IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

叔母の意味・使い分け|叔母/伯母/小母・叔母は3親等の親族

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

あなたは親族に「おばさん」と呼ぶ相手はいるでしょうか。その「おばさん」が、今回お話しする「叔母」に該当することもあれば、厳密には少し違う場合もあります。この記事では「叔母」という言葉および関連する言葉について、読み方や意味を説明していきます。

叔母の読み方

「叔母」という漢字の読み方や意味をご存知でしょうか。 自分の母親であれば「お母さん」、「お袋」などと言った呼び方をするでしょう。父親であれば「お父さん」、「親父」と言った呼び方になるでしょう。では、親族に「おばさん」と呼ぶ相手はいるでしょうか。この「おばさん」が、今回お話しする「叔母」に該当することもあれば、厳密には少し違う場合もあります。 この記事では「叔母」という言葉とそれに関連する言葉について、読み方や意味、使い分け方について説明していきます。

おば

「叔母」の読み方は2つあります。1つ目の読み方は「おば」です。 普段当たり前のように言う「おばさん」と言う言葉は、漢字にすれば「叔母さん」と表すこともできます(厳密には「おばさん」に当てはめる漢字は続柄によっていくつかに分かれます。これは後ほど説明します)。

しゅくぼ

2つ目の読み方は「しゅくぼ」です。「おば」という読み方と比べて、少し堅い言い回しになります。意味は「おば」と同じです。

親族でないおばさんの場合

この記事では「叔母」および親族に当たる「おば」について説明していきますが、そのために前もって親族でない「おばさん」について説明しておきます。 自分の親族ではない、中年から初老の女性を「おばさん」と表す場合は、そのままひらがなで書くか、もしくは「小母さん」と書きます。また同様に、親族ではない中年や初老の男性である「おじさん」を漢字で書くと「小父さん」になります。

叔母の意味

では、叔母の意味について説明します。叔母は2つの意味を持っています。

父の妹

叔母の1つ目の意味は「父の妹」です。あなたに父親がいて、その父親からするとその人は「妹」ということになります。

母の妹

叔母の2つ目の意味は「母の妹」です。あなたに母親がいて、その母親からするとその人は「妹」ということになります。 叔母は「父の妹」または「母の妹」という意味なので、まとめると「両親の妹」ということになります。

叔母の血族での位置

次のページ:使い分けとそれぞれの意味
初回公開日:2018年01月31日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング