IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「順不同」の意味と使い方の例|敬称略/来賓紹介/メール宛先

初回公開日:2018年02月08日

更新日:2020年05月16日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

「順不同」という言葉は良く耳にするでしょう。しかし、実際に聞かれると答えられなかったり、意味を理解できていないケースが多いです。今回、こちらの記事では、「順不同」の意味、「順不同」が使われる場面や、類語を用いた例も紹介していきますので参考にしてください。

任意の例

この言葉も、「順不同」の類語にあたりますが、任意とは自分で選び、自分で決めることができることを意味します。 これも、来賓紹介で例えてみましょう。「任意での紹介となります。ご了承くださいませ。」となります。無作為に比べて違和感は少なくなりましたが。「順不同」と比べると丁寧にかけていることや、場合によっては適当だと思われてしまう恐れがあります。 任意を使う際は、無作為と似た感じになってしまいますが、何かを選ぶ際や、相手に指示する際に使用するのが好ましいでしょう。

(規則や定めなどによらず)その者の思いに任せる・こと(さま)。「ーな方法」「参加不参加は各人のーです」

「順不同」という言葉をマスターしよう

ここまで、「順不同」について紹介してきましたがいかがでしたか。色々な場面で使うことや、例によっては言い換える必要があり、難しいことは多いでしょう。 しかし、「順不同」という言葉が使いこなせるようになることで文章力、語彙力の上昇につながり、日本語のスキルを上げることもできます。これによって、自分への自信にもつながっていきます。

関連タグ

アクセスランキング