IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

二次面接の対策方法|適性検査/質問例/逆質問・メールの返信の仕方

面接

二次面接で行き詰まりを感じていませんか?面接の中でも意外と壁を感じる人が多いので二次面接であり、攻略するためにはしっかりと対策を立てなければなりません。二次面接の特徴を知って、攻略を目指しましょう。今回は二次面接についてご紹介します。

更新日時:

二次面接の対策方法は?

二次面接の対策方法は?

就活ではさまざまな選考が行われますが、その中でもメインとなるのが面接です。面接を攻略しないことには内定を勝ち取ることはできませんし、就職、転職などを決めることもできません。企業によって面接が実施される回数は異なりますが、基本的には複数回行われます。 三回程度を目安に面接を行っている企業が多く、一発目の一次面接と最終面接は緊張して臨む人が多いです。二次面接は面接にも慣れていますし、最終面接よりも緊張度は低いため油断している人も多いですが、実は二次面接は難易度が高く、不合格になる人も多いです。 二次面接は油断していれば簡単に不合格になってしまいますし、事前にしっかりと準備をしておかなければなりません。二次面接の対策として、何をしておけばいいのかを知っておきましょう。

適性検査

適性検査

二次面接と言っても、その形式はさまざまであり、面接だけが行われる場合もあれば、面接と同日に適性検査などが行われる場合もあります。採用試験において適性検査を実施している企業は多く、二次面接で実施される場合が多いです。 面接の対策を進めることも大切ですが、合格するためには適性検査の対策もしなければなりません。適性検査にはさまざまな種類がありますので、対策が難しいですが、基本的には学力テスト+性格診断で構成されています。 学力は言語と非言語で分けられることが多く、国語と数学の勉強をしっかりとしておくことが大切です。また言語のテストは企業によっては英語の試験が実施される場合もありますので、業務に英語が必要な場合は、その対策も進めておきましょう。

質問例

二次面接の対策としては、どんな質問が出されるのか、質問例を想定して回答を用意しておくことも大切です。二次面接は難しい選考ではありますが、質問自体はそれほど難しくない場合も多いです。 志望動機や自己PR、入社後のビジョンなど基本的な項目を聞かれることが多いので、きちんと答えられるように回答を考えておきましょう。質問自体はシンプルですし、それほど難しくありませんが、シンプルな質問ほど上手に回答し、高評価を得ることが難しいです。 教科書どおりの回答では平凡で面白味に欠けると判断されますし、反対に奇をてらった回答もよくありません。個性を発揮しながらも的を外さない絶妙なバランスが大切ですので、しっかりと考えておきましょう。

逆質問

逆質問

二次面接に限らず、面接は面接官の質問に対して回答していくという形式で進みますが、面接の最後には逆質問を求められる場合もあります。二次面接で高評価を獲得するためには、逆質問は必ずするようにしなければなりません。 逆質問がないと企業への興味、関心が薄いと判断され、志望度が低いと評価されてしまいます。志望度が低いと判断されればマイナスの評価になってしまいますので注意しなければなりません。 また逆質問をすれば何でもいいわけではなく、面接官に関心されるような鋭い質問をすることが大切です。ホームページを見れば簡単にわかるような内容を質問してしまうと、二次面接ではマイナスの評価となってしまいますので、効果的な質問を二つ三つ用意しておきましょう。

二次面接の案内メールの返信の仕方は?

二次面接の案内メールの返信の仕方は?

一次面接に合格すれば企業から二次面接の案内が届きます。企業によって連絡手段はさまざまですが、基本的にはメールで通知されることが多いです。企業からのメールには一次面接に合格した旨と二次面接の開始時間や開催場所、必要な持ち物などが記されています。 基本的には返信しなければ自動的に参加の意志があることを示したことになりますが、好印象を与えるためには、二次面接の案内メールにも返信をしておくことが大切です。メールを返信しておけば丁寧な印象を与えることができますし、正しい書き方で送ることができれば、メールマナーが身に付いていると評価の対象にもなります。 二次面接を少しでも有利に進めるためには、案内メールにも返信が必要ですので、正しい返信方法を身に付けておきましょう。

件名

二次面接の案内メールに対して返信する場合には、件名から気をつけなければなりません。企業とのメールはビジネスメールですので、件名を見ただけで用件がすぐにわかることが大切です。メールマナーとしては、内容を簡潔に示した件名をつける必要がありますが、返信の場合はルールが違っています。 相手のメールに対して返信する場合は、件名は変更せず、そのまま使用します。返信すればRe.マークがつきますが、これも残したまま使用します。Re.マークをつけて返信することで、企業側でもどのメールに対しての返信なのかがすぐにわかりますし、件名は変えないことが大切です。返信ではなく、自身からメールを送信する場合のみ、件名をつけるようにしましょう。

挨拶

挨拶

二次面接の案内メールに対して返信する場合は、いきなり本文を書き出すのではなく、最初に挨拶の導入から始めましょう。メールでいきなり本題を切り出すのはマナー違反にあたり、失礼ですので、最初は必ず導入の挨拶文を記入しなければなりません。 挨拶として必要なのは企業の名前と部署名、わかる場合は担当者名まで記します。それらを記せば自己紹介と続けていきます。また最初の文は「いつもお世話になっております」や「お世話になっております」です。挨拶だからといって「おはようございます」や「こんにちわ」などを使わないようにしましょう。 「お世話になっております」はビジネスで使用される基本的な挨拶であり、さまざまなシーンで使われますので必ず覚えておきましょう。

お礼

自己紹介をして、挨拶を済ませれば本題へと入りたいところですが、まずは一次面接のお礼、二次面接に読んでくれたお礼を記しましょう。お礼はなくても挨拶がきちんとできており、二次面接への参加の記していれば、メールとしては機能しますが、より丁寧さをアピールし、好印象を与えたいのであればお礼を伝えておくことが大切です。 お礼の言葉は難しく考える必要はありませんので、自身の感じたままに正直に書きましょう。一次面接で印象に残ったこと、嬉しかったこと、勉強になったことを伝え、二次面接参加への意気込みなどを伝えることで、さらに好印象を与えることができます。それらのお礼を伝えてから、本題の二次面接への参加の意志を示すようにしましょう。

辞退

二次面接の案内を受けたからといって必ずしも参加するとは限らず、二次面接の時点で辞退を考える場合もあります。辞退をする場合も基本的なメールの書き方は同じです。件名はそのままで返信し、挨拶をいれて一次面接や二次面接呼んでくれたことのお礼などを伝えてから辞退の旨を切り出します。 件名については変えずに返信でも構いませんが、辞退の場合は「選考の辞退について」など辞退することが伝わるものに変えてもいいでしょう。辞退の旨を告げる場合は、二次面接に呼んでくれたこと、評価してもらったにも関わらず、期待を裏切ることになった謝罪を伝えることが大切です。 また言葉を濁さず、必ず辞退するという文言を入れて、曖昧にしないようにしましょう。

二次面接で評価されていることは?

二次面接で評価されていることは?

二次面接を攻略するためには、二次面接では何が評価されているのか、評価のポイントを知っておくことが大切です。志望する業界や企業によって求められるものは違っていますが、面接における評価ポイントは共通していることが多いです。 どの業界でも二次面接の評価ポイントはある程度共通していますし、他の面接とは評価ポイントが違う場合も多いです。評価されるポイントを正しく理解しておかなければ効果的なアピールをすることができませんし、高評価を勝ち取ることができません。 二次面接は難関でもありますので、評価されるポイントを知って、それに合わせてアピールを進めていくことが大切です。二次面接では何が評価されているのかを知って、対策をさらに進めていきましょう。

人柄

二次面接で評価されているポイントとしては、人柄が挙げられます。仕事をする上では人柄は非常に大切であり、どんな性格なのかが判断されています。業界や企業によって求められる性格は違いますが、性格による仕事の向き不向きもあります。 細かい作業であれば几帳面な性格の人が向いていますし、大胆な判断が必要な仕事であれば決断力のある人が向いています。企業の仕事によって求められる性格、人柄は違いますので、企業の求める人物像に合わせてアピールを進めていくことが大切です。 企業の採用ページなどを見れば求める人物像が書かれていることが多いです。それも参考にしながら自身の人柄の良さをアピールし、信用できる人材であることをアピールしていきましょう。

能力

能力

二次面接では人柄だけではなく、能力についても評価されています。いくら人柄が良くても何の能力も身に付いていなければ仕事で活躍することはできませんし、企業に貢献することもできません。 仕事をする上では何らかの能力は必要不可欠ですので、能力もしっかりとアピールしていきましょう。また能力であれば何でもアピールしていいわけではなく、企業で求められている能力、仕事で役立てられる能力をアピールすることが大切です。 素晴らしい能力があっても、それが企業の仕事で活かすことができなければ意味はありませんし、能力も無駄になってしまいます。企業で求められる能力をしっかりと知り、企業の仕事を理解した上で必要な能力をアピールしていきましょう。

将来性

二次面接では将来性があることをアピールするのも大切です。能力のアピールも大切ですが、面接の時点ではそれほど高い能力が備わっていないことも多いです。すでに高い能力がある人を採用したいというのが企業の本音ではありますが、実際はなかなかそうもいきませんので、現時点での能力が低くても将来性のある人材が求められています。 仕事をしながら成長できること、スキルを身に付け、伸ばしていけることが大切であり、成長するためには仕事に対してのやる気や意欲の高さが必要になります。やる気がなければ仕事をどんどんこなすことはできませんし、成長することもできません。 能力が低い場合でも将来性のアピールでカバーできますので、仕事への意欲の高さをしっかりとアピールしていきましょう。

一緒に働きたいか

一緒に働きたいか

二次面接では面接官が一緒に働きたいと感じるかどうかも評価の一つとして含まれていますので、一緒に働きたいと感じさせることが大切です。これは人柄の良さにもつながる部分がありますが、一緒に働きたいと思われるにはまずは信用され、面接官との距離を縮めなければなりません。 平たく言えば面接官と仲良くなることが大切ですので、面接では会話を意識して、面接官とコミュニケーションを取るようにしましょう。また仲良くなるからといって、フランクに接するのはNGです。 仲良くなることで好印象を与えられる場合も多いですが、基本的な礼儀が守れていないとマイナスの印象になってしまいます。礼儀をしっかりと守った上でコミュニケーションを取ることを意識しましょう。

二次面接の長さは?

二次面接の長さは?

二次面接は他の面接とは違う点もさまざまあり、面接時間の長さにも特徴があります。企業によって面接時間は違いますが、その中でも二次面接は特に特徴的ですので、どれくらいの長さで行われるかを知っておくことが大切です。 一般的に面接時間が短いと不合格の可能性が高く、面接時間が長いと合格率が高いとされていますが、実際はそんなことはありません。面接時間が短くても合格する場合はありますし、反対にどれだけ時間をかけて面接をしても不合格であることもあります。 大事なのは面接時間ではなく内容ですが、面接時間が合否を判断する上での一つの基準となることは確かです。すべての場合で面接時間が関係するわけではありませんが、二次面接の長さを知り、基準を知っておきましょう。

一次面接よりも長い傾向にある

二次面接の長さは企業によってさまざまですが、基本的には一次面接よりも長い傾向にあることが多いです。一次面接の場合は応募者も多く、素早く評価していかなければならないため、時間が短い場合も多いですが、二次面接の場合はある程度絞られていますので、一人ひとりにかける時間が長い場合も多いです。 二次面接ではじっくりと面接を行い、評価されるため、他の面接に比べると質問数が多い場合もありますので注意が必要です。一次面接を同じ対策で臨んでしまうと準備不足で失敗してしまう可能性が高いです。二次面接に臨む前にはしっかりと対策を進めておき、準備を完璧にしてから臨むようにしましょう。

企業によっては二次面接でも短い場合も

企業によっては二次面接でも短い場合も

二次面接の面接時間は一次面接と比べると長い傾向にあることが多いですが、企業によっては二次面接でも短時間で終わる場合もあります。面接時間が短い理由は企業によってさまざまですが、二次面接の時点でも応募者をそれほど絞り切れておらず、一次面接と同じように選考人数が多い場合や、企業の方針としてすべての面接を素早く終わらせる場合もあります。 またもともとは長い時間行う予定だったものが、質問への回答次第では短くなり、すぐに終わってしまうこともあります。面接ではあらかじめ質問が用意されており、それがすべて終われば面接も終了となります。 しかし質問を終える前に評価が確定した場合はその時点で終わりますし、合格、不合格どちらの場合でもあり得ることなので注意しましょう。

二次面接と他の面接は何が違う?

二次面接と他の面接は何が違う?

二次面接を攻略するためには、二次面接と他の面接の違いを知っておくことも大切です。面接では段階ごとに特徴が違っており、一次面接は一次面接の特徴、二次面接には二次面接ならではの特徴があります。 それを理解しておかないと失敗してしまう可能性もありますし、高評価が得られない可能性もあります。二次面接の特徴を知っておけば、それに合わせて対策を進めることができますし、より二次面接攻略に特化した対策を立てることができます。 面接の特徴を知っておくことで、二次面接そのものへの理解も深まりますし、正しく理解しておくことで、面接本番でも緊張せずに済みます。二次面接と他の面接では何が違うのかを知っておき、二次面接に合わせた対策を進めていきましょう。

面接官

二次面接と他の面接での違いとしては、面接官の違いが挙げられます。一次面接では人事担当者、採用チームの人などが面接官を務める場合が多いですが、二次面接の場合は現場社員などが面接官を担当することが多いです。 一次面接では企業の雰囲気に合っているか、企業で活躍することができるかなど漠然としたポイントが見られていますが、二次面接の場合は現場で活躍できるか、現場との相性はいいかなど、さらに具体的なポイントがチェックされています。 企業の方針として求める人材像と現場が求める人材像は必ずしも一致しているとは限りませんし、現場の判断の場合は能力が重要視されることもあります。もちろん二次面接でも人担当者が面接をする場合もありますが、現場社員が担当する可能性もあることは覚えておきましょう。

一次面接よりも深堀りされる

一次面接よりも深堀りされる

二次面接では一次面接よりも時間は長い傾向にあり、質問数も多い可能性が高いですが、質問自体はそれほど難しくはありません。企業によっては変わった質問をする場合もありますが、基本的にはスタンダードな質問ですし、場合によっては一次面接と全く同じ質問がされる場合も多いです。 質問自体は一次面接と同じ場合でも、二次面接の場合は一次面接よりもさらに深堀りされますので注意しておきましょう。質問に対して深く突っ込まれますので、小手先だけの誤魔化しはききませんし、誤魔化そうとするとマイナスの印象を与えてしまう可能性も高いです。 事前に回答を考えておく場合は、深堀りされてもいいようにしっかりと内容を練り込んで考えるようにしましょう。

合格者は少ない傾向

企業によって異なる場合もありますが、二次面接は一次面接と比べると合格者が少ない傾向にあります。一次面接の場合は応募者も多く、素早く判断してかなければなりませんので、応募者を深くまで観察することはできません。 そのため少しでも気になる点があれば合格とする場合もありますが、二次面接の場合はある程度人数も絞られていますし、二次面接の後は最終面接である企業も多いです。そもそもの選考人数が少ない場合も多いですが、多く残っている場合でも最終面接へ進める人数はそれほど多くないケースが多いです。 最終面接前にしっかりと絞り込みたいと考えている企業は多く、一次面接に比べると合格人数が極端に少なくなる場合もあります。

評価基準が厳しい

二次面接は一次面接と違って評価基準が厳しい場合も多く、それが合格者が少ない理由でもあります。二次面接の場合は人数を絞り込む企業も多いですし、絞り込むためにはどうしても評価の基準を厳しくしなければなりません。 一次面接の場合は少し気になったり、もう少し話を聞いてみたいというだけで合格になる場合も多いですが、二次面接の場合は確固たる何かを示すことができなければ合格することはできません。 それは人柄や能力、将来性などさまざまではありますが、漠然と気になるだけではなく、しっかりと評価されることが大切です。評価基準が厳しいため、マナーなども細かい部分までチェックされるようになりますので、細部まで注意を払うようにしましょう。

二次面接でのマナーや注意点は?

二次面接でのマナーや注意点は?

二次面接を攻略するためには、マナーや注意点についても理解しておく必要があります。これらが守れていないとマイナスの印象を与えてしまいますし、それが原因で不合格になってしまう場合も少なくありません。 面接でどれだけ高い評価を受けてもマナーや注意点が守れていないければ評価は下げられてしまい、努力が無駄になってしまいます。マナーや注意点は知っていればなおせることですし、余計な部分でマイナスの評価とならないためにも正しく身に付けておきましょう。

服装

二次面接では服装にも充分に注意が必要です。スーツを着て参加することはもちろん、ネクタイが緩んでいないか、シャツやスーツにしわや汚れはないか、靴は汚れていないかなど細かい部分まで気を遣うようにしましょう。 二次面接では身だしなみも細かい部分までチェックされていますので、さまざまな部分に気をつけなければなりません。ただスーツを着ていればいいわけではありませんので、細かい部分までしっかりと整えておきましょう。

敬語

敬語

二次面接では敬語にも注意が必要であり、一次面接よりもさらに高いレベルで敬語が使えなければなりません。一次面接では許されていた言葉遣いが二次面接ではマイナスの評価の対象になる場合も多いので注意が必要です。 丁寧な言葉遣い、正しい敬語表現で話さなければなりませんし、丁寧を意識しすぎるあまり二重敬語にならないように注意しなければなりません。二重敬語はマナー違反ですし、二次面接ではそれらも厳しくチェックされていることが多いです。 言葉遣いはその人の素の部分や日常的な人柄が表れますので、日頃から正しい敬語を心がけるようにしましょう。

持ち物

二次面接では持ち物が必要になる場合もありますので、案内をしっかりと読み、忘れ物をしないようにしましょう。必要な持ち物は企業によって異なりますが、印鑑や健康診断書などが必要になる場合が多いです。 印鑑は交通費の支給や契約書のサインに必要ですし、健康診断書なども就職に向けて必要です。忘れ物は当然マイナスの評価になりますので注意が必要ですが、これらが求められる場合は内定までが近いということでもあります。 二次面接の次が最終、あるいは二次面接が最終面接である場合もありますので、気を引き締めて忘れ物をしないように持ち物は何度も確認しておきましょう。

二次面接を合格すれば内定は目の前

二次面接を合格すれば内定は目の前

二次面接の対策方法や面接の特徴、マナーなどを紹介しましたが、二次面接が最終面接である企業は多いですし、二次面接の次が最終面接である場合も多いです。どちらの場合でも二次面接までたどり着けば内定は間近に迫っていますので、油断せずにしっかりと対策をしてから取り組むことが大切です。 二次面接は評価の基準が厳しい場合も多く、しっかりと対策をしておかなければ攻略することはできません。事前準備を徹底して、二次面接を攻略していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング