IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「送らせていただきます」の意味と正しい使い方・敬語・メール

更新日:2020年08月14日

メール

「送らせていただきます」はビジネスシーンだけでなく、普段生活をしていても、目上の人と話をする時に使います。そんな「送らせていただきます」も間違って使ってしまっていては意味がありません。「送らせていただきます」を間違って使わないように身につけましょう。

「送らせていただきます」について

仕事をしていて「送らせていただきます」と言う言葉を耳にしたり使ったりすることがあります。あなたはその「送らせていただきます」について正しく理解していますか?「送らせていただきます」と言う言葉は、正しい敬語なの?使い方は?そんなことを思う方もいるのではないでしょうか。ここでは「送らせていただきます」について紹介します。

「送らせていただきます」の意味と使い方

意味

「送らせていただきます」と言う言葉は、「送る」と言う言葉が元になっていて、物を送る、人を送る、情報を送るなどといった意味があります。「送らせていただきます」はビジネスシーンなどで相手に何かを送る時に使う言葉です。

使い方

「メールをおくらせていただきます。」「郵便物を送らせていただきます。」「自宅まで送らせていただきます。」「当日は〇〇まで送らせていただきます。」「資料を送らせていただきます。」など、ビジネスシーンなどで、人や物を送る際に使います。

「送らせていただきます」の敬語

送らせていただきますは「送る」の敬語です。「送らせていただきます」は元の言葉「送る」と助動詞の「させる」「せる」が組み合わさったもので、ここで使われる助動詞の「せる」「させる」は、使役の意味があり、上一段、下一段、か行変格活用の動詞の後には「させる」をつけ、五段活用とサ行変格活用の動詞の後には「せる」を使うのが最も一般的なので、五段活用の「送る」と助動詞「せる」を合わせて「送らせていただきます」となります。

「送らせていただきます」と「お送りいたします」の違い

ビジネスシーンでは似たような言葉を場合によって使い分けていく必要があります。「送らせていただきます」と言う言葉にもビジネスシーンで使われる似たような言葉があります。似たような表現の「お送りいたします」と「送らせていただきます」の違いについてですが、どちらの言葉も「送る」の敬語表現で、謙譲語です。では何が違うのでしょうか。 「送らせていただきます」は、先ほども説明したとおり、動詞の「送る」に使役の助動詞「せる」が付いたものですが、「お送りいたします」の場合は使役助動詞の「せる」がありません。 使い方の違いについてですが、「送らせていただきます」は、相手に頼まれたものではないが、こちらが積極的に送りたいもの、こちらが恐縮していることが想定される場合などに使われますが、「お送りいたします」は相手から頼まれたものを送る時に使います。ですから正しく使い分ける必要があります。

「送らせていただきます」の正しい使い方

「送らせていただきます」はどんな風に使うのが正しいのでしょうか。「頼まれてもいないが積極的に送りたいとき、こちらが恐縮している場面」で使われ対象は物だったり人だったりするので、「パーティー当日はご自宅まで送らせていただきます」「所定の場所まで送らせていただきます」「誠に勝手ながら荷物は別便で送らせていただきました」「貴社の募集を拝見してメールを送らせていただきました」などのように色々な場面で使うことができます。

「送らせていただきます」は謙譲語

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング