IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ティグ/半自動溶接の特徴とコツ・アルミや塩ビなど素材別のコツ

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

今回は「ティグ/半自動溶接の特徴とコツ・アルミや塩ビなど素材別のコツ」と題して、「ティグ/半自動溶接の特徴とコツ・アルミや塩ビなど素材別のコツ」についての詳細情報のご紹介をはじめ、「ティグ溶接・アーク溶接などのコツ」についてご紹介します。

溶接の種類

溶接と一言で言ってもかなり多くの溶接法があるため、それぞれの溶接方法・その用途に応じて使われる材料やその対象などが自ずと変わってきます。溶接技巧のうちで最も多いのが「アーク溶接」の類であり、このアーク溶接というのは「放電現象を利用して物体同士・金属同士を接続させる専門的な技術能力を要する溶接方法」とされています。 アーク溶接を行なう際の最も注意すべき点(コツ)は「まず専門的な溶接技巧における技術能力を見付けた上で、さまざまな溶接対象をことごとく経験しておくこと」であり、つまりは「なるべく多くの溶接技術を伴う作業に専念しておくこと・経験しておくこと」があげられます。 主な溶接加工の種類には、ティグ溶接、半自動溶接、mig溶接、co2溶接、炭酸ガス溶接、手棒溶接、100v溶接、アーク溶接などがあり、それぞれの溶接加工の過程によって必要とされる技術やコツが違ってきます。

種類別溶接の特徴

アーク溶接や半自動溶接をはじめ、「溶接加工技術とその方法」にはそれぞれの用途によって識別される種類別溶接の利用が求められます。それぞれの溶接加工におけるコツやその特徴をはじめ、溶接される物体同士の加工度合いを見定めるとき、この「種類別溶接へのスキル把握」が溶接を行なう際の最大のコツとも言われます。

溶接のコツ

特に溶接において「コツ」というものは技術促進によって得られる内容になりますが、何度も溶接技術・加工を経験していくことによって「自然に上達していく成長スキル」が必要とされるため、その作業工程では「あらゆる分野の溶接加工に精通すること」が溶接技術を高める最大のコツと言えます。

ティグ溶接

スズキッド(SUZUKID) 100V専用直流インバータ溶接機 アイマックス60 SIM-60
スズキッド(SUZUKID) 100V専用直流インバータ溶接機 アイマックス60 SIM-60

ティグ溶接(TIG溶接)というのは「タングステン(不活性ガス)溶接」のことを指しており、電極棒に付属させる「消耗しない材料のタングステン」を利用して、別の加工剤・溶加材(溶接棒)をアーク中において溶融して溶接する溶接方法を意味します。 ステンレス版や金属板などを電気放電の威力によって融解しておき、その表面同士を「融解による接着力によって1つの物体として仕上げること」がこの「TIG溶接の真骨頂」ともされるため、特に「固い地盤を備えた物体同士の溶接にはこのTIG溶接が採用されるのがコツ」と言われます。 スズキッド(100V専用直流)インバータ溶接機は市販されている溶接機の中でも非常に使い勝手がよく、たいてい誰でもすぐに利用方法を覚えることができる実践的な機器類となります。

スズキッド(SUZUKID) B-1 1.6φ*230mm 200g PB-02 とTRUSCO 革手袋袖長 で試験溶接を行いました。特に問題なく動作しました。

半自動アーク溶接

溶接機 半自動溶接機 アーク溶接機 TIG溶接機 1台3役 インバーター直流マルチMMA溶接機 高周波溶接機 単相200V 50/60Hz兼用 多功能溶接機【送料無料】
溶接機 半自動溶接機 アーク溶接機 TIG溶接機 1台3役 インバーター直流マルチMMA溶接機 高周波溶接機 単相200V 50/60Hz兼用 多功能溶接機【送料無料】

「半自動アーク溶接」というのは「一般的に多く利用されているアーク溶接方法」の1つとして認められており、比較的短めの溶接棒を用いて物体同士を溶解させてつなぎ合わせる「従来の溶接加工」と同じ効果が得られる溶接方法を指します。 しかしこの半自動溶接というのはその名のように、「半分は手動によってコテ(溶接棒)を物体の表面に当てて溶接加工が行なわれる」ため、膨大な量の溶接技術を必要とする工業向きの溶接加工にはほとんど向かない不利な点が見られます。 丁寧に溶接加工をすることができるけれども、それ以上に「量産型の溶接加工技術が間に合わない」という不利が見られるため、現代の溶接加工においてはこの半自動溶接加工はほとんど行なわれず(中小企業では頻繁に行われますが)、たいていはTIG溶接や、電気融解を基盤にしたアーク溶接などが用いられます。

次のページ:mig(ミグ)溶接
初回公開日:2018年06月25日

記載されている内容は2018年06月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング