IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

容易の読み方・意味と使い方・安易/簡易/簡単との違い・反対語

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

「容易」という言葉は、口語でよく使われるかといえばそうでもないですが、文章ではたびたび目にする表現であり、実はその意味や正しい使い方が浸透していない言葉ともいえます。そこで今回は「容易」という言葉の意味や正しい使い方などについて詳しくご紹介していまいります。

「容易」という表現を正しく理解しているか

普段何気なく生活していて、「簡単な」というような意味で使われる言葉というのは本当に多く存在します。 たとえば「簡易保険」「簡易書留」というものがありますし、文章では簡単にできることを「容易に想像できる」「容易に達成できる」などと表現しているのを目にします。はたまた口語では「安易に言わないでほしい」「簡単な手続きで終わった」「意外に容易くできるものだった」などとさまざまな表現があります。 中でも「容易」という言葉は、口語でよく使われるかといえばそうでもないですが、文章ではたびたび目にする表現であり、実はその意味や正しい使い方が浸透していない言葉ともいえます。そこで今回はこの「容易」という言葉にクローズアップし、その意味や正しい使い方などについて詳しくご紹介してまいります。

「容易」の読み方とは

まずは初歩の初歩で「容易」の読み方についてです。「容易」とはどのような読み方があるのでしょうか。調べてみますと意外にたくさんありましたので、ご紹介してまいります。

ようい(容易)

一番オーソドックスな読み方としては「ようい」と読みます。しかし「容易」単体ではなく、その後に送り仮名が付くことで読み方が変わってきます。以後に例をいくつか挙げてみましたのでご参照ください。

たやすい(容易い)

「容易」という言葉を使った「たやすい(容易い)」ですが、「ようい」と読まずに「たやす」と読みます。この場合「たやすい」とは形容詞となり、意味としては「わけなくできるさま」のほかに「軽々しい」「軽率だ」という意味合いも含まれるようになります。

例文

・容易い仕事を引き受ける ・これはたやすくは解決しない問題である ・彼はいとも容易く引き受けたが、実際にはそう簡単な問題ではないはずだ

たやすく(容易く)

同じく「たやす」と読んで「たやすく」という表現もあります。

例文

・これほどまでに苦戦していた制圧を、彼は容易く実現した ・彼の意思に反抗するように容易く開かないさまを見ていた ・そう容易く彼の考えを見破れるとは思えない

やさしい(容易しい)、やさしい(容易い)

また森鴎外や戸坂潤著の文章の上では、「容易」は「やさしい(容易しい)」という使い方もされています。

例文

・兎に角一場の御演説で困難な部分は網羅し得られるのでありまして、其の外は割合に容易(やさ)しいのであります。 仮名遣意見 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著) ・××を出さずに満州国を正当に認識するということは決して容易(やさ)しいことではない。 社会時評 (新字新仮名) / 戸坂潤(著)

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング