IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

インターンのお礼メールの書き方や例文|件名/宛名/内容/結び

就活ノウハウ

インターン終了後にお世話になった会社に好印象を与えるお礼状の書き方を細かく解説していきます。お世話になった会社に、感謝を込めて手紙を書きましょう。就活生の皆さん、インターンシップが終わったら、お礼状を忘れずに出し、感謝を伝えましょう。

更新日時:

お礼メールを送ることをインターン中から想定しておく

インターンのお礼メールの書き方や例文|件名/宛名/内容/結び

インターンシップを通して自分の社会での経験値を高め、就職後のビジョンをより明確にすることができます。短期、長期とあるインターンシップですが期間に関係なく刺激となることは多いでしょう。今回はインターンシップ後のお礼のメールに焦点を当てて紹介するのですが、インターンシップ最中にしておくとよいことも多くあります。そのポイントを紹介していきます。

毎日日記をつける

インターンのお礼メールの書き方や例文|件名/宛名/内容/結び

インターンシップ最中に起こる事はすべて新鮮で刺激になることばかりでしょう。そんな日々の、トラブルや感じたこと、自分が成長できたと思ったこと、社員の方に教わった事などを箇条書きでかまいません。毎日日記に起こしましょう。 このようなあなただけのエピソードは、お礼のメールを書くときの重要な資料になりますし、いざ自分が就職したときに、そして自分が社員としてインターン生を迎えるときの教科書として使えます。

お世話になった人の名前を忘れないために

お礼メールを書くときに誰でも書けるような文章を書いても印象には残りません。あなたが実際にその会社に行ったからこそ語ることのできるエピソードがあるはずです。そのエピソードに社員の方の名前を入れましょう。もちろん悪口ではありません。「△△な状況で困っているときに、○○さんがヒントを与えてくださったので自分で考え解決することができました。」 このようなエピソードに自分の名前が入っていていやな気分になる人はいません。誰でも同じです。具体的なエピソードは書きやすいですし相手の記憶も呼び起こしやすいのでお礼のメールにはもってこいです。

お礼メール以外にも役立つ

インターンシップ後の、お礼メールには欠かせない具体的なエピソードを書くために、日記をつける事はとても効果的ですが、もちろんそれ以外にも役に立ちます。これはインターン中にいえることですが、その日記を振り返ることで自分の成長を実感できます。それと同時に自分に足りていないこと、潰さなくてはならない弱点のようなものも見えてくるはずです。 このようにして自己分析を繰り返して行くうちに周りの社員の方もあなたの成長を感じ始め、毎日日記をつけるだけで少しずつ周りとの差を広げられるといことです。

インターンのお礼メールでの注意点

インターンのお礼メールの書き方や例文|件名/宛名/内容/結び

インターンシップが終わってほっとしたのもつかの間、お礼のメールを忘れてはいけません。3年生の夏に行われるサマーインターンシップ、就活が始まってから体験できる短期間のインターンシップ、学生の間いつでも応募できる長期のインターンシップなど、さまざまなインターンシップがあります。 いずれも選考は関係しないと言われていますが、感謝の意味もこめてお礼メールは送っておくべきです。参加した企業や社員の方々にもなるべく「良い学生だった」という印象をのこしましょう。自分が志望している企業はなおさら少しでもよい印象を与えておきたいはずです。

1dayインターンでも出すべき?

夏や冬の長期のインターンシップとは違い、1dayインターンではお礼メールを出す人がほとんどいないのが現状です。そもそもお礼のメールは必ず出さなければならない物ではないので、周りに合わせて出さないという選択肢をとってもかまわないです。 しかし周りとの差別化を考えて出すのもよいでしょう。自分の中で出さなかったことで後に公開しそうだと思ったら書くべきです。

インターンシップ後のお礼メールはいつまでに出すべきか

インターンのお礼メールの書き方や例文|件名/宛名/内容/結び

メールを送るのなら当日中に!

ビジネスマンにとってその日のことはその日のうちに取りかかるのが基本です。あなたもインターンシップが終わってすぐの、新鮮な気持ちのまま書きたいはずですし、受け取る人事にとってもその日のうちに届くと気持ちがよく伝わるでしょう。

時間帯は?

お礼のメールを送るのなら当日の夜にしましょう。インターンに参加した他の人も同じようにメールを送っているはずです。なのでスピード勝負です。その日のうちにお礼を伝え人事に好印象を与えましょう。 ただし、深夜に送ると不快に感じる方もいるでしょう。なので深夜になってしまったら、翌日にはきちんとお礼の連絡は入れるようにしましょう。

土日の連絡は避けるべき!

原則その日のうちに送るべきですが、時間が遅くなったときは翌日に送った方がマナーとしてはよいでしょう。しかし土日を挟むようであれば、翌週月曜日でよいです。三営業日を超えて出す場合には、遅れて出す旨を伝えるようにしましょう。

手紙とメール両方出すべき?

ビジネスマナーとして、世間一般的には「SNS」より「メール」、「メール」より「手紙(便箋)」がより丁寧な印象を与えるといわれています。 「SNS」や「メール」では、ネット上のテンプレートのメール文言をそのままコピー&ペースト(コピペ)することが可能ですが、手紙だと「紙に書く」という作業が必要となるため、時間をかけたことが相手にも伝わります。 ですから、志望度が高い企業は「手書き」、1dayインターンや本選考直前のインターンは「メール」など、戦略的に行動することをおすすめします。

送り先

インターンシップのお礼状を書こうと思った際、インターンシップの窓口である人事部と実際に仕事を教えてくれた担当者のどちらを送り先にすればよいのか迷う人も多いのではないでしょうか。 結論から言うと、送り先は窓口になってくれた人事部にすると良いです。お礼状の送り先はインターンシップの受け入れの窓口となってもらった人事部にしておき、仕事を教えてもらった担当者や期間中に特別お世話になった役員などがいたら、文中でそのことに触れるようにしましょう。

インターン後のメール必須事項6項

インターンのお礼メールの書き方や例文|件名/宛名/内容/結び

実際にビジネスの現場に参加していたのですから、インターンシップ後とはいえ正しいビジネスマナーに基づいてメールを書きましょう。どんなに内容にこだわっても、基本ができていないと失礼ですし、よい印象をつけたいのに逆に悪い印象を与えてしまうことにもなりかねません。いよいよメールの具体的な書き方を解説します。

件名

件名を書くに当たって、最も重要なことは「いかに簡潔に伝えるか」ということです。企業は多くの取引相手や、学生から毎日たくさんのお礼メールを受け取っています。その中で件名を見ただけで、「何というインターンに参加した、何という大学生であるか」を伝えなければいけません。このことを心がけて、件名を見ただけで内容が伝わるように書きましょう。

宛名

どのような場面でも同じですが、インターンシップ後のお礼メールでは宛先を明確にすることが大切です。この「宛先」をはっきりと書かないと、読み手には内容がありきたりなものに感じてしまい、せっかく準備した具体的なあなただけのエピソードも伝わりにくくなってしまいます。 なので、宛名を書くときは「企業名」「部署名」「役職」「名前」を書きましょう。それから部署名や役職を略したり、株式会社を(株)と書いたりするのは失礼に当たることもありますのでやめましょう。

文頭の挨拶

簡単な自己紹介を書きます。件名に書いた、「何というインターンに参加した、誰か」を文章にして伝えればよいです。

例1

◯◯大学の(名前)でございます。 このたびは、貴社のインターンシップに参加させていただき、 誠にありがとうございました。 ◯日に渡るインターンシップのお礼をお伝えしたいと思い、 このメールを送らせていただきました。

例2

◯/◯開始のインターンシップに参加させていただきました〇〇大学の(名前)と申します。 この度はこのような貴重な機会を与えてくださり、誠にありがとうございました。 改めてお礼を申し上げたくメールさせていただいた次第です。

最も伝えたいこと、エピソード

インターンのお礼メールの書き方や例文|件名/宛名/内容/結び

ここからが最も自分をアピールできるところです。インターンシップ中から準備していた日記など使って、「社員の方との具体的なエピソード」「インターンシップを通して感じたこと、自分の中の成長」「その企業に対する心情の変化」を書いていきましょう。 具体的なエピソードを書くときには社員の方の名前を出すとか、自分の成長を書くときにはあえて昔の弱点を明記し克服する過程を書くとか、さまざま考えられるでしょう。せっかく書くのですから存分にアピールしましょう。

文末の挨拶

最後にメールのまとめを書きます。改めてお礼を伝え、自分の気持ちを伝えます。

例1

「取り急ぎ、メールで感謝をお伝えしたくご連絡いたしました。インターンシップを通じて学んだことを、就職活動に活かせるよう努めて参ります。今後とも何卒よろしくお願い致します。」

例2

「末筆ながら貴社のますますのご発展と、 関わっていただいた社員の皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。 」

署名

社会人の常識として最後に署名を入れるというものがあります。皆さんもメルマガや企業との連絡などで一度は目にしたことがあるでしょう。署名の前後を二重線や傍線で囲い目立たせ、見やすくするのが一般的です。空白をうまく利用し、見やすい署名を心がけましょう。

インターン後のお礼メールで好印象を!

インターンのお礼メールの書き方や例文|件名/宛名/内容/結び

ここまで、インターンシップ後に送るべきお礼メールの書き方と例文、その他メリットをたくさんご紹介しました。お礼メールは送らないより送った方が企業側に好印象を残せるでしょう。このページを読むまでは、何を書いたらいいのか、どこまで掘り下げたらいいのか分からなかった方も、今ではすぐに取りかかれるはずです。 常識的に、書くべきことはしっかりと書き、エピソードなどであなたの印象をしっかりつけましょう。たとえ、志望順位の低い企業だとしても、この細かい心遣いがどこで効果を発揮するかわかりません。できることは全てしておきたいと考えているはずです。インターンシップ後のお礼メールで企業側に好印象を与えましょう。

アクセスランキング