IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

二次面接の対策方法|適性検査/質問例/逆質問・メールの返信の仕方

更新日:2020年08月14日

転職の面接

二次面接で行き詰まりを感じていませんか?面接の中でも意外と壁を感じる人が多いので二次面接であり、攻略するためにはしっかりと対策を立てなければなりません。二次面接の特徴を知って、攻略を目指しましょう。今回は二次面接についてご紹介します。

二次面接の対策方法は?

就活ではさまざまな選考が行われますが、その中でもメインとなるのが面接です。面接を攻略しないことには内定を勝ち取ることはできませんし、就職、転職などを決めることもできません。企業によって面接が実施される回数は異なりますが、基本的には複数回行われます。 三回程度を目安に面接を行っている企業が多く、一発目の一次面接と最終面接は緊張して臨む人が多いです。二次面接は面接にも慣れていますし、最終面接よりも緊張度は低いため油断している人も多いですが、実は二次面接は難易度が高く、不合格になる人も多いです。 二次面接は油断していれば簡単に不合格になってしまいますし、事前にしっかりと準備をしておかなければなりません。二次面接の対策として、何をしておけばいいのかを知っておきましょう。

適性検査

二次面接と言っても、その形式はさまざまであり、面接だけが行われる場合もあれば、面接と同日に適性検査などが行われる場合もあります。採用試験において適性検査を実施している企業は多く、二次面接で実施される場合が多いです。 面接の対策を進めることも大切ですが、合格するためには適性検査の対策もしなければなりません。適性検査にはさまざまな種類がありますので、対策が難しいですが、基本的には学力テスト+性格診断で構成されています。 学力は言語と非言語で分けられることが多く、国語と数学の勉強をしっかりとしておくことが大切です。また言語のテストは企業によっては英語の試験が実施される場合もありますので、業務に英語が必要な場合は、その対策も進めておきましょう。

質問例

二次面接の対策としては、どんな質問が出されるのか、質問例を想定して回答を用意しておくことも大切です。二次面接は難しい選考ではありますが、質問自体はそれほど難しくない場合も多いです。 志望動機や自己PR、入社後のビジョンなど基本的な項目を聞かれることが多いので、きちんと答えられるように回答を考えておきましょう。質問自体はシンプルですし、それほど難しくありませんが、シンプルな質問ほど上手に回答し、高評価を得ることが難しいです。 教科書どおりの回答では平凡で面白味に欠けると判断されますし、反対に奇をてらった回答もよくありません。個性を発揮しながらも的を外さない絶妙なバランスが大切ですので、しっかりと考えておきましょう。

逆質問

二次面接に限らず、面接は面接官の質問に対して回答していくという形式で進みますが、面接の最後には逆質問を求められる場合もあります。二次面接で高評価を獲得するためには、逆質問は必ずするようにしなければなりません。 逆質問がないと企業への興味、関心が薄いと判断され、志望度が低いと評価されてしまいます。志望度が低いと判断されればマイナスの評価になってしまいますので注意しなければなりません。 また逆質問をすれば何でもいいわけではなく、面接官に関心されるような鋭い質問をすることが大切です。ホームページを見れば簡単にわかるような内容を質問してしまうと、二次面接ではマイナスの評価となってしまいますので、効果的な質問を二つ三つ用意しておきましょう。

二次面接の案内メールの返信の仕方は?

一次面接に合格すれば企業から二次面接の案内が届きます。企業によって連絡手段はさまざまですが、基本的にはメールで通知されることが多いです。企業からのメールには一次面接に合格した旨と二次面接の開始時間や開催場所、必要な持ち物などが記されています。 基本的には返信しなければ自動的に参加の意志があることを示したことになりますが、好印象を与えるためには、二次面接の案内メールにも返信をしておくことが大切です。メールを返信しておけば丁寧な印象を与えることができますし、正しい書き方で送ることができれば、メールマナーが身に付いていると評価の対象にもなります。 二次面接を少しでも有利に進めるためには、案内メールにも返信が必要ですので、正しい返信方法を身に付けておきましょう。

件名

二次面接の案内メールに対して返信する場合には、件名から気をつけなければなりません。企業とのメールはビジネスメールですので、件名を見ただけで用件がすぐにわかることが大切です。メールマナーとしては、内容を簡潔に示した件名をつける必要がありますが、返信の場合はルールが違っています。 相手のメールに対して返信する場合は、件名は変更せず、そのまま使用します。返信すればRe.マークがつきますが、これも残したまま使用します。Re.マークをつけて返信することで、企業側でもどのメールに対しての返信なのかがすぐにわかりますし、件名は変えないことが大切です。返信ではなく、自身からメールを送信する場合のみ、件名をつけるようにしましょう。

挨拶

二次面接の案内メールに対して返信する場合は、いきなり本文を書き出すのではなく、最初に挨拶の導入から始めましょう。メールでいきなり本題を切り出すのはマナー違反にあたり、失礼ですので、最初は必ず導入の挨拶文を記入しなければなりません。 挨拶として必要なのは企業の名前と部署名、わかる場合は担当者名まで記します。それらを記せば自己紹介と続けていきます。また最初の文は「いつもお世話になっております」や「お世話になっております」です。挨拶だからといって「おはようございます」や「こんにちわ」などを使わないようにしましょう。 「お世話になっております」はビジネスで使用される基本的な挨拶であり、さまざまなシーンで使われますので必ず覚えておきましょう。

お礼

自己紹介をして、挨拶を済ませれば本題へと入りたいところですが、まずは一次面接のお礼、二次面接に読んでくれたお礼を記しましょう。お礼はなくても挨拶がきちんとできており、二次面接への参加の記していれば、メールとしては機能しますが、より丁寧さをアピールし、好印象を与えたいのであればお礼を伝えておくことが大切です。 お礼の言葉は難しく考える必要はありませんので、自身の感じたままに正直に書きましょう。一次面接で印象に残ったこと、嬉しかったこと、勉強になったことを伝え、二次面接参加への意気込みなどを伝えることで、さらに好印象を与えることができます。それらのお礼を伝えてから、本題の二次面接への参加の意志を示すようにしましょう。

辞退

初回公開日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング