IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ルネッサンス」の意味と例|アート/建築様式/3大発明

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

ルネッサンスは文芸復古という意味です。では文芸復古はどんな意味でしょうか。ルネッサンスはレオナルド・ダ・ヴィンチが有名ですが他にも優れた画家や彫刻家、建築家が大勢いました。ルネッサンスを時期別に芸術家や作品と共にご紹介します。

「ルネッサンス」とは

「ルネッサンス」の意味は何でしょうか?見ていきましょう。

意味

「ルネッサンス」の意味は、14~16世紀にイタリアを中心にヨーロッパで興った、自然や人間のありのままを捉えようとした新しい文芸復興という運動の事です。 それまでのキリスト教的な価値観から離れ、自然や人間のありのままを捉えようと古代ギリシャ・ローマ文化を復興させ、人間中心の思想や芸術、文化を生み出しました。

類語

ルネッサンスの類語は「文芸復興」です。「文芸」の意味は小説や戯曲などの文学や芸術のことです。「復興」の意味は一度衰えたものが再び勢いを取り戻すことです。

スペル

「ルネッサンス」はフランス語です。Renaissanceとなります。reは「再び」という意味で、naissanceは「誕生する」という意味です。「再生」「復活」を意味するフランス語です。

英語

英語でも「ルネッサンス」はRenaissanceと書きます。意味は「ルネサンス」「文芸復興」です。

「ルネッサンス」の意味をわかりやすく説明すると

文芸復興

過去の文化・芸術を復活させて再生しようという意味です。

どうしてルネッサンスがおこったの?

14世紀頃イタリアは東方貿易により富を得ていたころ、ビザンツ帝国の滅亡により文化人たちがイタリアに亡命してきました。彼らによってビザンツやイスラムの文化が流入しイタリアの知識人たちを刺激しました。 当時のイタリアはキリスト教の抑圧された中にありました。古代ギリシャ・ローマ文化の発祥の地であるイタリアには当時の宗教にとらわれない人間味あふれる芸術作品が残されていました。 もう一度ギリシャ・ローマ文化のように本来の人間らしい文化を再生しようという運動が興りました。大富豪のメディチ家はルネッサンスの発展に貢献し、有名な芸術家のパトロンとなりルネッサンスを経済的にも支えました。

ルネッサンスの前に

ルネッサンスは前期、後期、盛期に分かれます。ルネッサンスへの移行段階の意味でプロト・ルネサンスも含めて語られることもあります。 プロト・ルネッサンスはルネッサンスが始まる前の13~14世紀に、それまでの暗黒時代とは違った人間味のある現実的な表現が注目され始め、ジョットやチマブーエが活躍しました。

次のページ:ルネッサンス期の3大発明と科学とは
初回公開日:2018年01月09日

記載されている内容は2018年01月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング