IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「指摘」の意味と使い方の例文|指摘を受ける/ご指摘・敬語

敬語

「指摘」の意味を具体的に考えたことがあるでしょうか。「意見」「忠告」などとも似ていますが、ニュアンスの異なる言葉です。今回は、「指摘」の意味を細かく紹介し、詳しい用例とともにその意味と使い方を紐解いていきましょう。今後の参考にしていただければ幸いです。

更新日時:

「指摘」とは

上司や先輩方から仕事のやり方について指摘を受けたり、ミスに限って手抜きをした箇所で、上司にそれを指摘されたりと、仕事をして成長していく上で「指摘」されるということは一生ついてくるでしょう。 本当の「指摘」の意味はなんなんでしょう。「指摘」の意味を考え、指摘を受けて「お礼」をかえしたり、「指摘」を受けたときの適切な対処方法をご紹介します。

意味

「指摘」には「全体の中から、欠点や過失などを取り出して指し示すこと」といった意味があり、「誤り、間違いなどの問題点や重要なことを指し示す、取り上げて示す」ことを意味します。 例えば、 「作成した資料に誤りがあると指摘を受ける」 「依頼主から納品した商品の欠落について指摘を受ける」 「このたびは貴重なご指摘を頂きありがとうございました。この件につきましては、早急に関係部署へ報告、周知し修正に努めて参りますので、もうしばらくお待ちください」 などがあります。

読み方

「してき」と読みます。動詞として使われる場合は、サ行変格活用です。「指摘」から「せ・し・す・する・すれ・せよ」とフリガナが打たれます。 以下に用例を示します。 指摘「せ」ず(未然形) 指摘「し」ます(連用形) 指摘「す」(終止形) 指摘「する」時(連体形) 指摘「すれ」ば(已然形) 指摘「せよ」(命令形)

類語

似たような意味で「意見」という言葉も聞くでしょう。「指摘」と「意見」の違いについて考えていきます。 「意見」には、「あることに対する考え。見解」「好ましくない行いに対する注意。忠告。諫言」といった意味があります。 両者を比べると、「指摘」は「全体の中から、欠点や過失などを取り出して指し示すこと」、対して「意見」は「あることに対する考え、忠告」という違う意味があります。 「指摘」の意味をよく知らなければ、ビジネスパーソンとして恥ずかしい思いをすることになりかねないので注意が必要です。しかし、「指摘」の意味を知り、適材適所で使えれば立派なコミュニケーションツールとして役立つでしょう。

「指摘」「意見」の用例でチェック

「指摘」:「ご提出頂きました資料を確認いたしましたが、3箇所の誤字と2箇所のデータ誤表記を発見致しました。ご存知の通り、本資料は○日の会議で使用予定です。ご多忙中恐縮ですが、該当箇所にコメントを付けておきましたので修正の上、再度ご提出をお願いいたします」 「意見」:「今年度の企業目標に向けて、会議で使う紙資料を止めてペーパーレスにしてはどうでしょう。コスト削減やデータの紛失防止にもなりますし、準備にかけている手間や時間を他の業務に回すことができますので、企業目標への達成へ近くなるかと思われます」 上記の2文は意味が異なることがわかるでしょう。

注意!「指摘」に対義語はなかった

「批判」や「非難」を思い浮かべるでしょうが、「指摘」の対義語はありません。

敬語

「指摘」という言葉に敬語をつけてみましょう。 ご(丁寧語)+「指摘」(名詞)→「ご指摘」 と簡単になります。

英語

名詞での「指摘」は「indication」ですが、動詞の「指摘する」に変化すると「point something out」となります。

「指摘」を受けたときの正しい返答法

上司や先輩とは長く付き合っていく間柄なので、反発せず、上司や先輩の怒りも余計に買わないためにもミスを認め、真摯に誤りましょう。 「申し訳ありませんでした。改善します」 の一言で万時窮すです。後は、誤りの修正を行動で示して再度アタックしましょう。

「指摘される・指摘を受ける」をもっと丁寧に!

指摘を敬語に変えるとすると、単純に「ご指摘」となります。その「ご指摘」に、「される」、「受ける」をくっつけて「指摘をされる」の敬語である「ご指摘される」になると考えていないでしょうか。メールでもよく見ます。しかし、このままでは社内で上司や先輩に使用できる程度で敬語のレベルは低いといえるでしょう。もう後一歩工夫が必要です。 「指摘」「される」(「受ける」)を折角2つに分けたので、両方とも敬語にしてみましょう。 「指摘」の意味:全体の中から、欠点や過失などを取り出して指し示すこと→「ご指摘」 「受ける」の意味:うけいれる→「いただく」 「ご指摘」+「いただく」→「ご指摘いただく」が正解です。 すごく丁寧な言葉で、社内だけでなく社外でも十分使えます。

ご指摘を頂けたら感謝だ!

遠慮のない指摘はなかなか受け入れ難いです。しかし、どうでもいい人には、指摘する時間も手間さえもかけたくないのが忙しい社会人では当たり前のことでしょう。 あえて時間を割いてまでしていただいた指摘だからこそ、自分を成長させてくれるチャンスです。そんな上司や先輩に感謝の一言を添えるだけで「大人」のビジネスパーソンかどうかを測られることもあります。 そんな大切な「ご指摘」に感謝の言葉を伝える気遣いと言葉遣いを込めて、まず初めに、指摘に対して相手への誠実なお詫びの一文を添えることが基本です。

相手を肯定して「ご指摘のとおり」動こう

「ご指摘のとおり」という言い回しも比較的よく耳にするものです。 「ご指摘のとおり」という言い回しは、相手から指摘された事柄や内容を肯定したり誤りを認めたりする場合に使われることが多く、また「ご指摘」に対する対応などを以下に述べたい場合に使用することがあります。 「ご指摘のとおり、先日提出致しました資料には誤りがございました。深く御礼申し上げると共に、資料を○○へと修正をさせて頂きたく存じますがいかがでしょう」 と、お伺いを立てる場合にも使われます。相手との言葉のキャッチボールを可能にする言葉です。

「ご指摘」の意味と正しい使い方

上記で「指摘」に関する敬語の勉強をしました。今生かされるときです。ビジネスパーソンの常套句が「ご指摘ありがとうございます」です。 これで自分の成長も含めて、意味のある一歩を踏み出せます。

指摘へのお礼メールの書き方と例文

用例として紹介しましょう。 「ご指摘の通り、先日送信致しましたメールには誤りがござましたので、○○と修正致します」 間違っていたからその旨を認め、相手の意向に沿って修正をする運びなることを、丁寧に敬語を含めて意味します。

指摘と類語の意味と使い方の違い

「指摘」のほかに、似たような使われ方をする「指導」や「注意」の意味や使い方について理解を深めていきましょう。

指導

「指導」とは、「ある目的に向かうため、教え導くこと」を意味します。「指導」の用例を以下に示します。 「先日お送り致しました資料の件でご指摘をくださり、大変恐縮にございます。今後ともご指導・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます」 「ご指摘」していただいたことに、まず感謝の一文を添え、もしまた誤りが起きたときは「正しい方向に教え導いてください」と末尾に〆ます。

注意

また「指摘」「指導」と似たような使われ方をする「注意」について説明します。「注意」とは、「気をつけること。 警戒、用心すること。」を意味します。「注意」の用例として以下に示します。 「先日注意した、誤字とデータの誤表記だけどまだ修正が終わってないようですね。早急に修正して再提出をお願いします」

意味深い指摘に感謝

「指摘」の意味と使い方についてご紹介しました。 「指摘」はビジネスの場面において使用する機会が多くあります。使いにくい言葉ではありませんが、「指導」や「注意」と混同する場合があります。その時は冷静にそれが自分の考えであるのか、もしくは単に物事の問題点を相手に示しているのか、意味を考えて使い分けていれば問題ないでしょう。 状況に応じて「指摘」され、また逆に「指摘」して自分だけでなく社内外も含めて成長していけたらビジネスライフも成功に近づくことでしょう。意味深い指摘には感謝を送りましょう。

関連タグ

アクセスランキング