IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人手不足が深刻な業界5選・人手不足の原因とデメリット

更新日:2020年11月06日

就活

働き方改革、ライフワークバランスなど仕事のし過ぎが問題となっています。問題となっている過労死や精神疾患を罹患しての休職なども身近な問題となっている原因の一つに、人手不足が存在します。どのような業界が人手不足なのか、またなぜ人手不足に陥るのでしょう。

労働に見合わない低賃金

厚生労働省が発表している 介護職員処遇調査結果によると介護職員の平均給与は平成28年で179,680円となっています。これは資格を持っている介護職員の平均ですので、介護ヘルパーや時給・非常勤制の介護・看護職員や生活相談員などはさらに低賃金で働いている、というのが介護業界の現状です。 人手不足の業界にはこういった「やりがい搾取」という状態が蔓延化しています。介護業界に限っていえば、こういった人手不足解消のため、自民党政調会議で勤続10年以上の介護福祉士に月8万円の給与アップ案を提案しています。

待遇が悪く頑張っても報われない

一生懸命働いてもなかなか報われない、出世ができないというのも人手不足の原因の一つです。また、給与が高くとも従業員を酷使している形態も人手不足を招いています。 運送業界では特にドライバーの運行管理が問題になっています。労働時間が長く、また他の職業にはない待機時間というものも存在します。長期拘束され休みはなく、長距離を高速道路料金の安い深夜帯に走行し、事故を起こさず、荷物を天候や道路状況に関わらず確実に希望時間に届けなければいけません。 無事に届けるのが当たり前、と利用側は考えてしまいがちですが、そうした「当たり前」が運送業界で働く人の待遇問題と人手不足の原因を作っています。

過酷すぎる労働は精神を病むことも

ブラック企業の温床と揶揄されてしまう飲食業界では、うつ病になる従業員が後を絶たないと言われています。実際、SNSやインターネットの匿名掲示板などではアルバイト店員から正社員の店長まで多くの従業員の嘆きが投稿されています。 常にお客様と接している飲食業界は場合によってはお酒を提供するお店もあることから、客側が横柄になりやすく、店側も対応に苦慮することが発生します。 従業の敷居が低いのも飲食業界特徴です。初めてのアルバイトで過酷労働と、必要以上の責任感に押しつぶされ心身を病んでしまう、という例も少なくありません。

人手不足のデメリット

一人当たりの仕事量が多い

当然ながら人手不足に陥ると、従業員一人当たりの仕事量が増えることになります。解消方法はシンプルに二つ、新しい人を増員するか、会社自体が従業員数に見合った仕事量を受注するよう調節するか、です。 これらの調節を行わず、人数に見合っていない仕事量をこなし続けていくと、将来待っているのは従業員が倒れるか、会社が倒れるかの結末です。

離職率が高い 人が育たない悪循環

離職率の高い業界は慢性的に人手不足です。せっかく就職しても仕事を辞めてしまう。新しい人に一から仕事を教える、辞める、の悪循環が発生しています。 とはいってもその業界が離職率が高いのか、人手不足に陥っているのかはなかなか見えてきません。就職前に調べる方法はインターネットで口コミや業界の評判をチェックすること、また求人誌に求人募集を頻繁に出している企業は離職率が高いとみていいでしょう。

人手不足倒産は4年で約3倍に増えている

人手不足での倒産は四年間で2.9倍に増えています。帝国データバンクによると人手不足で倒産しているのは業界別にみると、小売業・運送・福祉です。 いづれの業界も仕事はあっても人手不足の典型的な業種であり、また給与面の改善や仕事発注の単価、商品単価をすぐに引き上げて対応するのが困難な業種です。 運送業界で料金が上がった有名な例と言えば日本郵便が切手を値段を52円から62円に引き上げるなど話題となりました。これも人手不足が原因の人件費の高騰が理由の一つとです。

休みが取れず自分の時間がもてない

人手不足の業界に特徴的なのが、長時間労働と長期連続勤務日数です。基本的に労働基準法では4週に4日の休日を設ければ問題ないとされています。 理屈で考えると4週間は28日間で、そのうち4日が休みとあると連続で24日働き続けても問題ないということになりますが、これでは働くために生きている、言っても過言ではありません。

ライフワークバランスを考える

次のページ
初回公開日:2018年01月10日

記載されている内容は2018年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング