そのサブウーファーの性能が発揮される」という点です。 音響効果というのは先述しましたように、周辺機器・物品による音の反射(はね返り)のためにその音質が変わって聞こえることが多々あるため、狭い車内装であれば「それらの周辺機器類」を片付けさえしておけば、さらに音響効果は発揮されます。

ケンウッド

ケンウッドは車内用電化製品としてもカロッツェリアと比肩できる大手メーカーとして認められており、サブウーファーの性能にしてもカーナビの性能にしても、どれを取っても「一流製品の宝庫」と言われるほどの良質製品を取りそろえています。 ケンウッド製のサブウーファーの特徴はまずその奇抜なデザインにあり、この他のメーカー製品にはあまり見られない「特徴的なデザイン」によって人気を呼んでいる部分もあります。サブウーファーの性能の抜群はもとより、そのデザインによって「どんな環境でも好都合なセッティング」がまずでき、それによってサブウーファーの性能も高められます。 「ピラミッド10 デュアルボックスサブウーファー」や「Kenwood 10 1300 Wサブウーハー」などは上記しましたデザインの卓越性を踏まえ、重低音をきわめて強く効かせる最良のサブウーファーとしておすすめできます。

サブウーファーにおすすめのケーブル

サブウーファーにおすすめのケーブルを検討する際には、まず「自分が所有しているサブウーファーの機種メーカーと形態」、さらに「サブウーファーをセッティングするスペース」などを考慮して選ぶことがおすすめされます。 「awei 木製 重低音サウンド カナル型イヤホン ES-Q9」や「ベーシック 2RCA-2RCA ステレオオーディオケーブル」などは、サブウーファーをセッティングする際のほとんどの状況・環境に対応できる良質なケーブルとしておすすめでき、さらにサブウーファー本機との接続状態もかなり長期間に渡って保証されるでしょう。 ケーブル選ぶのおすすめとしてあげられるのは、「実際に使用する際のメンテナンスが充実しているかどうか」と、「サブウーファーを設置している環境において実益的か」ということです。

ステレオとサブウーファーのおすすめな関係性

ステレオとサブウーファーのおすすめな関係性

ステレオとサブウーファーの関係性については先述しましたように、「同じメーカーの機種をまず用意すること」が最重要の条件となり、その上でおすすめされるサブウーファー機能やその音響効果やメンテナンスの充実に配慮することが大切です。 これはどんな電気製品にも言えることですが、一般的に電気製品というのは「同じメーカーで生産されることによって、その製造工程では複数のオプション品とセットで使用する場合のセッティング効果が考慮されている点」が認められ、これによって「同じメーカーの製品同士を使うこと」によって従来の性能が認められることになります。 このサブウーファーの場合も同じで、サブウーファーを性能を十分に発揮させるためにも同じメーカーのオプション品を使用することが最適で、それによって本来「そのサブウーファーに与えられている性能」をすべて発揮させることが可能となります。

サブウーファーの一般的なサイズ

先でご紹介しましたように、サブウーファーの基本的なサイズは「口径16cmから20cm程度」であり、これらのサブウーファーを複数取りそろえることによって、そのセッティング位置とサブウーファーの口径サイズとを合わせることが大切です。

サブウーファーの正確な情報を把握しましょう

いかがでしたか。今回は「おすすめのサブウーファー|車用/カロッツェリア/ケーブル」と題して、「おすすめのサブウーファー」に関する詳細情報のご紹介と、そのサブウーファーを選ぶ際の興味深い情報についてご紹介しました。 おすすめできるサブウーファーというのは、とにかく「自分がほしい重低音の効果」が得られることを念頭におく上で、自分が所有している車の内装にどれだけ効果的に収まるかということに配慮した上で検討されます。 店頭に並んだ製品にはさまざまな「おすすめ品とされるサブウーファー」がありますが、それらの性能や値段から検討する前に、各サブウーファーのサイズや音響効果を見積もる上で「自分の車にどれだけ効果があるか」、また部屋に設置する場合でも「周辺にある物を配慮した上での音響効果がどれだけ見込めるか」について調べることが大切です。

関連タグ

アクセスランキング