IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ください・下さい】の違い・正しい使い方|意味/動詞/例文

更新日:2020年03月06日

言葉の使い方

ひらがなの「ください」と漢字の「下さい」には、明確な意味の違いがあることをご存知ですか?「ください」と「下さい」の意味を知らずに間違った使い方をしている人がとても多い言葉です。正しい言葉の意味を知り、正しく使い分けましょう。

くださいと下さいの正しい使い分けとは?

みなさんは、「ください」と「下さい」という言葉を正しく使い分けていますか。「ください」と「下さい」は、実は、ひらがなと漢字の違いというだけではなく、ひらがなで表記する時の意味と漢字で表記する時には、意味に違いがあります。 この意味の違いを理解しておくと、ひらがなの「ください」と漢字の「下さい」を正しく使い分けることができます。ビジネスでは、この2つの違いを知らない人も多いため、間違った使い方をしている人を多くみかけます。 意味の違いを理解すると、正しく使い分けることができますので、まずはこの2つの意味の違いについてご説明します。

くださいと下さいの違い

「ください」と「下さい」には、大きな意味の違いがあるということをお話しましたが、実はこの意味の違いを把握して正しく使い分けられていない人を良くみかけます。社会人になると、あまりひらがなをたくさん使ってしまうと幼稚な印象になると考える人が多くいるため、漢字にできるものは、できるだけ漢字の方が良いのではないかと考える人が多いのでしょう。 しかし、「ください」と「下さい」には、意味に違いがあるため、本来であれば「ください」を使わなければいけない場面で「下さい」と使ってしまうと逆に相手に失礼なことになってしまいます。年上の方やビジネスマナーに詳しい方への対応は特に注意を払うようにしましょう。 では、実際にどのような違いがあり、どのように使い分けをすれば良いかをご紹介します。

補助動詞

ひらがなで「ください」と表記する場合の副詞は、「補助動詞」になります。具体的にどんな使われ方をする時が、補助動詞の「ください」なのでしょうか。 「気をつけてお越しください」などのように、お願いをする場合や敬意を表す敬語として「ください」を使う場合は、ひらがなの「ください」を使用します。つまり、「気をつけてお越し下さい」という使い方は間違った使い方ということになります。

please(プリーズ)

ひらがなで「ください」を使う場面は、英語にすると「please(プリーズ)」になります。 「どうぞ~してください」という場面で使う時は、英語のplease(プリーズ)の意味になりますので、こういった使い方をする場面の「ください」は、漢字ではなく、ひらがなを使うことが正しい使い方になります。

動詞

漢字で「下さい」と表記する場合の副詞は、「動詞」になります。具体的にどんな使われ方をする時が、動詞の「下さい」なのでしょうか。 「デザートを下さい」「飲み物を下さい」などのように、何か物を「くれ」という場合に、「くれ」の丁寧語の「下さい」を使います。つまり、漢字で「下さい」を使う場合は、何かが欲しい時に使うのが正しい使い方ということです。

give(ギブ)

物が欲しい時の「下さい」は、英語にすると、give(ギブ)になります。つまり、漢字で「下さい」と書いてしまいますと、「何かをくれ」という意味になってしまうということです。 もちろん、文脈を見れは「気をつけてお越しください」を「気をつけてお越し下さい」にしてしまったとしても、「くれ」という意味で捉えてしまいますと、意味が通じませんので、please(プリーズ)の意味の「ください」であることはわかります。 しかし、本来であれば、漢字の「下さい」は、give(ギブ)の意味の何かを「くれ」という時に使うものが正しい使い方です。

「ください」と「下さい」を正しく使いわけるコツとは?

「ください」と「下さい」の意味の違いについてご紹介しましたが、「ください」と「下さい」を正しく使い分けるためのコツは、英語にした時にこの場面は「please(プリーズ)」なのか「give(ギブ)」なのかを考えてみましょう。 相手に何かをしてほしい時は、ひらがなの「ください」を使います。相手に何かをもらいたいときは、漢字の「下さい」になります。つまり、ひらがなの「ください」は、行動などに対して使う言葉で、漢字の「下さい」は、物をもらいたい時に対して使う言葉ということです。

初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング