IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

嗚咽の意味・使い方と例文3つ・2ch用語としての意味

言葉の意味

「嗚咽」はよく見る言葉ですが、使い方を誤っている方や本来の意味と違う使い方をされている方をみかけます。また、2chでの「嗚咽」の表現に疑問を持ってる方もいるでしょう。ここでは「嗚咽」の正しい意味や使い方例文、2ch用語をご紹介します。

更新日時:

嗚咽の意味

嗚咽の意味

嗚咽」という言葉を知っていますか。小説や記事などの文章で時々見る言葉で、話言葉としても使うことがあります。「嗚咽」という言葉は、「むせび泣くこと」「声を詰まらせながら泣くこと」を意味します。

嗚咽の読み方

「嗚咽」という言葉は「おえつ」と読みます。

嗚咽の類語

「むせび泣くこと」「声を詰まらせながら泣くこと」といった涙を流す行為の類語として、「歔欷(きょき)」「 啼泣(ていきゅう)」「 泣きの涙」などがあります。

嗚咽の使い方

「嗚咽」は、この言葉だけで「むせび泣く」「声を詰まらせながら泣く」ということですので、その後にさらに「泣く」という言葉を入れて「嗚咽しながら泣いた」などのように使うと二重に泣くという意味になります。「漏らす」や「こみ上げる」「~混じり」などとつなげて使うようにしましょう。

嗚咽と嘔吐くの違い

「嘔吐(えず)く」は、戻しそうになったり「おえっ」とした吐き気を催すときに使われるため、「嗚咽」とは全く違う言葉です。

嗚咽する状態

嗚咽する状態とは、例えば、しゃっくりなどをしながら息ができないほどに苦し気に泣いている状態です。同じような表現として「すすり泣く」という言葉がありますが、この「すすり泣く」は言葉のとおり「鼻水をすするように泣く」ことを意味します。 「嗚咽」の意味である「むせび泣く」と「すすり泣く」は、意味が違いますが、共通点としては、声を出さずに泣くという点になります。

嗚咽を使った例文

ここでは、「嗚咽」の使い方や「嗚咽」を使った例文についてご紹介します。

嗚咽を漏らす

・悲しみのあまり、嗚咽を漏らした よく使われる表現に「嗚咽を漏らす」があります。これは、悲しくてどうしようもなくむせび泣いたという意味で使います。

嗚咽をこらえる

・嗚咽をこらえたが、こらえ切ることができず、やがて大泣きしはじめた 「嗚咽をこらえる」というのは「むせび泣く」ことを「我慢」するというときに使われます。

嗚咽がこみ上げる

・大切な人との別れに辛抱できず、思わず嗚咽がこみ上げる 自分で意識しなくとも悲しみに耐えきれず、涙を流すと、息が詰まって声も出なくなってしまう状態であることを「嗚咽がこみ上げる」と使います。

嗚咽がとまらないという表現は?

「体調が悪くて嗚咽がとまらない」といった表現を見かけますが、本来の「嗚咽」の意味は「声を詰まらせながら泣く」なので、この場合「吐き気」「嘔吐」など体調不良を表す言葉を使いましょう。

2ch用語としても使用されている

2ch用語に「嗚咽」「oa2」という言葉が使われていますが、どういった意味で「嗚咽」「oa2」と使っているのか見ていきましょう。

oa2

2chでは「嗚咽」を「oa2」とも表現することもあることから、「不倫相手」といった意味の「2号さん」という表現と捉えることができます。

浮気相手

2chにおいて「嗚咽」は、「既婚の男性が自分の奥様以外に好きな女性」を指しています。例えば、「実は、いま職場に嗚咽がいるんだけど、この嗚咽がとても良い女で毎日目が離せない。」のように使います。 なぜ、この不倫関係(不倫まで行かなくとも、既婚男性が好きな人でもこの表現を使うそうです)前後の人や浮気相手を「嗚咽」と表現するのかについては不明ですが、または、「(奥様以外に)嗚咽するほどに好きな人」という意味があるのでしょう。

好きな人

嗚咽の「声を詰まらせながら泣く」という意味も含めて「嗚咽するくらい好きな人」ということも考えられます。

嗚咽が持つ意味を正しく知って適切に使おう

「嗚咽」とは「むせび泣く」「声を詰まらせながら泣く」ことを意味し、「嘔吐」や「吐き気」とは全く意味が違うということが分かりました。また、「嗚咽」には、2ch用語として全く違う意味があります。「嗚咽」という言葉は何気ない会話の節々に出てくる場合もあるため、「嗚咽」の意味をしっかりと覚えて適切に使いましょう。

更に「嗚咽」の意味と使い方を見てみよう

関連タグ

アクセスランキング