IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

髪をとかすと生まれる効果|癖/仕草/心理/理由/気持ちいい

社会人常識

毎日の日課でもある髪の毛をとかす行動には、さまざまな効果があります。髪の毛の汚れやホコリの除去、ブラッシングによって頭皮に与える影響などもあります。より良い髪の毛をとかすタイミングやブラシングの仕方のポイント、髪の毛を触る癖の人の心理などをご紹介します。

更新日時:

髪を触る癖がある人の心理

髪を触る癖がある人の心理

日常生活の中で頻繁に髪を触ったり気にしている人を見かけたことなどないでしょうか。自分でも気が付かなうちに髪をとかす仕草や髪の毛をさわってしまうことが癖になっている人も少なくないでしょう。髪をとかす癖には、どのような心理が隠されているのでしょうか。 また、何気ない髪をとかす人の仕草には、多くの意味があります。日常の髪をとかすブラッシングの仕方や髪をとかす理想的なタイミングやポイントを考えるとともに髪をとかす癖、触る癖がある人の心理や特徴をご紹介します。

緊張や不安を感じているとき

髪をとかす回数や髪を触ることが頻繁になる人の心理状況は、極度の緊張や不安などか関係しているといわれています。髪を触ることは、自己愛の象徴ともいわれていますので、髪をとかしたり、触ったりすることで自分自身を落ち着かせたり、不安な環境から逃れたいという心理が自然と働いていて髪を触る仕草を繰り返してしまっています。

考え事や退屈しているとき

何げなく髪を触ったりする場合は、ただ単に考え事をしているときの癖になっていることも多いでしょう。また、退屈しているときなど髪を触ってしまう仕草が多くみられる人も少なくないでしょう。髪を触ることによって考え事をいて解決のいとぐちが見えないときや退屈な気分などを紛らわす心理が見え隠れしています。

自分をよく見せたい

髪を頻繁にとかしたり、髪を触って整えることが癖になっている人は、自分をよく見せたい心理が隠されています。日常生活でも身だしなみで髪の毛を異常に気にしすぎる人は、恋人や周りの人からの自分の印象や評判が気になる人が多いです。誰でも自分をよく見せたいという気持ちがあります。髪を頻繁にさわる人は、周りを気にしすぎてしまう傾向があります。

髪をとかすと抜け毛が多い理由

髪をとかすと思った異常に抜け毛が多かったり、ブラッシングした後にブラシに多くの髪の毛がついていたなどという経験は、ないでしょうか。髪の毛は、1日でどれくらい抜けるが正常範囲内なのでしょうか。日本人の平均的な髪の毛の本数は、10万本といわれています。 また、髪をとかすことや自然に髪が抜け落ちるといわれている1日の髪の毛の本数は、平均で50本から100本といわれています。1日に100本以上の髪の毛が抜け落ちている場合は、自身の体調や食事の管理などを見つめ直してみるといいでしょう。

ストレスや自律神経の乱れ

髪をとかすときなどに抜け毛が異常に多い原因は、ストレスが原因となっていることも少なくありません。日頃のさまざまなストレスなどで自律神経が乱れてたり、緊張するこによって血管が縮んでしまいます。血行が悪くなるり髪の毛に栄養分が行きわたらなくなるため抜け毛が多くなってしまう原因といわれています。

生活習慣の乱れ・睡眠不足

髪の毛が抜ける原因は、生活習慣の乱れなどが原因のひとつといわれています。過度の減量や食事制限などによって栄養バランスが崩れて髪の毛の栄養が不足してしまうことが抜け毛を多くしてしまいます。なるべく、日常から栄養バランスの良い食事をとりましょう。 また、生活習慣で夜更かしなどをしている人は、抜け毛に注意をしましょう。睡眠不足になると夜寝ている間に分泌される成長ホルモンのバランスが崩れてしまいます。成長ホルモンが少なくなることによって、髪を修復させる働きや成長を妨げてしまうことになります。規則正しい時間に就寝して起床する生活のリズムをつくるように心がけましょう。

髪をとかすと生まれる効果

髪をとかすと生まれる効果

髪をとかすことによって髪にどのような効果が表れるのでしょうか。髪をとかすことで頭皮が刺激されてマッサージ効果が得られます。頭皮の血行がよくなることで頭皮からうるおい成分が分泌され髪をとかすことで成分が髪の毛にもいきわたりつやつや感が得られます。 また、髪の毛をとかすと日常的に髪の毛に付いてしまうホコリや汚れを落としてくれます。髪をとかすことによって、摩擦なのが原因で髪の毛が切れてしまうことも減少します。また、寝る前に髪の毛をとかすと寝ぐせや枕に落ちてしまう髪の毛の量も減るでしょう。

髪をとブラシでとかす効果

髪をとかすブラシの種類

髪をとかすことは、毎日の日常生活でごく普通にする行動です。朝や身だしなみを整えるときなど髪をとかすことが多いでしょう。髪をとかすときのブラシは、さまざまな種類があります。一般的に使われているブラシは、ポリエチレン製やナイロン製で水洗いできることもあって衛生的で軽くて使いやすいブラシです。 動物の毛なので作られたブラシは、髪や頭皮にやさしいく髪につやを与えてくれます。しかし、ブラシ自体にホコリなども付きやすので手入れをまめにすることが必要となります。 最近では、髪をとかすブラシの中でも髪をとかしても静電気がおこりにくい商品やマイナスイオンを放出する商品などが人気となっています。

気持ちがいい理由

髪の毛をとかすことによって頭皮のツボなどが刺激されて血行がよくなります。頭皮の皮脂腺は、特別に汗が出る場所でもあります。その汗は、老廃物とは違って有害ミネラルを出す働きをしてくれ、同時に気持ちの良さも感じることができるでしょう。髪をとかして頭皮を刺激ずることで体全体のデトックス効果の働きを促しています。

シャンプーのとき髪をとかす

シャンプーをする前に髪をとかすことをおすすめします。シャンプー前に髪をとかして髪についた汚れやホコリを落としましょう。髪をとかすことによって髪のからまりなどがほどけて髪にシャンプーがよく馴染んで泡立ちます。少ない量のシャンプーで髪を洗うことができて節約にもつながり、シャンプーの使い過ぎで髪のトラブルになることもないでしょう。 シャンプー前のブラッシングに使うブラシは、獣毛ブラシがおすすめです。柔らかい髪質の人は、豚毛のブラシ、髪が太いしっかりした髪質の人は、猪毛のブラシを使うといいでしょう。獣毛ブラシは、髪の毛をとかすときの静電気を防いでくれる特徴があります。獣毛ブラシは、必ず乾いた髪に使用するようにしましょう。

お風呂上りに髪をとかすのは良いのか

シャンプーやリンスの後に髪をとかすことは、髪の重要なキューティクルを傷つけてしまうので避けたほういいでしょう。また、髪の毛を濡らしたままでいるとにおいなども髪につきやすく雑菌が増殖することもありますので注意しましょう。お風呂上りに髪をとかす場合には、髪の毛をドライヤーでしっかりと乾かした後にブラッシングするといいでしょう。

子供の髪をとかす方法

子どもの柔らかく細い髪の毛は、とても絡まりやすい特徴があります。髪をとかすことをしないでいるとあっという間に鳥の巣のような状態になってしまうこともあるでしょう。子どもの髪をとかす場合には、なるべく目の粗いブラシやクシでのブラッシングをおすすめします。 子どもの髪が絡まりやすい原因は、風が強い日に外で遊んだり、寝ているときなどに髪の毛がからまりやすいといわれています。濡れた髪は、必ず乾かすようにしましょう。また、小まめなブラッシングで髪の絡まりを防ぐことができます。

TANGLE TEEZER タングルティーザー ザ・オリジナル ピンクフィズ
TANGLE TEEZER タングルティーザー ザ・オリジナル ピンクフィズ

細くて絡まりやす毛質の大人でも心地よく髪をとかすことができる商品です。頭皮に適度な刺激を与えて気持ちがよいという評判です。ブラシの幅も広いために子どもにも持ちやすく使い勝手が良いことも特徴的のひとつです。ぜひ、試してみては、いかかでしょうか。

髪にうるおいを大切に

髪の毛をとかす仕草には、さまざまな心理や効果があります。自身の髪質でブラッシングの仕方の方法、クシの種類が変わってきます。いつまでもきれいなつやのある髪の毛を保つためには、髪の毛の小まめな手入れは重要です。何気ない日課の髪の毛をとかしす仕方などを見直して髪の毛のメンテナンスをしてみてはいかかでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング