IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

前のめりの意味/類義語/対義語・使い方|前のめりで歩く

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんこんにちは、今回は「前のめりの意味や類義語と対義語、その使い方」と題して、「前のめり」という言葉の意味や類義語と対義語をはじめ、さまざまな分野での用法についてご紹介します。あまり使い慣れない「前のめり」の意味を、ぜひ熟知して自分の言葉にしてみて下さい。

「前のめり」という言葉の意味

「前のめり」という言葉の意味は「前方に姿勢が傾いて、今にも倒れそうな状態」や「何かに集中・没頭するあまり、それに全神経を奪われている状態」を言います。 ゲームやあるいはスポーツに没頭するときや勉強に集中するときなど、この「全神経をそれに集中させることで他が見えない状態」などがあり、その「周りのものが見えていない状況や状態」を指してこう呼ばれます。

「前のめり」の意味にある「前方に倒れそうに傾く」

「前のめり」の意味合いで「前方に倒れそうに傾くこと」を言う場合は、主に「姿勢」や「態勢」のことについて言う場合が多く、この場合でも「何かに熱狂的に集中・没頭している際の人の状態や動物の姿勢」に宛がう形で言われます。 特に「前方」でない場合でも、ピサの斜塔のように各方向のどちらかに倒れそうになっている場合でも「前のめり」の意味は使われることがあり、とにかく「バランスを失って、いずれの方向に倒れそうになっている危なっかしい状態」を指して言う場合がほとんどです。

「前のめり」の意味にある「前向きに物事に取り組む」

これは冒頭において先述した「何かの物ごとに集中・没頭して注意力を奪われている人(動物)の状態」を言う場合が多く、とにかく1つ1つの物ごとを順序良くしていかなければならないときでもその「何か」の心を奪われた状態ならば、その「心奪われた状態」をもって危なっかしくなる、そんな精神的なバランスを失った状態を指して言います。 たいてい誰でも経験があることですが、人が何かに集中するときというのは、得てしてこの状態に陥るもので、その際にも「どれだけ冷静沈着をもって、周囲の物ごとに気を配れるか」という生来の人間力を試される場合などもあります。

「前のめり」の意味にある「準備不足で性急に物事を行う」

何かに集中して「物ごとをし終える順序を急いだ状態」を言う際に使われる「前のめり」の意味で、この意味合いで「前のめり」を使う場合は、たとえ冷静さがあったとしても「そう見える(急いだ状態に見える)こと」によって、周囲から「性急」という意味合いの言葉を投げかけられることもあります。 主に周囲の人間からどう見られるかによってこの「性急の姿勢」は変わりますが、「効率よく物ごとを運ぶこと」と「焦って事を運ぶこと」とはやはり違うため、「その物ごとへの準備を怠った上でバタバタしている状態」であれば、この「性急」の意味を持つ言葉を投げかけられてしまうことは多々あります。

「前のめり」の類義語とその意味(1)

日本語には類義語や対義語が1つずつの言葉にあるため、1つの言葉を覚えようとするときには、必ずこの類義語や対義語をその言葉とワンセットにして覚えておくことが大切です。 日本語に限らず外国語を覚える際も同じく、特に英語では「1つの単語にさまざまな分野で扱われる意味」があるため、その1つ1つの意味を熟知しておくことは「英語そのものを学ぶ姿勢」にもつながります。 これを機会に、どうぞ「1つの言葉を学ぶ際にはその関連語も一緒に覚える」という姿勢を持ち、今後の語学への姿勢を一層強めてみる挑戦をしてみて下さい。

「前のめり」の類義語とその意味(2)

それでは「前のめり」の類義語とその意味を具体的にご紹介します。 【「前のめり」の類義語とその意味】 ・焦燥にかられる ・焦る ・居ても立っても居られない ・気が気でない ・没頭 ・熱狂 ・前屈(ぜんくつ:前かがみの姿勢になること) ・気性が激しい ・ムキになる ・意地になる ・気持ちが先走る ・勇み足になる(勢い余って失敗すること) ・血まなこになる ・躍起になる(1つのことにムキになること) これらの言葉が並びますが、どの言葉の意味にも「何かに気や心を奪われて、他の物ごとが見えなくなった状態」が含まれます。

「前のめり」の意味にある「焦る」

関連タグ

アクセスランキング