IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

しゃからしかは福岡の方言・各地の「うるさい」を意味する方言

更新日:2020年11月14日

社会人常識

日本全国には「うるさい」という言葉だけでも、多くの方言があるのを知っていますか。方言の意味は一つに留まらず、あらゆる気持ちを示す素晴らしい文化です。今回は「しぇからしか」に注目して、その意味や使い方をご紹介します。意外と知らない方言の世界を楽しんでみましょう。

方言の意味が分からなくて困ったら調べてみよう!

何気ない場面で方言が使われた時、その意味についてよく分からず、返事に困った時はありませんか。また、方言の意味を自分だけ理解できず、会話が遅れてしまい、寂しい思いをしたことはないでしょうか。 今回は日本全国の方言の中から「しぇからしか」に注目して、その意味と使い方についてご紹介します。また、「しぇからしか」と同じ意味の言葉についてもお伝えしていきます。

「しぇからしか」について

早速、「しぇからしか」の基本の意味と使い方の例をご紹介しましょう。何となく想像できる方もいらっしゃるでしょうが、「しぇらしか」という方言は九州地方でよく話されます。標準語圏の人からすると、あまり意味が分からないでしょう。 また、方言は世代によって使われないことがあるので、同じ地域に暮らす人々でも使い方のニュアンスに微妙な差があります。

意味と語源

しぇからしかの意味を簡単に言えば「うるさい」です。うるさいという言葉は、騒々しい状況、わずらわしいことや面倒なこと、もしくはしつこく感じたり、やりきれない場面などに使われます。一説によると、「しぇからしか」の語源は「気が急く(せく)」から来ています。「急く(せく)」というのは、焦ったり、心が落ち着かない状態のことです。

しぇからしか=「うるさい・黙っておけ」実際はどう使う?

「しぇからしか」を相手に使う時は、家族や友人、もしくは目下の人に向けて言います。どちらかと言えば、あまり面識のない人には使わない場合が多いです。例えば、静かにして欲しい環境で賑やかに子どもたちが騒いでいた時に、「うるさいから、黙りなさい!」という意味で使います。なお、あまり面識のない人にいう時は喧嘩腰で物を言っていることになります。 または、ある状況に対して「しぇからしか」と強調していう事もあります。先ほどもお話ししたように、「しぇからしか」には気ぜわしい、煩わしいといった概念も含まれるので、愚痴を言っている相手に対して、「それ(その状況は)はしぇからしかね」と返答することがあります。

「しぇからしか」と「せからしか」の違い

「しぇからしか」を表記するときは「せからしか」と書くことがあります。話すときには「しぇからしか」でも、地域によっては「せ」が発音しにくいため「しぇ」と話すようになったと言われています。

「しぇからしか」は福岡の方言

ちなみに「しぇからしか」は、九州地方の中でも福岡県を中心にして話されることが多いです。福岡県の方言は北九州に代表される東部と都心の福岡市一体の西部、久留米市や柳川市などの南部で少しずつ異なります。実際に話される方言では語尾やアクセントが違うので、九州地方の方言は一括りにすることができません。

「しぇからしか」と「しゃあしい」の意味の違い

福岡県の方言であり、一見似たように聞こえる二つですが、「しぇからしか」との違いは何なのでしょうか。「しゃあしい」という方言も「しぇからしか」の意味と同じで、うるさい状況やうっとおしい物事について使います。例えば「面倒くさいなぁ」を表現する時には、「しゃあしかねぇ」と言います。 「しぇからしい」との微妙な違いは、相手から迷惑を被った時や、強い憤りを感じた時など、感覚的に話す時に使われることが多いです。

聴いて楽しい!しぇからしかの使い方

初回公開日:2018年03月29日

記載されている内容は2018年03月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング