IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

麻雀のルールとおすすめなネット麻雀|セガNET麻雀MJ/無料

趣味

麻雀で遊んでみたいという方は多いと思います。しかし、ルールが難しかったり遊ぶ場所がなかったりでなかなか麻雀に触れられないと思っている方も多いでしょう。今回は簡単に麻雀の遊び方の紹介をしたり、気軽に遊べるネット麻雀サービスを紹介していきます。ぜひご覧ください。

更新日時:

麻雀の基本的なルール

麻雀とはどういうゲームなのか

麻雀とは、基本的に4人で卓を囲って遊ぶゲームです。場合によっては3人でゲームを行う変則的なルールである「3人麻雀(通称サンマ)」というものもありますが、そちらは後ほどルールを紹介します。 麻雀は、自分が常に持っている13枚と、自分の手番で山から引いてくる1枚、もしくは相手が切った1枚を合わせた14枚のうちで定められた「役」を作り上げるというのが基本的なルールです。 また、自分の手番で牌を引いてくる動作を「ツモ(自摸)」、牌を切ることを「打牌」といい、この2つを合わせた「摸打(モウダ、モウター)」という一連の流れが自分の手番でできることになります。 この動作を4人が繰り返し、山がすべてなくなるまで、あるいは誰かが「役」を作り上げてあがるまでを「1局」、ゲーム開始から4人が1回ずつ「親」を回した時点で終わるものが「東風戦」、2巡回すのが「東南戦」となり、多くは「東南戦」で行われます。

麻雀牌の種類とゲームのあがりかた

ゲームで使われる牌の種類と枚数

麻雀では、「一萬」のような漢数字が書かれた「萬子(マンズ)」、〇の数で数字が表された「筒子(ピンズ)」、竹の柄の数で数字が表される「索子(ソーズ)」の3種類の牌が1から9まで各種4枚あり、これを「数牌(シュウパイ)」と呼びます。 また、「東」「南」「西」「北」「中」「撥」と何も描かれていない「白」という、字が書かれた牌が7種類で各4枚あり、これを「字牌(ツーパイ)」と呼びます。 基本的にはこの34種類各4枚の合計136牌でゲームが行われます。また、牌の名前は正式な名前ではなく、数牌は「すうじはい」、字牌は「じはい」と呼ばれることが多いです。 ルールによってはこの基本となる136枚の牌の他に「花牌(ファパイ)」と呼ばれる特殊な牌が入ることもあります。

ゲーム中で区別される牌の種類

麻雀というゲームで使われる牌の種類と数を紹介しましたが、ゲーム中で明確に区別されている牌とその役割を紹介します。「役」作りに関わる部分もあるので、ここではおおまかに紹介する程度に留めておきます。 まず、数牌の中で、「1」と「9」の牌は通常「端牌」と呼ばれ、字牌と合わせて「么九牌(ヤオチューパイ)」と呼ばれています。逆に、「2」から「8」までの端以外の数字は「中張牌(チュンチャンパイ)」と呼ばれています。 「么九牌」は役を作るにあたって手牌の中で絡みにくいものが多く、麻雀初心者の方は「まず字牌と端牌を捨ててから」ということをよく言われるでしょうが、これは役の多くが「中張牌」の方が構成しやすく、初心者にもアプローチしやすいことから言われています。

あがりの基本形と面子の種類

麻雀においてのあがりの形は「4面子1雀頭」と呼ばれており、手牌の14枚の中で4つの面子(メンツ)と1つの雀頭(ジャントウ)を作ることが目的になります。 面子とは、まったく同じ種類の牌が3枚セットになった状態、あるいは同じ系統(萬子や筒子)の連続した3種類の数牌のセットのことを指します。同じ牌が3枚集まった面子を「刻子(コーツ)」、連続した3枚の面子を「巡子(シュンツ)」と呼びます。 また、雀頭とは、まったく同じ種類の牌が2枚セットになった状態です。面子4つは役に絡むかどうかはありますが、基本的に巡子と刻子がどのような組み合わせで4つそろっていても問題ありませんが、雀頭は必ず1つ用意する必要があります。 あがりにおいて重要な点に「必ず1つ役を作る」こともあります。

基本的な役の紹介

ここでは麻雀をするうえでまず覚えるのをおすすめする役をいくつか紹介します。ネット麻雀でプレイする環境では自動であがりの判定をしてくれるものが多いので最初から役を覚えなくてもプレイはできますが、麻雀は役を知れば手作りを楽しむこともできるので、簡単で複数の役が絡みやすいものを紹介していきます。 ここで紹介する他にも多くの役が存在するため、どういった形を目指して手を作っていくかを考えてみましょう。

ツモ

ツモとは自分の手番の一動作を示しますが、役に「門前清自摸和」というものがあり、鳴いていない状態(=門前)で自分の手番のツモであがるとこの役が付き、他に役がなくてもツモだけであがることができます。 また、この「ツモ」に限らず門前でなければ成立しない役や門前でないと役の数(飜数)が1つ減ってしまうものもあるので注意しましょう。

タンヤオ

麻雀初心者にまず覚える役の1つとして紹介されることが多い役の1つで、么九牌以外の牌で4面子1雀頭をそろえることでつく役です。ルールによっては門前でなければタンヤオを認めないこともありますが、ネット麻雀などでは多くの場合は鳴きが入った状態でも問題ない役です。 么九牌をまず処理することを初心者に教える理由の1つであり、多くの役と複合できるため、初心者が手を作るうえでおすすめの役の1つです。

自風牌・場風牌・翻牌

自風牌とは親を東とした時の自分の座席の方位と一致する字牌が面子になった時にそれが一役と数えられる牌です。たとえば自分が親なら「東」の牌が自風牌、自分の席位置が親の左手に位置する場合は「北」が自風牌となります。 場風牌はゲームの場と一致する字牌が一役となる牌で、「東一局」であれば「東」がそれにあたります。場風牌は卓を囲む全員が役にすることができます。 翻牌(ファンパイ)とは、先に紹介した自風牌と場風牌も含めた「役になる字牌」を指す言葉ですが、この2種類以外に「白」「撥」「中」の3種類も場風牌と同じく、卓を囲む全員に適用されます。

ピンフ

ピンフは、雀頭以外の4面子をすべて巡子で作ることでつく役になります。ただし、門前でなければ成立しない役になり、ルールによってはツモと同時には付かないことがあるので事前のルール確認をしましょう。ネット麻雀などでは基本的に複合されることが多いです。 ピンフもタンヤオと同じく多くの役と複合しやすいものになりますので、タンヤオと合わせて初心者が最初に目指すおすすめの役になります。

トイトイ

正確には「対々和(トイトイホー)」といい、4つの面子すべてを刻子でそろえることでつく役になります。門前でなくても達成される役です。 門前で同じ形に揃えると「四暗刻(スーアンコー)」という役満の形になり、1つ鳴いた形でも「三暗刻(サンアンコー)」という役と複合するなど、この役もいくつかの役と複合しやすいものになります。 覚えやすい形なのでおすすめですが、ピンフの形よりも狙って作るのは難しいものになり、複合もしないのでピンフの形かトイトイの形を目指すかを決めてから手を進めないと最終的にどちらにも転べなくなる場面もあります。

麻雀を覚えたら

雀荘での対局

現実で人と顔を合わせて麻雀をするには、友人や周囲の人と卓を囲むほかに雀荘を訪れるという方法もあります。「フリー」という雀荘にいるお客さんと一緒に卓を囲む形式と、「セット」という、まず人数をそろえて麻雀卓の予約をするという形式があります。 「フリー」であれば自分1人で来店しても麻雀ができますが、名前も知らない人と卓を囲むため、人見知りの人や麻雀初心者の方には敷居が高くおすすめできません。 また、フリー雀荘には「風速」と呼ばれるシステムなどがあるので、しっかりと調べてから雀荘に訪れるようにしましょう。

ネット麻雀での対局

やっぱり知らない人と顔を合わせて麻雀はできない、という方や、初心者で他人と打つのはちょっと難しいという人には麻雀を遊べる環境がないかというとそうではありません。 現在ではインターネット上で1人用で遊べる麻雀や、ネット回線を通して全国あるいは世界中のプレイヤーと麻雀ができるサービスが多く存在するようになりました。ネット環境さえあればいつでも気軽に対戦できるため、まずはネット麻雀から入るのがいいでしょう。

有料でおすすめのネット麻雀

Maru‐Jan

「Maru‐Jan」は2004年にリリースされたネット麻雀サービスになり、現在では多くの国内ポータルサイトで公式コンテンツとして採用されているネット麻雀です。会員数も百万人超と非常に多いのが特徴です。 「Maru-Jan」では、「最高位戦日本プロ麻雀協会」という団体公認のリーグ戦が行われており、プロ雀士が多く参加表明をするなど、多くのイベントが行われているため、本格的にネット麻雀で実力をつけたいという方にはおすすめのネット麻雀サービスです。 また、プロのコラムが読めたり、麻雀偏差値が測定できる「全国麻雀試験」など、実プレイ以外でも役に立つコンテンツが多くあり、その点もおすすめできます。 プレイはポイントを購入し、そのポイントを消費することでゲームに参加でき、着順によりポイントの返還などがあります。長くプレイをしたいのであれば、ポイントのまとめ買いが現金換算ではお得になります。

セガNET麻雀MJ

「セガNET麻雀MJ」は、アーケードゲーム「セガNET麻雀MJ Arcade」のアプリ版という形でリリースされたネット麻雀サービスです。2018年2月時点で800万ダウンロードを突破しているなど、多くのプレイヤーが存在します。 無料でのプレイもできますが、段位認定戦などは場代として課金要素になる「GOLD」が必要になったり、この「GOLD」を使ってガチャを引き、アバターのカスタマイズができるサービスもあります。 ネット麻雀をするだけなら無料でも遊べますし、ネット麻雀でも見た目を気にしたいという人や本格的な段位認定などに挑戦したいからと「GOLD」の入手をしたり用途によってスタイルを選べるのでおすすめです。 また、アニメなどとのタイアップが多く、コラボレーション作品が好きな方にもおすすめのサービスになります。

ジャンナビ

「ジャンナビ」は3Dで卓上が描かれているのが特徴のネット麻雀サービスです。段位戦以外にもチャットを利用した対局や、運の要素を極力排除した「競技麻雀」というルールを採用した「鳳凰天位戦」などのモードで遊ぶことができます。 また、総勢70名以上のプロ雀士と対局できる可能性があり、対局したプロ雀士からアドバイスメッセージがもらえる機会もあるなど、ネット麻雀の中では珍しいサービスになっており、おすすめポイントです。 基本プレイは無料ですが、1日に各モード1回という制限があるため、しっかり遊びたい人は月額コースでの利用をおすすめします。

天鳳

「天鳳」は400万人を超えるプレイヤーが参加しているネット麻雀サービスです。ID登録が気軽にでき、さまざまなルールで気に入ったルールがあればワンクリックで対局が始められるがおすすめな点です。 アクティブ人数が非常に多く、あまり待ち時間もなくゲームがスタートするため、数をこなしたい方にもおすすめです。 基本無料でプレイできますが、180日以上のログインがないとIDが抹消されてしまったり、最上位の段位戦に挑戦できない、一部大会ロビーに入室できないなどの制限があります。有料版ではこういった制限がすべて撤廃されています。 画面効果やアバターなどはいいから数多くのプレイをこなしたいという人はまず無料版でのプレイをおすすめします。実力がつき、さらに上を目指してプレイを続けたいのであれば有料版でのプレイを視野に入れていきましょう。

無料でできるネット麻雀

麻雀GAMEDESIGN

ネット麻雀には多くのサービスがありますが、GAMEDESIGNというネットゲームサービスの中に「麻雀Flash」と呼ばれるゲームはその中でもシンプルな作りになっています。

おすすめなポイント

このゲームはコンピュータとの対局を「東南戦」でプレイする1人用のネット麻雀になりますが、基本的なルールで行われ、採用している役が同じページ内で確認できるなど、特に初心者の方が気軽にプレイするのにおすすめのサービスです。 いきなりネット麻雀で他人とプレイするのは気がひけてしまうという方もいるでしょう。そういった初心者の方にはプレイのしやすさ、ルールの確認のしやすさなど不安な点をフォローしてくれる部分もあるのでおすすめです。

どこでも麻雀

「どこでも麻雀」は、スマホアプリとしてリリースされているネット麻雀サービスです。このアプリは、「気軽に」、「どこでも」、」「サクサク」プレイできる麻雀という点を売りにしているので、操作性もスムーズで自分の手番からコンピュータの動作までが非常に早いのが特徴です。

おすすめなポイント

ゲーム自体はさくさくと進むので、時間つぶしなどで麻雀をプレイしたいという方や初心者の方が他人と打つ前に実戦の感覚をつかむにはちょうどいいアプリです。 また、コンピュータの得点は表示されず、自分がどれだけ点の増減があったかだけを確認できる点はおすすめです。

おすすめでないポイント

プレイの妨げにならない範囲とはいえ広告数が多かったり、牌の表示が小さいので、打牌ミスなどを気にしたり、広告が目に入るのを苦手に感じる方にはおすすめできません。

麻雀天聖

「麻雀天聖」は四人麻雀と三人麻雀の両方が楽しめるのが特徴の無料ネット麻雀サービスです。インターネットブラウザで気軽にプレイでき、1人用ながらも段位が設定されています。

おすすめなポイント

1人用ですが段位認定があり、コンピュータ相手に自分がどれだけ麻雀を打てるようになったかの指標にすることができる点がおすすめです。また、無料でありながらグラフィックが凝っている点や、段位以外でもあがりの率や自分が相手に振り込んでしまった率などの戦績が細かく確認できるのも初心者の方にはおすすめできます。 ブラウザの履歴を削除すると戦績が消去されてしまうので、長くじっくりプレイしたいという方は注意しましょう。

気軽なプレイはネット麻雀で

現在ではインターネット上で多くのネット麻雀サービスが存在しており、それぞれに多くのプレイヤーが日々麻雀をプレイしています。 友人や周囲以外の多くの他人と顔を合わせずに気軽にプレイできる環境は非常に魅力的で、雀で名前も知らない人と顔を突き合わせてプレイする必要もないため麻雀を覚えたての初心者から長年プレイしてきた人までが一緒にプレイできる可能性を秘めています。 レートや段位などの指標もあり、目標を立ててのプレイや、それを気にせずにただ対局をしたいという人などそれぞれで、自分の目的にあった楽しみ方ができるツールですので、ぜひ活用していきましょう。

アクセスランキング