IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「送らせていただきます」の意味と正しい使い方・敬語・メール

メール

「送らせていただきます」はビジネスシーンだけでなく、普段生活をしていても、目上の人と話をする時に使います。そんな「送らせていただきます」も間違って使ってしまっていては意味がありません。「送らせていただきます」を間違って使わないように身につけましょう。

更新日時:

「送らせていただきます」について

「送らせていただきます」について

仕事をしていて「送らせていただきます」と言う言葉を耳にしたり使ったりすることがあります。あなたはその「送らせていただきます」について正しく理解していますか?「送らせていただきます」と言う言葉は、正しい敬語なの?使い方は?そんなことを思う方もいるのではないでしょうか。ここでは「送らせていただきます」について紹介します。

「送らせていただきます」の意味と使い方

「送らせていただきます」の意味と使い方

意味

「送らせていただきます」と言う言葉は、「送る」と言う言葉が元になっていて、物を送る、人を送る、情報を送るなどといった意味があります。「送らせていただきます」はビジネスシーンなどで相手に何かを送る時に使う言葉です。

使い方

「メールをおくらせていただきます。」「郵便物を送らせていただきます。」「自宅まで送らせていただきます。」「当日は〇〇まで送らせていただきます。」「資料を送らせていただきます。」など、ビジネスシーンなどで、人や物を送る際に使います。

「送らせていただきます」の敬語

「送らせていただきます」の敬語

送らせていただきますは「送る」の敬語です。「送らせていただきます」は元の言葉「送る」と助動詞の「させる」「せる」が組み合わさったもので、ここで使われる助動詞の「せる」「させる」は、使役の意味があり、上一段、下一段、か行変格活用の動詞の後には「させる」をつけ、五段活用とサ行変格活用の動詞の後には「せる」を使うのが最も一般的なので、五段活用の「送る」と助動詞「せる」を合わせて「送らせていただきます」となります。

「送らせていただきます」と「お送りいたします」の違い

「送らせていただきます」と「お送りいたします」の違い

ビジネスシーンでは似たような言葉を場合によって使い分けていく必要があります。「送らせていただきます」と言う言葉にもビジネスシーンで使われる似たような言葉があります。似たような表現の「お送りいたします」と「送らせていただきます」の違いについてですが、どちらの言葉も「送る」の敬語表現で、謙譲語です。では何が違うのでしょうか。 「送らせていただきます」は、先ほども説明したとおり、動詞の「送る」に使役の助動詞「せる」が付いたものですが、「お送りいたします」の場合は使役助動詞の「せる」がありません。 使い方の違いについてですが、「送らせていただきます」は、相手に頼まれたものではないが、こちらが積極的に送りたいもの、こちらが恐縮していることが想定される場合などに使われますが、「お送りいたします」は相手から頼まれたものを送る時に使います。ですから正しく使い分ける必要があります。

「送らせていただきます」の正しい使い方

「送らせていただきます」はどんな風に使うのが正しいのでしょうか。「頼まれてもいないが積極的に送りたいとき、こちらが恐縮している場面」で使われ対象は物だったり人だったりするので、「パーティー当日はご自宅まで送らせていただきます」「所定の場所まで送らせていただきます」「誠に勝手ながら荷物は別便で送らせていただきました」「貴社の募集を拝見してメールを送らせていただきました」などのように色々な場面で使うことができます。

「送らせていただきます」は謙譲語

「送らせていただきます」は謙譲語

「送らせていただきます」は敬語です。敬語の中でも、謙譲語に当たります。「送る」と言いたいときの丁寧な言い回しです。主にビジネスシーンで使われます。 「送らせていただきます」が敬語なのはわかるけど、なんで謙譲語表現と言えるのでしょうか。それは、送らせていただきますと言う言葉が「送る(元の動詞)」+「せる(使役助動詞)」+「いただきます(謙譲表現)」の組み合わせになっているからです。

ビジネスでの「送らせていただきます」の使い方

ビジネスシーンでよく使われる「送らせていただきます」ですが、こちらでつかわれる送る対象物は人や物だけでなく、情報も送る対象になります。ビジネスシーンでは目上の方やクライアントと話をする事が多くそういった時に使える言葉が「送らせていただきます」になります。 そんなビジネスシーンでは使いやすい「送らせていただきます」ですが、会話の流れで何度も使うのはちょっととか、個人的にはしっくりこないなんてことがあります。そんな時は言い換えられる言葉を使うといいでしょう。 ものを送る時は「送付させていただきます」「発送させていただきます」「郵送させていただきます」メールを送る時は「送信させていただきます」人を送る時は「~までご一緒させていただきます」といった言葉を使うと良いでしょう。

メールでの「送らせていただきます」の使い方

メールで送らせていただきますを使う場合、目上の方に対して使えるのでとっても便利な言葉なのですが使い方には少し注意が必要です。 例えば何度かやり取りをして「送らせていただきます」といった場合、相手はメールで送られてくるのか、郵送で送られてくるのか分かりません。またこちらが郵送するつもりでも、相手はメールで連絡が来るとおもっていた場合、行き違いが生じてしまいます。 そんなことのないように、メールで送らせていただきますを使う場合は、「詳細についてはメールで送らせていただきます。」や「詳細は別途郵送で送らせていただきます。」といったように具体的な言い方をすることが大切です。

「送らせていただきます」と「送らさせていただきます」の違い

「送らせていただきます」と「送らさせていただきます」の違い

「送らせていただきます」と言う意味で使われているのを最近よく見かける「送らさせていただきます」と言う言葉ですが、最近よく言われる「さ入れ言葉です」敬語表現にしようと丁寧に言いまわそう意識して、さをいれた方が丁寧な印象になると思いさを入れる人が増えてきていると言われています。 「送らさせていただきます」と言う言葉は間違いです。丁寧に言おう、敬語を使おうと意識することは大切なことですが、間違っていては意味がありません。間違って敬語を使ってしまうと相手に不快な思いをさせてしまいます。目上の人に送ると言いたいときは「送らせていただきます」と言うようにしましょう。

「送らせていただきます」の丁寧語

「送らせていただきます」の丁寧語

敬語は、尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類があり、話をする相手、場合によって使い分けます。時には尊敬語で相手に敬意を表し、時には謙譲語で自分が謙り、相手を立てて、時には丁寧な言葉で相手に誠実さを表すそんな敬語は日本独特もので、使い分けが難しく、社会人になると誰もが一度は悩むのではないでしょうか? 「送らせていただきます」を丁寧語で表すと元の言葉「送る」と丁寧語の「お~する」を組み合わせて「お送りする」になります。

「送らせていただきます」の返事の仕方

メールで「〇〇につて後日メールを送らせていただきます」などと言われた際返信はどうすればいい?そんなことをおもう方は多いでしょう。もちろん返信をしない方もいます。場合にもよりますが、確認の意味を込めて「わかりました。ご連絡をお待ちしております」と送ると良いでしょう。この時文章の引用をすると話が分かりやすくて良いでしょう。 そのくらいとおもう方も多いですが、ちゃんと確認をしておかないと、ちょっとしたことで行き違いになってしまったり、連絡をしてつもりになっていたりとミスがどうしても起こってしましまう。ネットが普及し、便利になってきたからこそ、送り先は間違っていないか、内容に行き違いはないかなどしっかりと確認することがとても大切になります。

「送らさせていただきます」を正しく使おう

「送らさせていただきます」を正しく使おう

「送らせていただきます」と言う言葉敬語の謙譲語表現になります。「送らせていただきます」は目上の人と話をする時などに使い、物だけでなく、情報や人に対して使うことのできるとても使いやすい言葉です。 しかし、最近では間違って使っている人も多く、本来なら「送らせていただきます」と言うところを「送らさせていただきます」と使っている人がいます。「送らさせていただきます」は最近言われている「さ入れ言葉」になります。さ入れ言葉と言うのは、丁寧に言おうとするあまり、丁寧な印象になるさを入れてしまう事です。 しかし、使い方としては間違っているため、返って相手に違和感を持たせてしまったり、不快な思いをさせてしまうので気を付けましょう。

関連タグ

アクセスランキング