IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

前のめりの意味/類義語/対義語・使い方|前のめりで歩く

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「前のめりの意味や類義語と対義語、その使い方」と題して、「前のめり」という言葉の意味や類義語と対義語をはじめ、さまざまな分野での用法についてご紹介します。あまり使い慣れない「前のめり」の意味を、ぜひ熟知して自分の言葉にしてみて下さい。

「前のめりで歩く」の意味

「前のめりで歩く」という言葉の意味合いには、大きく分けて2つの意味があります。1つ目は「特定の目標に向けて周囲を省みずに前進していく」という姿勢を指し、この場合はプラスイメージにもマイナスイメージにも取られます。2つ目は「逆境に耐えるように前進する」という意味で、この場合はプラスイメージで取られることが多いでしょう。 どんな環境においても「常に目標を目がけて前進する」といった強靭な姿勢を持つことにより、この「前のめりの姿勢」という形容はとても大きく捉えられます。この場合では、「周囲に配慮できないやや非常識な姿勢」と見られるときと、「何ごとにも負けない心の強い人」と見られるときの2種類の見方が誘われるためです。

「行動がせっかちで前のめりだ」の意味

「せっかち」という状態への形容が入っているため推測しやすいですが、この場合は「気持ちが焦って行動は散漫になっていること」、あるいは「特定の物ごとに気持ちや正気を奪われ、そのときの行動の正しい順序を守っていないこと」を意味します。 「前のめり」の意味合いにある特にマイナスイメージで捉えられる状態ですが、「目の前の物ごとを終わらせないまま、性急に先へ先へと急ごうとする落ち着かない状態」が目立って指摘される場合の意味合いに使われます。

「前のめり」という言葉の意味と用例をきちんと把握しましょう

いかがでしたか。今回は「前のめりの意味や類義語と対義語、その使い方」と題して、「前のめり」という言葉の意味や類義語と対義語をはじめ、多角的な見地からいろいろな情報をもとに「前のめり」の意味に見られる派生的な用法についてご紹介しました。 「前のめり」という言葉は一般的に慣用句として知られますが、この慣用句は言葉のとおりに「使ってこそ覚えることができる実践向きの言葉」として認められます。だた「前のめり」という言葉の意味を覚えても、その意味や用法を言葉として使わなければ、やはりじっくりと浸透するように把握することはむずかしいです。 ぜひ日本語をはじめ、全ての言葉を「使って覚えていく」という姿勢をもって、どんな言葉でも「自分の言葉」として見につけてみて下さい。それだけで全ての言葉の意味と用法を確実に会得することができるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング