IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

これだけは確実に応えたい。就職の面接で聞かれる質問5個+回答

就活ノウハウ

就職でよく聞かれる質問には一体どのようなものがあるでしょうか。内定をもらうためには、面接官からの質問に適切に答えることが重要です。そこでこの記事では、就職の面接で聞かれる質問と、その回答を5つ紹介いたします。

更新日時:

就職の面接で聞かれる質問5個+回答

質問1:仕事で大切だと思うこと・やりがいは何ですか?

周りの人とのよい人間関係を保つことが大切だと考えております。自分だけではなく周囲への気配りやコミュニケーションによって仕事の質は変化すると思いますので、人間関係を良好にしておくことは常に意識しておきたい点です。 仕事において、どんなことを重要視しているか、何にやりがいを感じるかということは、一緒に仕事をしていく上で大切になってくることです。また、この質問からその人の仕事に対する姿勢が見えてくるのではないでしょうか?

質問2:当社の志望順位は何番目ですか?

A. もちろん第一志望です。(または、第一志望のひとつです。) この質問では、たとえその会社の志望順位が低かったとしても、「第一志望です」と答えておく方が無難です。志望順位が低い=意欲的に働いてくれないと見なされ、評価を落とされてしまう可能性があります。

質問3:あなたにとって理想の社員とはどんな人ですか?

回答:会社訪問でお話を伺った〇〇様です。商品知識の多さを実際にも接客で最大限に生かすことを考えておられ、リーダーとしての責任感を感じました。 この質問の意図は、「企業・業界についてよく研究しているか」ということだと考えられます。その企業についてよく研究している人は、どんな社員のどんなところに感銘を受け、自分がどうなっていきたいかを具体的に説明することができます。面接官は、その意欲を図っているのではないでしょうか。

質問4:仕事とプライベートについてどう考えますか?

回答:社会人として働く以上、仕事は大切なものです。ですので、まずは仕事に思い切り打ち込みたいと考えています。仕事で良い結果を出せるようになれば、プライベートも自然と充実してくるというのが私の考えです。 この質問で面接官は、「社会人としての心構え」を見ています。学生気分ではなく、一社会人としてどのような「仕事」「プライベート」をどのように捉えるかを考えてからか回答しましょう。

質問5:何か質問はありますか?

回答:御社に内定をいただけた場合、入社までに何か勉強しておくべきことはございますか? 面接官から逆に「質問はありますか?」と尋ねられた場合、やはり何か質問をしておいた方がよいでしょう。その方が意欲や向上心も伝わり、評価が上がる可能性もあります。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

よく聞かれる質問は確実に答えられるようにしておこう

いかがでしょうか。面接でされる質問とその回答をご紹介しました。返答に迷ってしまうものも多いですが、事前にしっかりと対策をしておけばきっと落ち着いて答えられるでしょう。よく聞かれる質問は確実に心に響く回答を用意しておき、予想外な質問にも瞬時に答えられるよう、普段から自分に対して「なぜ」をぶつけていきましょう。

アクセスランキング