IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

無担保借入の意味と仕組み|奨学金/住宅ローン/車のローン

初回公開日:2018年01月11日

更新日:2018年01月11日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

経営

「無担保借入」という言葉を知っていますか。無担保借入とは担保なしでお金を借りることですが、最近ではカードローン付帯のキャッシングなどの広がりで無担保でお金を借りることが一般的になってきています。ここでは、無担保借入についての意味や仕組みをご説明します。

無担保借入の意味と仕組み

「無担保借入」という言葉を知っていますか。「無担保借入」とは、最近、手軽に借り入れができる融資サービスで、担保を必要とせずにお金を借り入れることができることをいいます。 旧来の銀行による融資では、貸付金額の返済が滞ってしまった場合に、完済が難しいとなったときの保険として担保を入れた上で融資を行っていました。しかし、その後キャッシングなどのサービスが広がっていき、お金を貸し付けてその金利を得る金融業者の融資スタイルが進化をみせて、今では複数枚の無担保借入枠のあるクレジットカードを持つ人が多数存在するようになりました。クレジットカードのキャッシングも大きなくくりで言えば無担保借入ですが、無担保借入というと、銀行や金融機関が行う、キャッシングよりも上限額が高めの融資を指します。

無担保借入の意味

無担保借入とは、クレジットカードに付帯されているキャッシング枠や消費者金融のカードローンなどを含めた担保なしで借り入れることができるローン全般を指します。ただし、「無担保借入」といった場合は、キャッシングなどの少額の融資ではなく、銀行や金融機関などから上限がもっと上の金額を、担保を必要としないフリーローンとして借りることを指す場合が多いです。

無担保借入の代表;カードローン

カードローンは、無担保借入の代表格です。大手銀行系グループのカードローンは、消費者金融が運用しているもので、安心かつスピーディに借入ができます。

無担保借入の特徴

無担保でお金を借りるため、担保の確認や審査に時間がかからないという利点があります。ただし、申込者本人の職業や年収などの審査はあります。また、無担保借入の場合は、通常は必要である保証人が必要ありませんので、借りる側にとっても利用しやすいという利点があります。

無担保借入は大手企業から借りるのが無難

無担保借入をする場合、担保を用意することがなく手軽という反面、あまり聞いたことがない中小企業から借りる場合は、何か裏があるのではと不安になります。そのため、無担保借入を行う場合は、大手企業から行うようにしましょう。

学生やアルバイトでも借り入れできる無担保借入

以前は、学生やアルバイトの場合は簡単には融資を受けることができませんでした。例えば、月賦払いをしようとしても、保護者や収入のある人に保証人になってもらう必要がありました。しかし、現在では各社が独自の審査基準で無担保借入枠を設定し、学生やアルバイトなどの方でも簡単にお金を借りることができます。 ただし、キャッシングによる借り入れは、複数枚に渡ると返済が苦しくなる危険も伴います。簡単に借り入れられるといっても、返済計画をしっかりと立てないと借金地獄ということもありうるということです。

無担保借入のケース紹介

無担保借入にはどのようなものがあるのでしょうか。クレジットカードを作るときには、無担保借入残高という項目を書かなければなりませんが、どれが無担保借入にあたるのかわからない方も多いでしょうから、ここでは無担保借入となるケースについてご紹介します。

奨学金

奨学金は、クレジットカードなどを作る場合の審査で無担保借入として申請する必要はありません。奨学金の返済を滞らせることなく、通常に返済している場合には、信用情報機関にも登録されませんので、カードローンなどの審査に影響はありません。ただし、日本学生支援機構の奨学金返済を延滞してしまった場合には、信用情報機関に支払い遅滞情報が登録されてしまい、その情報は遅滞解消から5年間は残った状態となります。返済の遅滞には気を付けましょう。

住宅ローン

住宅ローンは、住宅を担保として借り入れしている有担保ローンです。そのため、無担保借入ではありません。もし、クレジットカードの審査などで、無担保借入残高を書かなければならない場合でも、住宅ローン残高は書く必要はありません。

車のローン

車のローンは、車やその他の担保を入れていない場合には、無担保借入となります。そのため、クレジットカードの審査申し込みなどで「現在の無担保借入残高」という項目に書かなければなりません。また、教育ローンの場合も多くは無担保借入になりますので、その場合は記載しなければなりません。

銀行のカードローン

銀行のカードローンは無担保借入です。また、消費者金融の借入やクレジットカードのキャッシングなども無担保借入となりますので、クレジットカードなどを申請する場合の「無担保借入残高」に加算しなければなりません。

クレジットカードの無担保借入の仕組み

クレジットカードの無担保借入とは、キャッシング機能のことを指します。このクレジットカードのキャッシングとは、買い物用のカードに対してキャッシング機能をつけた状態です。クレジットカードの無担保借入とは、このキャッシング機能をカードにつけることで、カード会社から直接現金を借りるという仕組みです。クレジットカードのキャッシングによる無担保借入の特徴は以下になります。

1.利用枠内なら時期、回数関係なし

クレジットのキャッシングによる借り入れの場合は、設定された枠内であれば、借入途中であっても何度でも繰り返し借りることができます。

2.ショッピング枠にキャッシングが含まれる

クレジットカードでショッピングをしている場合は、ショッピングの金額にキャッシング枠が含まれている場合があり、ショッピングを限度額一杯に使っている場合には、キャッシングができなくなる仕組みとなっています。

3.すぐ利用可能

クレジットカードのキャッシング枠は、利用枠の申し込みをしていれば、いつでも利用可能です。

4.海外でもキャッシング可能

クレジットカードのキャッシングの場合、海外でも使用できるために、世界中で現金借り入れができます。

無担保借入の比率の変動

住宅ローンなどで借り入れした額が担保額の内どのくらいの率を占めるかが、担保借入比率ですが、無担保借入の比率とは何でしょうか。無担保借入の比率とは、年収に対してどのくらい無担保借入が占めているかの率です。銀行や金融機関で無担保借入で融資する場合には、その申請者の年収や職業を審査します。そして、その上限は銀行毎に年収のうち何%とするかで決まります。よって、申請者の年収変動によって、その人が無担保で借り入れできる上限額は変動します。

無担保借入とキャッシングの違い

無担保借入とは、担保なしで融資を受けることができる金融商品のことを意味します。銀行や金融機関が提供しますが、キャッシングもそのうちの一つです。しかし、金融機関や銀行が無担保で融資するのと、キャッシングは同じ金融商品ではありません。これらは、融資の際に担保が必要でないという点が同じだけで、融資額も借り方も全く異なります。 キャッシングの場合は、小口融資のために金額上限は少額(30万~50万程度)となりますが、無担保融資といわれる銀行や金融機関から担保なしで借り入れる場合の金額はもっと大きな額となります。また借り方についても、キャッシングの場合は融資枠内であれば返済しながらも枠内であれば何度でも借り入れできますが、無担保借入の場合は繰り返し借り入れすることはできません。

無担保借入するのに必要な年収

無担保借入とは、銀行や金融機関から無担保で借り入れることですが、キャッシングやカードローンの上限が50万円程度であるのに対して、無担保借入は、個人の年収や勤務先によって異なりますが、上限が800万円と設定されています。通常は、無担保借入の場合は、年収の30%までが上限金額の目安となります。そのため、500万ほど無担保借入をしたい場合に必要な年収は、1500万円以上ということになります。

「無担保借入」とは何かを覚えましょう

いかがでしたか。無担保借入というものがどういったもので、またメリットやデメリットもわかっていただけたでしょう。クレジットカードのキャッシングやフリーローンは、通常の融資に比べて手軽で便利ですが、自分が借金をしているという意識をあまりしないままに多額を借りてしまうという欠点もあります。返済計画をしっかり立てた上での無担保借入は問題ありませんが、一歩間違えれば借金地獄に陥ることもあります。 また、無担保借入は延滞するとブラックリストに名前が載り、住宅を建てたりする人生のビッグイベントで思わぬ足かせとなる可能性があります。無担保借入は手軽に借りることができるといっても、きちんとした計画のもとにお金を借りるようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング