IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書を持参する場合の封筒の書き方|宛名/名前/日付/入れ方

書類選考・ES

履歴書は郵送するだけではなく、企業に直接持参しなければならない場合もあります。履歴書の持参を求められた場合は、封筒の入れ方や渡し方、マナーなどさまざまな点に注意しなければなりません。今回は履歴書の正しい持参方法をご紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

履歴書を持参する場合の封筒の書き方は?

履歴書を持参する場合の封筒の書き方は?

就活で必ず必要になる履歴書。履歴書はパソコンで作成したものを企業にデータで送ったり、封筒に入れて郵送するなど提出方法はさまざまです。履歴書は基本的には事前に企業に提出して、書類選考が行われることが多いですが、企業によっては直接持参を求めることもあります。 企業に持参する場合は、履歴書だけを持っていけばいいのではなく、必ず封筒に入れて持っていかなければなりません。履歴書だけを裸で持参してしまうとマナー違反になり、マイナスの評価を受けてしまいますので注意しましょう。 また履歴書を持参する場合は単に封筒に入れておけばいいわけではなく、気をつけなければならないポイントもたくさんあります。履歴書を持参するときの封筒の書き方はどうすればいいのかを知っておきましょう。

宛名

履歴書を企業に郵送などで提出する場合は、宛名を記さなければ届きません。しかし履歴書を持参する場合は直接手渡ししますので、封筒に宛名を書く必要はないのではないかと考える人もいますが、これは間違いです。 履歴書は持参する場合であっても、宛名を書かなければなりませんので、白紙の封筒で提出しないようにしましょう。履歴書を持参する場合の宛名の書き方は郵送する場合と基本的には同じです。 企業の住所を郵便番号から記し、部署名、わかる場合は担当者名まで記入していきます。最後が部署か担当者かによって御中や様など敬称が違いますので、それも注意しましょう。履歴書を持参する場合は手渡しになりますので、宛名の記入だけで切手を貼る必要はありません。

名前

名前

履歴書を入れた封筒は企業の宛名だけではなく、自身の名前も記入しなければなりません。履歴書を持参する場合は封筒ごと手渡しする場合もありますし、名前がなければ差出人が誰かわからなくなってしまいます。 中身を確認すれば履歴書には名前も記載されていますので、誰のものか全くわからないわけではありませんが、マナーとして記入しなければならないものですので、必ず裏面には名前も記入しておきましょう。 封筒の裏面には自身の名前を記入しますが、併せて大学名や住所なども記入しておく必要があります。大学名や住所なども封筒のマナーとして必要なものであり、履歴書持参の場合でもルールは変わりません。履歴書を持参する場合でも、郵送の場合と基本的な書き方の注意点は共通しています。

日付

封筒には日付を記入しますが、日付の書き方には注意しなければなりません。封筒に記入する日付は履歴書を作成した日付ではなく、企業へ持参する日付です。仮に履歴書の作成が1月1日だったとしても、企業に持っていくのが1月3日であれば、封筒には1月3日と記入します。 月と日だけでも構いませんが、より丁寧にするためには年も書いておきましょう。年の表記については西暦でも和暦でもどちらでも問題はありません。書き慣れている方で書き、間違えないようにすることが大切です。 さらに細かい点まで工夫するのであれば、年の表記は履歴書に合わせるといいでしょう。履歴書も西暦か和暦どちらかに統一して記入しているはずですので、封筒の表記もそれに合わせることで好印象を与えられる可能性があります。

入れ方

入れ方

履歴書を封筒に入れて持参する場合は、履歴書の入れ方にも注意が必要です。履歴書は基本的には折らずにそのまま入れますので、封筒はA4サイズが入る大きめのサイズを用意しておきましょう。 履歴書はただ入れればいいというわけではありません。封筒に入れる場合は向きも大切であり、封筒の表面と履歴書の表面を合わせて入れるようにしましょう。細かい点ではありますが、これがバラバラになっていると雑な印象を与えてしまいますので、印象が悪くなってしまいます。 また履歴書以外にも応募書類の持参が必要な場合は、重要度の高いものから順番に入れていきます。例えば履歴書、エントリーシート、卒業証明書などを入れる場合は、履歴書かエントリーシートが一番上になりますので、入れる順番にも注意しましょう。

折り方

履歴書を持参する場合の封筒の折り方ですが、基本的には履歴書や封筒は折らずに企業へ持参しましょう。折り目がついてしまうと履歴書が読みづらくなりますし、企業で保管する場合にもかさばってしまうので邪魔になってしまう可能性が高いです。 折り目をつけるのは悪いことではありませんが、企業によってはマイナスの評価となってしまう場合もありますし、極力おらずに持参する方が無難だと言えます。どうしても折らなければならない場合は、三つ折などにして封筒に入れるようにしましょう。 手紙などの場合は三つ折にしてR渡すことが多いですし、その形式に合わせておけばマイナスの印象を与えることはありません。折り目が曲がっているとがさつな印象を与えてしまいますので、綺麗に真っすぐ折れ目をつけましょう。

持参した履歴書の渡し方は?

持参した履歴書の渡し方は?

履歴書を企業に持参すれば、それを企業の担当者に渡さなければなりません。履歴書を持参する場合は渡し方にもさまざまなマナーがありますので、それもしっかりと身に付けておくことが大切です。 履歴書が間違いなく完璧に記入されており、内容もばっちり、封筒の書き方に何の問題がないとしても、渡し方次第ではマイナスの印象を与えてしまい、すべてが台なしになってしまう場合もあります。 渡し方も評価の対象になっていますし、余計なところでマイナスの評価を受けてしまうのは非常に勿体ないです。持参した履歴書の渡し方は、他の書類を渡す場合にも応用できることですし、覚えておいて損はありません。履歴書を持参した場合の正しい渡し方を身に付けておきましょう。

向き

持参した履歴書を渡す場合には、その向きに注意が必要です。履歴書が相手に見えやすいように渡すことが大切ですので、必ず反転させて、自身から見れば反対の方向にして履歴書を渡しましょう。 企業の担当者が見やすい向きで履歴書を渡すことで細かい気遣いができると評価される場合もありますし、高評価にもつながりやすいです。就活では一発で評価が決定することはまずありませんので、少しずつプラスの評価を積み重ねていくことが大切です。 細かい部分ではありますが、読みづらい方法で渡してしまうと気遣いができない、自己中心的などマイナスの印象につながってしまう可能性が高いので充分に注意しましょう。履歴書を持参する場合は、まずは渡すときの向きに注意しましょう。

挨拶

挨拶

持参した履歴書を渡すときには、きちんと挨拶をしてから渡すことが大切です。挨拶もなく無言で渡してしまうと印象が悪いですし、常識がないと評価されてしまう可能性もあります。挨拶は社会人の常識というよりも、人間としての常識であり、それができていないと一気に評価は悪くなってしまいます。 反対にしっかりと挨拶ができていれば好印象を与えることができますし、高評価にもつながりやすいです。持参した履歴書を渡すときの挨拶は「おはようございます」や「こんにちわ」だけではなく、「○○大学から参りました。○○と申します。必要書類を持参致しましたので、ご確認お願いします」など自己紹介+挨拶をすることが大切ですので、それも覚えておきましょう。

履歴書を持参する場合は封はする?

履歴書を持参する場合は封はする?

履歴書を事前に企業に郵送して提出する場合は、宛名を書き、しっかりと封をしなければなりません。封をしていなければ郵送の途中で中身が紛失してしまう可能性がありますし、企業に到着してからも紛失してしまう可能性があります。 また履歴書は公的な書類ですので、しっかりと封をしていなければ情報漏洩にもつながる可能性もあります。きちんと封をすることは、中身を守るだけではなく、情報管理に対する姿勢のアピールにもなりますので、非常に重要です。 郵送の場合はしっかりと封をしなければなりませんが、企業に直接持参する場合はどうでしょうか。持参する場合でも封をしていなければ中身を紛失してしまう恐れはありますし、封をしてから持参するべきなのでしょうか。

封はしない

履歴書を持参する場合は、基本的には封はせず、開けたまま持っていきます。履歴書を持参する場合は、企業の担当者がその場で確認することも多いですし、封をしてあると開封の作業が余計に必要になってしまいます。 情報管理の姿勢はアピールできるものの、余計な手間をかけさせることで気が利かないと評価される危険性もありますし、封はしないで持っていった方が無難です。封をしていなければ紛失の恐れがありますので、心配になる人も多いですが、しっかりとカバンの中に入れておけば、基本的には紛失することはありません。 不安なのであれば、紛失しないようにカバンの一番下に入れておくのがおすすめです。折り目がつかないようにだけ気をつけて、企業に持参しましょう。

履歴書を持参するときのマナーや注意点は?

履歴書を持参するときのマナーや注意点は?

履歴書を持参する場合は、封筒の書き方や入れ方、渡し方などさまざまなマナーがありますが、気をつけなければならないのはそれだけではありません。他にも履歴書を持参するときのマナーや注意点がありますので、それらを正しく理解しておくことが大切です。 持参時のマナーがしっかりと守れていないとマイナスの印象を与えてしまいますし、選考でも不利になってしまいます。せっかく選考での評価が良かったとしても、履歴書を持参するときのマナー次第ではマイナスの評価となってしまう場合もありますし、注意しなければなりません。 就活は履歴書の内容や面接での受け答えだけで評価が決まるものではありません。就活全体で評価されますので、履歴書持参時のマナーと注意点を正しく知っておきましょう。

服装

履歴書を持参するときのマナーとしては、まずは服装に気をつけなければなりません。履歴書を持参するときには、そのまま面接が行われる場合もありますし、企業の担当者にも会わなければなりませんので、基本的にはスーツを着るようにしましょう。 就活の基本的な服装はスーツであり、私服などカジュアルな服装だとマイナスの評価となってしまう可能性が高いです。履歴書の提出のみで、後に面接がなかったとしてもきちんとスーツを着ることが大切です。 私服で参加してしまうと、何かの片手間に履歴書を提出しにきたと思われる可能性がありますし、マイナスの印象につながってしまう可能性が高いです。スーツを正しく着こなして、通常の就活と同じ服装で臨みましょう。

アポイント

アポイント

履歴書を持参する場合は、事前にアポイントを取らなければなりません。アポイントを取っていないと企業の人に迷惑がかかりますし、場合によっては担当者が不在で無駄足を踏んでしまう場合もあります。 アポイントなしで企業を訪問するのは失礼ですし、仮に履歴書を渡すことができても、社会人としての常識を疑われてしまいますので注意しましょう。

受付

履歴書の持参の有無に関わらず、企業に到着すればまずは受付に向かいましょう。後に面接があるのであれば、面接がある旨を伝え、なければ履歴書を持参したことを伝えます。また面接がある場合でも必要書類を持ってきたと伝えておくことが大切ですので、必ず受付の時点で履歴書を入れた封筒を出しておきましょう。 企業によって対応は違いますが、受付で封筒を提出する場合と、後ほど担当者に直接手渡しをする場合にわかれます。受付で提出する場合は中身を出さず、封筒のまま提出します。受付ではなく、担当者に直接手渡しをする場合は封筒のまま渡すのではなく、封筒から出して中身だけを提出するのがマナーですので、それも覚えておきましょう。

クリアファイルの色

クリアファイルの色

履歴書を持参する場合でも、書類を守ったり、バラバラにならないようにするためクリアファイルに入れておくのがおすすめです。書類をクリアファイルに入れて封筒に入れる場合には、クリアファイルの色に注意しましょう。 履歴書を持参する場合は、クリアファイルの色は原則透明です。色付きのものは印象がよくありませんので、必ず透明を選びましょう。また透明で無地のものを選ぶことが大切です。デザインやロゴが入っているものはNGですので、それも覚えておきましょう。

履歴書の持参マナーは意外に多い

履歴書の持参マナーは意外に多い

履歴書を持参する場合の封筒の書き方や渡し方、その他さまざまなマナーを紹介しましたが、履歴書持参時のマナーは意外に多いです。履歴書を持参する機会はそれほど多くはありませんし、マナーについても知られていないことも多いので注意しなければなりません。 持参した履歴書が完璧であっても、マナーが守れていなければマイナスの評価になってしまいますし、非常に勿体ないです。少しでもマイナスを避け、プラスに転じるためにも、履歴書持参時のマナーは正しく覚えておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング