IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

辛辣の読み方・意味と類語・対義語・使い方|辛辣な意見を言う

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

辛辣という言葉を使っている方の中には、意味をあまりわかっていないという方もいるのではないでしょうか。この記事では、辛辣の読み方や辛辣の類語・対義語などを解説していきます。辛辣の意味をあまり知らないという方は、ぜひ読んでみてください。

辛辣の読み方って?

世の中には、数多くの漢字が存在します。画数の少ない単純な漢字、画数が多い複雑な漢字、日常ではあまり使われていない漢字などがあり、全てを覚えることはかなり難しいです。新聞や本など、普段から文章を読むことを習慣としていない人たちの場合は、なおさらでしょう。 難しい漢字の中に「辛辣」という言葉があります。言葉自体をどこかで見かけたことはあっても、どう読むのかわからないという人が多い漢字の1つと言えるのではないでしょうか。この項目では、辛辣の読み方についてご紹介します。

しんらつ

辛辣の読み方は「しんらつ」です。他の読み方はなく、これ1つだけなので、覚えやすいことでしょう。辛辣の「辛」は、訓読みを「からい」と読みますが、音読みでは「しん」と読みます。これで、辛辣の読み方においては、音読みを採用したことがわかります。 また、辛辣の「辣」は、難しい漢字ですが、「辣腕」「辣韮」などの言葉に使われているとわかれば、頭に入りやすいのではないでしょうか。辣腕は、凄腕や腕利きなどの意味を持っており、辣韮は「らっきょう」と読み、いずれの言葉も「らつ」という読み方です。

辛辣の意味とは

漢字には、それぞれ意味が込められています。そのため、1つ1つの漢字を組み合わせて、全く別の意味を持つ言葉にすることができるということです。また、目にした漢字の意味を知らなかったとしても、その字体からなんとなく意味をイメージすることもできます。しかし、それ故に、意味をきちんと調べて使おうとする人は、意外と少ないのではないでしょうか。 それは、辛辣という言葉に対しても例外ではなく、普段から使うことはあっても、具体的な意味を説明することは難しいです。この項目では、辛辣の意味を2つにわけてご紹介します。

辛辣の意味:言葉や表現が非常に手厳しいこと

辛辣の意味は「言葉や表現が非常に手厳しいこと」です。人や物事などを評価する時、話している相手に対して放つ言葉に容赦が全くないため、言われた側は内容が正しいかどうかはともかくとして、ショックを受けて傷つきます。 例えば、誰かが作った作品の出来栄えが酷かった時、作り手の気持ちを慮って言葉を選びながら評価を述べる人は多いことでしょう。しかし、辛辣な物言いをする人は、言葉を繕うことなく、おもったことをそのまま、時にはあえて事実以上に手厳しいことを言います。そういった発言をする人や言葉が辛辣という意味になります。

辛辣の意味:味がきわめてからいこと

「辣油」という言葉をご存知でしょうか。読み方は「らーゆ」と読み、多くの人は「ラー油」と辣の部分をカタカナで認識しているあの調味料です。辛辣の「辛」は、からいという意味ですが、「辣」は刺すような辛みという意味があります。そのため、ラー油には、辣という漢字が入っているということです。 したがって、両者の漢字を掛け合わせることで、辣の持っている意味と辛の意味が重なり、手厳しさなどを表現する辛辣という言葉になりました。「味がきわめてからいこと」は、あくまでも辣が本来持っている意味であり、辛辣の意味としては、上の項目で先述したものが一般的です。

辛辣の類語には何がある?

言葉は不思議なもので、似たような意味の言葉がいくつもあるのに、漢字はそれぞれ全く違っていたり、似たような漢字もたくさんあるのに、やはりそれぞれ別の意味になっています。中には、漢字こそ違えど、読みは全く同じものもあるなど、漢字が苦手な人にとっては、ややこしいことこの上ないでしょう。 辛辣も例外ではなく、漢字は違いますが、似たような意味の類語がいくつか存在します。この項目では、辛辣の類語を2つにわけてご紹介します。

痛烈

辛辣の類語として挙げられるのが「痛烈」です。意味としては、非常に激しい勢いを表している様子を表しています。例えば「痛烈に非難される」というのは、激しい勢いで手厳しい発言をし、相手を責め立てているという意味です。勢いという点では、辛辣よりも激しく、言われた側は言葉の内容よりもその勢いに圧倒されることでしょう。 痛烈は、言葉の激しさだけではなく、勢いを表現する様子としても使われます。例えば「選手が痛烈な打球を受けた」という表現を聞いたことはあるでしょうか。これは、打球がすさまじい勢いを持っていたということを表すために、痛烈という言葉が使われています。

シビアー

辛辣の類語として挙げられるのが「シビアー」です。普段の会話で使われやすいのは「シビア」ですが、辞書などで調べれば、シビアーとなっている場合が多くあります。意味としては、情け容赦なく、妥協というものが一切見られないさまを表しています。場合によっては、辛辣よりも手厳しさの度合いが高いです。 ちなみに「物事をシビアに判断する」などといった使い方をされます。他には「毒舌」「辛口」「口さがない」などの言葉がありますが、言葉に関連しているからか、いずれも口や舌など、言葉の出入りする場所が入っています。

辛辣はどんな風に使うのか

新聞や書籍など、辛辣という言葉は当たり前のように使われており、特に珍しいことではありません。言葉そのものは難しいですが、短い単語で非常に手厳しいという意味を表現できるのは、良いことと言えます。しかし、日常会話において、辛辣という単語は短すぎるため、却って使いにくい言葉と言えるのではないでしょうか。 それでも辛辣を使う場面は、紙面においても、会話においても存在し、便利であることに変わりはありません。この項目では、辛辣の使い方についてご紹介します。

辛辣な言葉

初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング