IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「アーバン」の意味と使い方の例|リサーチ/ファッション/音楽/色/電車・反対

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年02月07日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

あなたは「アーバン」の意味を正しく説明できますか?今回はおしゃれな雰囲気を持つ言葉である「アーバン」の本当の意味と語源、または反対の意味を持つ言葉についてご紹介します。また音楽やファッションなど、私たちの生活に使われているアーバンについてもお伝えします。

知ったふりできない!「アーバン」の意味

あなたは「アーバン」の本当の意味を知っていますか。なんとなく聞き覚えのある外国語であるけれど、その意味を詳しく説明できないこともあるでしょう。もしくは知っているようで知らない言葉ではないでしょうか。 今回は「アーバン」の正しい意味や言葉の由来、そして身近にある「アーバン」の使われ方についても触れますので、ぜひ参考にしてみましょう。

正しい意味とは

まずはアーバンの基本的な意味をおさらいしましょう。言葉の語源を知ると、世界中で使われているということがよく分かります。

英語表記と意味

アーバンは英語で「urban」と書き、「都会的な」「都市的な」という意味です。ラテン語で「町」を意味する「urbanus」からきています。英語の他に、ドイツ語やクロアチア語にも同じ意味で似た綴りの言葉があります。

都会って具体的にどういうこと?

アーバンの意味である「都会」とは、一般的に全ての住民の食糧を生産できる能力を持っていないながらも、エリアの規模が大きくて経済的発展を遂げている場所を意味します。城壁や囲いで覆われた発展的な場所、また外部とある程度接触を断つ空間を持っている状態のことも指します。

「都会的」の反対の意味は?

「都会的」の反対の意味は何かご存知ですか。メディアなどでは都会に対して「地方」と比較して使われることがあるので、「地方」もしくは「郊外」と想像するでしょう。しかし、厳密に言えば「田舎風」が正しいとされています。 田舎風の意味とは場所や様子がのどかでのんびりといった、また暮らす人々の特性も表す言葉です。「牧歌的」「ローカル」といった言葉の意味とも似ています。

「アーバン」の反対を表す言葉

先ほど「アーバン」の意味や由来についてご紹介した時に、日本語で「都会的」の反対の意味は「田舎風」だとお伝えしました。外国語での対義語もご紹介しましょう。 アーバンの反対語は、田舎や農村など街が発展途上にある状態を意味する「ルーラル」です。アーバンと比べるとまだ日本では聞きなれない言葉です。英語で書くと「rural」で、9世紀から14世紀に使われていた古フランス語(現在のフランス北部中心で話されていた)が語源となっています。 世界の言語の多くはラテン語の影響が残っているので、この「ルーラル」も英語だけでなく、フランス語、スペイン語、ポルトガル語などに同じ概念が存在します。いずれも「田舎」という意味で類似しています。

「アーバン」の使い方の例

ここからは身近にある「アーバン」の使い方に着目しましょう。女性にはよく知っている方もいらっしゃるであろうあのブランド名にも使われていおり、ファッションに限らず、音楽や配色、交通機関や電化製品など意外にもたくさんの物事に活用されています。あなたの生活にどれだけアーバンが使われているかご覧ください。

アーバンリサーチ(ファッション)

関連タグ

アクセスランキング