IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

サブウーファー|車用/カロッツェリア/ケーブル

更新日:2020年08月28日

車&バイク

「サブウーファー|車用/カロッツェリア/ケーブル」と題して、「サブウーファー」に関する詳細情報のご紹介と、そのサブウーファーを選ぶ際の興味深い情報についてご紹介します。ぜひ「お役立ち情報」としてみてください。

サブウーファーとは

サブウーファーというのは一般的に「ウーファー」の専属品の1つとして認められ、特に「カーステレオなどから流れる音響効果を最大限に高めるためのオプション機器類」のことを指します。 「どうせお気に入りの音楽を聴くなら最高の環境で」というテロップがよく宣伝されていますが、このサブウーファーの効果や性能というのはまさにこの「音響効果を促進させる機器類」のことを指し、サブウーファーから従来のウーファーまで、たとえば車専門店に行けば「とてもバラエティに富んだ品ぞろえ」で陳列されています。

ウーファーとは

ウーファーというのは「低音再生を促進させるスピーカーユニット機材」の1つとして認められ、一般的に音響効果の主流を担う「高音・中音・低音」の3つの音響パートを特定のスピーカー性能によって促進させ、特に低音域をカバーする音響効果システムのことをウーファーと言います。 このウーファーの音響効果によってまず「低音の魅力」を引き出すことに成功させ、さらにその上で「超低音の音響」をウーファーとともに引き出す努力をする機材パートがこのサブウーファーとなります。このサブウーファーは別名「スーパーウーファー」と呼ばれることもあり、「ウーファーをさらに上回る低音促進機材」として認められています。 そのため、サブウーファーを選ぶときにはまず「低音と超低音との区別がはっきりわかるウーファー類」を選ぶことが大切で、この辺りの情報を事前調査しておくとよいでしょう。

サブウーファーの効果

サブウーファーの効果を一言で表す場合、先述しましたようにまず「低音から超低音パートの音響」をしっかり響かせることができる点で、どんな音楽にしても「高音から低音までの音域」によって構成されているため、この低音をしっかり視聴者に伝えられることがさらに重要となります。 ウーファーの場合もそうですが、この低音による視聴効果をよく「重低音音響効果」というイメージ的な認識がなされ、とにかく「すべての音楽・音響の良質性は重低音の効果によって促進される」として過言ではない認識が持たれています。 この重低音パートをしっかり受け持つサブウーファーの選択がまずとして推薦され、ぜひ「サブウーファー」を購入する場合には「低音と重低音の感覚がしっかり区別できるサブウーファー」を視聴によって選ぶことが重要です。

サブウーファー

先述しましたように、サブウーファーを選ぶ際にはまず「重低音がしっかり効いたサブウーファーを選ぶこと」が重要で、またスピーカーユニットの組み合わせと(設置場所が車なら)車内スペースの確保がしっかりできるサブウーファーを選んでおくことが大切になります。 たいていのサブウーファーのサイズは口径が20cm以上となるため、まずそれだけのスペースを確保しておきましょう。 一般的にロックフォード製やカロッツェリアのサブウーファーは品として有名で、「ロックフォード・フォズゲート パンチシリーズ 25cmサブウーファー」や「ロックフォード・フォズゲート パンチシリーズ 20cmサブウーファー」、また「カロッツェリア TS-W2520 25cmサブウーファーなどはハーモニクスが非常に美しいです。

サブウーファーの取り付け方

サブウーファーの部品の一つで「ミッドバス」というものがあり、これはちょうど「サブウーファーの効果によって流れ出る音楽・音響がそのまま視聴者に伝えられる中心的な発声口」になり、このミッドバスの部分をどのように設置するかによってサブウーファーのできる取り付け方も変わってきます。 一般的にあらゆる楽器によって奏でられる音色・音域の最低音のHzは41.2Hzと言われています。この41.2Hz(あるいは40Hz程度)の音色・音域がしっかり届く(聞こえる)範囲に取り付けることがまず必須の条件となります。 複数のサブウーファーを取り付ける場合でも「すべてのウーファーから出る最低音がきちんと聞き取れる範囲内」に設置することがされ、その場合の計測器としてはたとえばギターのチューニングを合わせる際に使われるチューナーをはじめ、音域を測る機材などが使用されます。

サブウーファーの性能

サブウーファーを選ぶ場合は先述のように、まず「重低音をしっかり発声できるサブウーファーを選ぶこと」が必要です。そして最も大切な点は「ステレオにあるスピーカー(メインスピーカー)と同じメーカーの機種・素材を選ぶことがされ、その理由はセッティングする際にちょうどよい設定が見込まれるためです。 同じメーカーの機種・素材というのは主に「複数の機材であってもそれらを同時に使う場合を考慮し、その際に最適の組み合わせになるようあらかじめセッティングされているもの」で、その調節機能をメーカー選びによってまず選択しておき、その上でサブウーファーを選ぶことが大切です。 そして先述のように「スペースに見合ったサブウーファー」や「デザインのよいサブウーファー」も一品となり、これらのは個別で変わってきます。

サブウーファーの音響効果

次のページ:サブウーファーの選び方と取付方法
初回公開日:2018年05月15日

記載されている内容は2018年05月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング